遺産相続をした場合の確定申告の方法・ルールとは?

遺産相続をした際にはさまざまな手続きが必要です。その中でもどうしたら良いのか分かりにくいのが「確定申告」。そもそも確定申告が必要なのかどうか、必要だとしたらどのように行えばいいのかなど、悩んでしまう方が多いかと思います。そこで今回は、遺産相続をした際の確定申告について詳しく解説していきます。

公開日:    最終更新日:

遺産相続をした際、確定申告は必要?不必要?

https://pixabay.com/ja/

そもそも、確定申告とはなにか。

確定申告とは、毎年1月1日~12月31日までの間に、個人が得た所得を税務署に申告して、その所得に応じた所得税を納税する手続きをします。会社務めの方であれば、会社の方で代わって手続きをしてくれるため、確定申告の手続きをしていない人も多いでしょう。

では、遺産相続の場合も確定申告が必要なのかをご説明します。

https://pixabay.com/ja/

遺産相続の前に身内がなくなった場合、悲しみに打ちひしがれると思います。辛いと思いますが、そういう状況の中でもさまざまな手続きが必要になってくるのです。その一つが遺産相続をした場合の確定申告です。

原則として確定申告の必要はありません。相続は所得ではなく承継という扱いなので、所得税の確定申告を行う必要はないのです。

しかし、遺産相続した金額がある一定額以上の場合は確定申告する必要があるのです。一定額というのは、3,000万円に600万円と相続人数を掛けたものをプラスした金額。1人だけの相続人の場合は、相談する遺産が3,600万円以上でなければ確定申告の必要はありません。遺産相続の手続きをしてお金をたくさん相続できたから終わり!だけではないのです。

他にも、以下の場合は相続人も確定申告が必要になる場合があります。では、遺産増続をしたら、なぜ確定申告が必要なのか、どんな場合に、確定申告が必要となのでしょうか。

まず、確定、遺産が基礎控除を超えた際に必要となる手続きです。簡単に言うと、遺産相続をした時に、確定申告をしなくてはいけない場合は、4つ。

相続した土地や建物、有価証券を売却した

https://pixabay.com/ja/

1つ目は、相続した土地や建物、有価証券を売却した場合です。

土地や建物等を売却した場合には、お金が手に入るので、譲渡益が発生します。そのため、所得とみなされるのです。

売却した際に差し引かれる税は、「(売却額)-(取得費)×税率」となります。

収入を生む財産を相続した

2つ目は、これから、収入を生む財産を相続した場合です。これには、駐車場や賃貸アパート、ビルなどの相続が該当します。

家賃収入が発生したり、その土地の資産が大きい場合が多いためです。駐車場や、賃貸アパート、ビルなどの収入を生む財産は、所得を生み出しますので、これも確定申告対象です。

遺産をすべて現金化して分割した

https://pixabay.com/ja/

3つ目は、遺産をすべて現金化して分割した場合です。

遺産を現金化して、兄弟などの相続人で分け合うと、「収入が発生した」とみなされるので、確定申告をする必要があります。

所得税の対象になる生命保険を受け取った

4つ目は、所得税の対象になる生命保険を受け取った場合です。遺産相続とは少し異なりますが、相続の発生に伴って受け取る生命保険金は所得税の対象になることもあります。

例えば、亡くなった方がお父様、契約者及び保険金受取人が子供であるなど、保険料の支払いと受取人が同じであれば、所得税の対象になり、確定申告によって税務処理をすることになります。

また、これら以外にも相続したお金を寄付した場合にも、確定申告が発生する場合があります。確定申告は義務ではありませんが、したほうが節税になるので、した方が良いと言えるでしょう。

関連記事