スポンサーリンク

やっぱり高収入男性が人気!婚活における「年収」の重要性とは

スポンサーリンク

高年収の男性が魅力的なワケとは?

高年収の男性が魅力的に感じる理由は、高年収というストレートな金銭面の部分に魅力を感じるだけでなく、知的で仕事ができ、社会的信頼と地位があり、人望もあって出世しているから魅力的と高年収の背景を考えた上で、高年収男性に魅力を感じる婚活女性が多くいます。

確かに、高年収の職業は就職活動の時点で学生に非常に人気があります。人気の会社に入社できている時点で、学歴も高く、人間的にも魅力的である証明になります。

高年収の職業は非常にハードな仕事も多いため、新卒で入社しても体力的、精神的についていけず、転職してします人も少なくありません。

30歳をすぎてもバリバリ働き、高年収を稼いでいる男性というのは、資本主義の社会のなかで生き残れる強い雄という目で見ることができます。

30代ともなれば、会社の中では責任ある仕事を第一線で活躍しているはず。ハードな仕事にやりがいを感じ、ある程度大きな仕事も任され始めてくる。また給料も同年代に比べて高ければ、自然と自信が表情や雰囲気に表れてきます。

高年収の男性に魅力を感じるというのは、婚活女性からすれば当然かもしれませんね。

男性の平均年収はどれくらい?

年代・年齢別で見る平均年収の特徴は?

20代  全体:346  男性:367  女性:319
30代  全体:452  男性:487  女性:382
40代  全体:528  男性:583  女性:413
50代以上  全体;645  男性:690  女性:442
(単位:万円)

昨年と比較すると20代以外はダウンとなり、30代で3万円、40代で13万円、50代以上では16万円のダウンとなっています。

年収分布を見てみると、

20代と30代は300万円~400万円未満、40代は400万円~500万円未満、50代以上は1,000万円以上の層の割合が最も高くなりました。

一番稼げる年代は40~50代の役職をもらうあたりです。

収入そのものも、20代~年代があがるたびにどんどんと昇給していきます。女性は年代にあわせて推移はたいした変わらないものですが、男性は50代ぐらいまでがピークになります。

年功序列制の表れがみてとれますね。

平社員からはじまり、係長、課長、部長と役職や職務経験が上がるにつれ平均年収もあがっていきます。

タイトルとURLをコピーしました