隙間時間でお部屋を綺麗に♪時短お掃除テクニック特集

お部屋の掃除は意外と時間が掛かってしまうもの

部屋を片付けなきゃ…と思っていても、日々何かと忙しく過ごしていると、なかなか効率よく掃除が出来なかったり、掃除に費やす時間が作れなかったり、そうこうしている間に、更に部屋が散らかってしまうなんて言う悪循環に陥ってしまった経験はありませんか?

掃除を一から徹底的にやろうとすると、費やす時間は意外とかかってしまうものです。そこから、掃除をするという行為が、一大決心をするかのような行為になってしまうのです。

玄関、ベランダ、リビング、寝室、トイレ、お風呂場など一気に掃除をしようと考えると、どこからやれば良いのか分からなくなってしまいそうですよね。

綺麗なお部屋を保ちながら、掃除を簡単にできるポイントは、効率の良さ、日々に取り入れる掃除と、まとめて行う掃除とを組み合わせて行く事が、掃除を簡単に時短で行えるポイントです!

「時短お掃除テクニック」でお部屋の掃除を楽チンに♪

https://pixabay.com/ja/

時短に掃除ができて、いつでも綺麗なお部屋で過ごすには、まず掃除と片付けは別物だと考えましょう!

いざ掃除をしようとしても、散らかった洋服を片付けたり、読み終わった雑誌や新聞を片付けたり…と、掃除する前の片付けに意外なほど時間がかかってしまうものです。

いつも掃除と片付けを一緒にしてしまうから時間がかかって、どちらも中途半端に終わってしまい掃除がはかどらない、掃除をするのは一大決心という気持ちになってしまうんです!

時短掃除の基本は、掃除のときは掃除だけを、片付けは最小限に行うことがポイントになってきます。

掃除と片づけを同時に行わなければリビングなどの掃除なら1日15分あればできます!1日15分でしたら、毎日続けることができますし、毎日やる事で、お部屋が綺麗な状態が続き、更に掃除が時短で簡単になっていくんです!

時短お掃除テクニックは隙間時間で行うのがポイント!

時短お掃除テクニックは隙間時間で行うのがポイントです。早速見ていきましょう!

時短お掃除テクニック①洗濯ついでに洗面所の掃除

https://pixabay.com/ja/

時短で掃除ができるテクニックとして隙間時間を利用する事です。例えば、洗濯の際、洗濯機に水を溜めている間に、使用済みのタオルで洗面台を拭きます。

洗濯機の水が溜まったら、タオルをそのまま洗濯機へ入れてしまえば、わざわざ掃除のために洗濯物を増やさずに済みますし、手間が省けます。

時短お掃除テクニック②トイレを流したついでに掃除

トイレ掃除も、自分がトイレに入って流した後、手洗い用の水で便座などの拭き掃除をするなどもおすすめです!

時短お掃除テクニック③汚れやすい所には掃除用品を配置

汚れやすいところには、掃除用品を配置しておくと、お掃除も楽にすぐできるようになります。気がついたら、蛇口だけとか、鏡だけとかという様に、毎日やり続ける事がポイントです!

捨てる前の古着や古タオルなどを、適度な大きさに切って置き、サッとふき取ったらそのまま捨てるという風にしておけば、キッチンの油汚れなども、その都度綺麗にしておけます!

おしゃれなカゴや、かわいい空き瓶などに入れて置いておけば、インテリアとしてもステキです。

掃除の時間をあえて作るのではなく、毎日の【ついでに】や【しながら】の掃除の習慣を身につけると、時短で無理なく綺麗なお部屋を維持する事ができますよ。

空いた時間でできる、時短お掃除テクニック

まずは食べかすや、ほこりなどがたまる床掃除がメインと考えるようにしましょう。散らかっているのか、汚れているのかを判断します。

普段よく使うリビングの時短掃除方法

https://pixabay.com/ja/

◯準備(5分)◯

初めに、散らかっているものを簡単に片付ける。
買い物カゴまたは、箱などを一つ用意して、そこにすべて放り込みます。これらは、片づけのときに整理しましょう。散らかっているものを一通りカゴなどに入れたら、掃除を始めます!

◯掃除(5分~10分)◯

お部屋の床がフローリングなどであれば、フローリングワイパーやモップなどで床に落ちた食べかすや埃を一箇所に集めたら、掃除機で集めたゴミを吸い取るだけです。

ラグやじゅうたんを敷いている床の場合には、テーブルの下などゴミが多いところから掃除機をかけるようにします。こうする事で、ゴミを他の場所に拡散せず掃除機をかけることができて、時短で掃除を行えます。

◯廊下、階段などを1か所(5分)◯

残りの5分で、フローリングワイパーやモップで廊下や階段などの、リビング周りの掃除を1日一か所だけします。

ここの掃除はスケジュールを決めて、ローテーションで掃除をするか、気になった所をローテーションで掃除していきましょう。

◯片付けボックスを用意する◯

いくつか片付けボックスを用意しておくと良いでしょう。掃除とは別に片付けの時間を設けて、片付けボックスを整理するようにします。

取り込んだ洗濯物も一旦、ボックスに入れたり、書類や雑誌、新聞なども一度片付けボックスに入れて、掃除が済んだらボックスを整理するようにしましょう。

他にも、必要か不必要か判断ができない場合などにも、一旦考える為に入れておくボックスがあると、とても便利です!

タイトルとURLをコピーしました