自分に対して無関心な夫…乗り越え方や改善方法はある?

愛し合って結婚した夫婦といえども、何年も一緒にいるとどうしてもお互いに対して多少は関心が薄れてしまうもの。特に男性にはその傾向が多く見られます。では、旦那さんが自分に対して無関心になってしまったら、どのように乗り越えていけばいいのでしょうか。また、効果のある改善方法はあるのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

男性は結婚するとパートナーに関心が薄くなってしまいがち


https://images.pexels.com/photos/1043902/pexels-photo-1043902.jpeg?auto=compress

釣った魚には?


https://images.pexels.com/photos/935789/pexels-photo-935789.jpeg?auto=compress

「釣った魚にはエサをやらない」

女性が聞くと何とも腹が立つことばですが、実際に男性の心理を正しく表している、と言われます。

結婚するまでは、週末ごとに連れ出してくれたり、誕生日だけでなく、突然のサプライズがあったり、とあんなにいろいろしてくれたのに・・・・。

結婚して日が経つにつれて、だんだん私への関心が薄くなってきた気がする。
週末もどこにも出かけない。
自分の趣味の音楽を聴いたり、本を読んだり、PCをいじっている。

私が「ランチに行かない?と誘うと、3回に2回は「家がいいな」。
そして3回に1回くらい、いかにも面倒くさそうに「うーん、じゃあ、行くよ」。
「じゃあ」って何?

私、一緒にいても貴方の視界に入っていないの?
食事を出せば食べるし、話もする。
だけど、それでおしまい。

お茶をいれれば機械的に「ありがとう」っていうけれど、私の方は全然見ていない。
話しかけても「あ、今はダメ」で終わり。

私のために何かをするとか、私の様子を見て何かするとか、何もないの?

こないだも私が風邪をひいて寝込んでいたのに「ご飯は?ああ、風邪?じゃあ、俺は外で食べてくるね」。
じゃあ、私のご飯は?誰が作るの?

・・・・こんなこと、貴女にも起きていませんか?

こんなはずじゃなかった


https://images.pexels.com/photos/794254/pexels-photo-794254.jpeg?auto=compress

そう、大変残念ながら、多くの男性は結婚するとパートナーへの関心が薄れがちです。

まさに、釣るまではせっせと撒いていた、愛情を形にした、関心という名前のエサ。

結婚、という型にはまり、日々を重ねるにしたがって、愛情が深くなるかと思っていたら、愛情の形であるエサの存在、さらにエサを撒く対象だった魚(=貴女)すら忘れてしまった感じになっていく・・・。

女性は、やっぱりいつまでも男性から愛情をことばや行動で示して欲しいですよね。

それなのにこれって何?
何でそんなに無関心になってしまったの?
私が悪いの?こんなはずじゃなかった。
なんだか裏切られた気分・・・。

そう思っているのは貴女だけではありません。

夫がパートナーに対して無関心になってしまう原因とは

脳の思考回路が一直線型だから!?


https://images.pexels.com/photos/235922/pexels-photo-235922.jpeg?auto=compress

夫が妻に対して、無関心になるのはなぜでしょう?

もともと、女性よりも男性の方が周囲に無関心になりがちです。
それは脳の発達傾向と関連があります。

男性は一つのことを突き詰めて考えるタイプが多い、と言われます。

なぜなら、狩猟時代の男性は、獲物という1点だけに集中しなければ、獲物を取って、家族を養うことができなかったからです。

周囲に関心を払っていたら、獲物を取り逃がしてしまいます。

その名残なのでしょう、今でも男性は複数のことをひとときにこなすのは苦手、という人が多くいます。

一つ一つを丁寧に、じっくりと取り組むことはできる。でも複数のことを考え、実行するのは苦手なのです。

いうならば思考回路がお箸型。1本でまっすぐなのです。

そしてその思考回路は、目の前に何か課題が無い限り、自意識に向かいがちです。

女性の思考回路はフォーク型。複数のことをいっぺんにこなすのに向いています。

これがないと、今でも料理などは難しいですよね。

女性の脳がこんな風に発達したのは、同じく狩猟時代に、夫の帰りを待ちながら、女同士でコミュニケーションをとって、お互いに助け合っていたから、と言われます。

もちろんおしゃべりだけをしているわけではなく、子どもをあやし、食事を作り、ぬいものをしながら、情報交換をする、というマルチタスクをその当時からしていたわけです。

子どもの世話をする、ということは周囲に関心を持たなければできません。
さらに共感力も必要です。

こうして、狩猟時代から長い長い間、男の脳は1点集中型として発達し、女の脳はマルチタスク型として発達してきたと言われています。

その結果、男性と女性、どちらが他人に無関心な人の割合が多いか、と言えば圧倒的に男性の方が多いのです。

現代は男性脳にとって受難の時代?


https://images.pexels.com/photos/212286/pexels-photo-212286.jpeg?auto=compress

このように本来はマルチタスクが苦手で、他者への関心や、共感が薄くなりがちな脳を持っている男性にとって現代社会は、大変生きにくい社会といえるでしょう。

右を向いても左を向いても、コミュニケーション能力の向上が求められ、人の気持ちをわかれ、と言われる。上司の設定した目標をクリアするべく奮闘し、一方で部下をなだめたり、励ましたり、外に営業に行き、取引先の腹を探ったり。

お箸型思考回路は、そんなに急に変われません。何万年もかけてお箸型思考回路として発達してきたので、たかだか100年単位では、脳の発達方向は変えられないのです。

そこで、お箸型思考回路のままで、無理やりマルチタスクをしているので非常に疲れが溜まります。

こうして家に帰ると疲れがどっと出て、本来のお箸型思考回路に戻り、さらに甘えが出てきます。

その結果、妻への無関心という行動に結びつくのではないか、と言われています。

無関心な夫を変える方法・乗り越える方法はある?

無関心な夫を変える方法はあるの?


https://images.pexels.com/photos/298926/woman-kitchen-man-everyday-life-298926.jpeg?auto=compress

パートナーに無関心な夫たち。

けれどもその多くは、意図的に無関心なわけではありません。つまり意地悪で無関心になっているのではないのです。

無意識だからこそ困るという側面もありますが。

夫たちは、本当に家の中の変化や、貴女の変化に気づかないのです。

例えばトイレットペーパーがいつもあるのは、誰かがトイレットペーパーを買って、補充しているから。朝使ったマグカップが棚にしまわれているのは、誰かが洗って拭いて棚に入れたから。

こういったことを認識させることが必要です。

そうでなければ、夫は貴女のことを家政婦だと勘違いしてしまう可能性があるからです。

貴女が家事をやったり、夫の世話をしているのは当たり前ではないと理解させる必要があります。

一つ一つ教えこむのはお互いに疲れます。一番手っ取り早いのは、貴女が家事や夫のお世話をやめることですが、それもお互いにストレスが溜まります。

そこでまずはしっかりと話合う事が大切です。

ただ、このタイミングも注意が必要です。平日の仕事帰りでは、疲れて話を聞いてくれないでしょう。何しろお箸型思考回路でマルチタスクをしたばかりですから。

休日などリラックスしたタイミングを狙いましょう。

いちいち説明するよりも、自分でやる方が楽、という貴女。それはいつか自爆して大惨事にならないとも限らない危険な手段です。早目に夫に説明をしてガス抜きをしましょう。

夫が変わるかどうか、それはわかりません。根気よく何回も教えなければいけないかもしれません。

でも、何もしないでいるよりも、ずっと建設的です。

無関心な夫を乗り越える方法はある?


https://images.pexels.com/photos/101537/baby-boy-hat-covered-101537.jpeg?auto=compress

まず、無関心な夫は脳の発達方向が違う、ということを認識しましょう。

また他人に無関心なだけではなく、やたらに何かに執着する、人の意見を全く聞かない、など他に目立つ特徴があったら、機能性障害の可能性もあります。まずは貴女が本を読んで学習しましょう。もし機能性障害のようだ、とわかったら、専門病院に行くことも必要です。

さらに暴力をふるうなどの危険な行動がある場合には、速やかに離れましょう。

もしこれらの大きな問題が無かった場合は、根気よく教えていくことが、彼の無関心の元を崩し、そして貴女が無関心夫を乗り越える手段となるでしょう。大変な努力がいるかもしれませんが、もう一人大きな子供を育てていく気持ちで臨むことをおすすめします。

どうせ何を言っても無駄だから、と諦めたら、そこまでです。

タイミングを見計らって、今の自分の気持ちと、夫にどうして欲しいかをわかりやすく、簡潔に伝えましょう。

相手はもともと、他者への関心も、共感力も低いことを忘れてはいけません。無関心夫たちは、長々とした説明や、他の人と比べること、そして結論が無いことが苦手です。

業務報告のようですが、無関心夫たちにとって一番苦手なことばは「察して欲しい」「言わなくてもわかって欲しい」です。このことばは通じない、と思ってください。

柔らかく包んだ話し方よりも「何をどのように、どうして欲しいか」がわかりやすい方が効果的です。お母さんと中学生くらいの関係だと想定すると、話し方などもわかりやすいかもしれませんね。

夫の無関心が原因で離婚するのはあり?無し?

法的には離婚は可能?

関連記事