リスクや後遺症も。40代だからこそ知っておきたい中絶の現実

「中絶」と聞くと、10代などの若い子たちを思い浮かべてしまう方が多いかと思います。しかし、最近では40代での中絶が増えてきています。一見、安定した生活を送っているように思える40代。中絶を選択しなければいけない理由とは何なのでしょうか。また、40代での中絶によるリスクや後遺症にはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく解説していきます。

公開日:    最終更新日:

増えてきている40代での中絶

https://pixabay.com/ja/

10代で予期せぬ妊娠をしてしまい、中絶をしてしまうというのは、聞く話ではあります。これには、まだ学生であったり、金銭面的な理由で子供を育てることが難しいという理由があげられます。

しかし、最近では、40代での中絶が増えてきているのです。

40代といえば、妊娠できることに喜びを感じる年齢のように思いますが、40代で中絶を選択してしまう理由とはなんなのか。そして、40代での中絶によるリスクや後遺症にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、妊娠が発覚した場合は、すぐに産婦人科に相談にいきましょう。それまでに、妊娠したことを伝えて相手にしっかりと伝えて今度どうするべきなのか話し合ってください。自分1人の判断で中絶はできません。

話合いの結果、中絶をすることになったら、中絶をしたい旨を医師に伝えます。一般的には、手術方法やリスクや後遺症を説明されて中絶同意書が渡されます。これは、あなたと子供の父親である相手、両方のサインが必要です。手術当日までにサインをして持っていくようにしましょう。

中絶同意書とは、中絶手術をすることに同意をしますという証明書となる書類ですので、絶対に偽造をしてはいけません。中絶手術は、決して簡単な手術ではありません。

https://pixabay.com/ja/

40代での妊娠で、中絶をするということは術後の感染症リスクや後遺症などもあり、命に係わることも考えられます。それだけ身体の負担も大きいのです。後遺症がでてこれから妊娠をすることができなくなる可能性もあります。

また、中絶手術には保険は適用されませんので、すべて自己負担となります。これも病院によって異なりますが、おおよそ15万前後と考えましょう。お金の問題ではありませんが、一つの命が失われることを忘れてはいけません。

40代で中絶を選択する原因とは

https://pixabay.com/ja/

40代の中絶で一番多い原因がW不倫です。W不倫の末に、不倫相手の子供を妊娠してしまい、家庭を壊したくないから、家族にバレないように中絶をする女性が増えているのです。

また、不倫相手の子供なのか、夫の子供なのか分からずに産む不安から中絶を選択する女性も少なくありません。相手にも家庭があるなら尚更、産むことはできないのでしょう。子供が欲しくても恵まれない家庭がある中で、40代で妊娠できることは、奇跡に近いといえます。しかし、不倫の末に意図としていない妊娠をしてしまう責任は、あなただけの問題ではなく、不倫をしていた相手にもあります。

不倫で妊娠してしまった場合、家族だけでなく、周りの知人にも知られたくないと誰にも相談せずに中絶手術をする女性が多くいます。40代で妊娠してしまった女性は、まさか、妊娠するとは思わなかったといいます。自分が原因のこととはいえ、子供おろすということは、精神的ダメージも大きいでしょう。

https://pixabay.com/ja/

もちろん不倫だけでなく、既に子供がたくさんいて、生活的に妊娠した子供を育てることが難しく中絶を選択することもあります。

高齢出産をして、高校や大学のお金が一番かかる時期に定年していることを考慮すると、これから子育てをするのが難しいという判断もあるようです。

他にも元々身体が弱く、高齢出産に耐えられそうにない、仕事の関係で産むことができないという理由も挙げられます。

40代で中絶をすることによるリスク・後遺症は?

関連記事