自分に対して無関心な夫…乗り越え方や改善方法はある?

愛し合って結婚した夫婦といえども、何年も一緒にいるとどうしてもお互いに対して多少は関心が薄れてしまうもの。特に男性にはその傾向が多く見られます。では、旦那さんが自分に対して無関心になってしまったら、どのように乗り越えていけばいいのでしょうか。また、効果のある改善方法はあるのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

男性は結婚するとパートナーに関心が薄くなってしまいがち


https://images.pexels.com/photos/1043902/pexels-photo-1043902.jpeg?auto=compress

釣った魚には?

「釣った魚にはエサをやらない」

女性が聞くと何とも腹が立つことばですが、実際に男性の心理を正しく表している、と言われます。

結婚するまでは、週末ごとに連れ出してくれたり、誕生日だけでなく、突然のサプライズがあったり、とあんなにいろいろしてくれたのに・・・・。

結婚して日が経つにつれて、だんだん私への関心が薄くなってきた気がする。
週末もどこにも出かけない。
自分の趣味の音楽を聴いたり、本を読んだり、PCをいじっている。

私が「ランチに行かない?と誘うと、3回に2回は「家がいいな」。
そして3回に1回くらい、いかにも面倒くさそうに「うーん、じゃあ、行くよ」。
「じゃあ」って何?

私、一緒にいても貴方の視界に入っていないの?
食事を出せば食べるし、話もする。
だけど、それでおしまい。

お茶をいれれば機械的に「ありがとう」っていうけれど、私の方は全然見ていない。
話しかけても「あ、今はダメ」で終わり。

私のために何かをするとか、私の様子を見て何かするとか、何もないの?

こないだも私が風邪をひいて寝込んでいたのに「ご飯は?ああ、風邪?じゃあ、俺は外で食べてくるね」。
じゃあ、私のご飯は?誰が作るの?

・・・・こんなこと、貴女にも起きていませんか?

こんなはずじゃなかった


https://images.pexels.com/photos/794254/pexels-photo-794254.jpeg?auto=compress

そう、大変残念ながら、多くの男性は結婚するとパートナーへの関心が薄れがちです。

まさに、釣るまではせっせと撒いていた、愛情を形にした、関心という名前のエサ。

結婚、という型にはまり、日々を重ねるにしたがって、愛情が深くなるかと思っていたら、愛情の形であるエサの存在、さらにエサを撒く対象だった魚(=貴女)すら忘れてしまった感じになっていく・・・。

女性は、やっぱりいつまでも男性から愛情をことばや行動で示して欲しいですよね。

それなのにこれって何?
何でそんなに無関心になってしまったの?
私が悪いの?こんなはずじゃなかった。
なんだか裏切られた気分・・・。

そう思っているのは貴女だけではありません。

妻に無関心な夫のよくある行動とは!?

妻に無関心な夫は具体的にどんな行動をするのか、無関心な夫のよくある行動を紹介します。

自分の夫の行動に当てはまる事がないか確認してみてくださいね。

無関心な夫のよくある行動①妻の変化に気がつかない

https://pixabay.com/ja/

美容院へ行って髪型を変えたり新しい洋服を着ていても、無関心な夫は全く気がつきません。

外見の変化にも気がつかないのに、体調が悪くて顔色が悪い時や悩み事をしている時などの内面の様子なんて気が付くわけがありませんよね。

男性はもともと女性のように変化に敏感ではないので、何か変わっても気がつきにくい男性も多いのですが、毎日生活を一緒にしているにも関わらず変化に気がつかないのは無関心である証拠です。

その反面で、女性は少しの変化でも気がついてもらえると嬉しいものです。変化に気がつかない夫にストレスを感じてしまうこともあります。

無関心な夫のよくある行動②会話を聞いていない

https://pixabay.com/

ちゃんと伝えたはずなのに忘れていたり、同じことを聞いてくる夫に「何回同じこと聞いてるの?」とイライラすることはありませんか?

前にも言ったのに同じことを何回も確認してくるのは、話を聞いていなかったということです。

もしくは、「わからなくなったらまた聞けばいいや」と、毎日顔を合わせるために緊張感が無くなっているのかもしれません。

会話をしているのにスマホを見ながら適当な返事をしたり、目を合わせて話しを聞いていない時には、話しを聞いていない可能性が高いので要注意です!

家庭内の大事な伝達事項などを聞いていないと、トラブルにも繋がりかねないので、会話をちゃんと聞いているのか確認が必要です。

無関心な夫のよくある行動③生活時間がずれている

https://pixabay.com/

一緒に生活している限り、顔を合わせる時間も長いはずなのに、あまり夫と顔を合わせることが少ないなと感じたら、もしかしたら生活時間をずらしている可能性があります。

無関心な夫は妻と顔を合わすことを面倒と感じているので、あえて早く仕事に出かけたり、帰りは終電近くだったりと生活時間をずらしているのです。

また、休日に一緒に家にいても別の部屋にこもっていたりして、顔を合わす時間が少ないことも。

放っておくと、滅多に顔を合わせなくなりコミュニケーションはもちろん、必要な伝達すらできない状況にもなりかねません。

無関心な夫のよくある行動④既読スルーが多い

https://pixabay.com/ja/

無関心な夫は妻からの連絡への返事を後回しにしているため、いくら待っても返信がないことが多いです。

用事があるから連絡しているにも関わらず、いつまでも返信がないと困りますよね。

しかし、無関心な夫はそんなことはお構いなしなので、急いで返信が欲しい内容であっても自分の都合の良い時まで返信しません。

連絡を既読していればまだ良い方で、妻からだと思うとメッセージを読まない場合もあり完全スルー状態のことも。

夫がパートナーに対して無関心になってしまう原因

脳の思考回路が一直線型だから!?


https://images.pexels.com/photos/235922/pexels-photo-235922.jpeg?auto=compress

夫が妻に対して、無関心になるのはなぜでしょう?

もともと、女性よりも男性の方が周囲に無関心になりがちです。
それは脳の発達傾向と関連があります。

男性は一つのことを突き詰めて考えるタイプが多い、と言われます。

なぜなら、狩猟時代の男性は、獲物という1点だけに集中しなければ、獲物を取って、家族を養うことができなかったからです。

周囲に関心を払っていたら、獲物を取り逃がしてしまいます。

その名残なのでしょう、今でも男性は複数のことをひとときにこなすのは苦手、という人が多くいます。

一つ一つを丁寧に、じっくりと取り組むことはできる。でも複数のことを考え、実行するのは苦手なのです。

いうならば思考回路がお箸型。1本でまっすぐなのです。

そしてその思考回路は、目の前に何か課題が無い限り、自意識に向かいがちです。

女性の思考回路はフォーク型。複数のことをいっぺんにこなすのに向いています。

これがないと、今でも料理などは難しいですよね。

女性の脳がこんな風に発達したのは、同じく狩猟時代に、夫の帰りを待ちながら、女同士でコミュニケーションをとって、お互いに助け合っていたから、と言われます。

もちろんおしゃべりだけをしているわけではなく、子どもをあやし、食事を作り、ぬいものをしながら、情報交換をする、というマルチタスクをその当時からしていたわけです。

子どもの世話をする、ということは周囲に関心を持たなければできません。
さらに共感力も必要です。

こうして、狩猟時代から長い長い間、男の脳は1点集中型として発達し、女の脳はマルチタスク型として発達してきたと言われています。

その結果、男性と女性、どちらが他人に無関心な人の割合が多いか、と言えば圧倒的に男性の方が多いのです。

関連記事