未経験でも簡単にできる!50代におすすめな楽な仕事特集

スポンサーリンク

体力も低下し始める50代。できれば「楽な仕事」を探したい

後期高齢化社会になっている日本は人手不足なこともあり、50代の求人も増えてきています。50代になって会社をリストラされた人、新たに何かを挑戦したくて仕事を探している人、また子育てが終わり仕事復帰したい主婦などさまざまな理由で50代から仕事を探す人は多いでしょう。

しかし50代にもなると体力の衰えも感じ始めるため、できれば楽な仕事がしたい人も多いはずです。給料は下げたくないけど楽な仕事がしたいと思う人もいるかもしれませんが、楽な仕事はそう多くありません。自分が何を求めてどこまで妥協できるか、仕事を探す前に知っておくことが大切になります。

契約社員

資格や能力を生かして再就職や転職をする場合は別ですが、大手企業で勤めていた役職や資格が今までなければ社員で楽な仕事を50代から探すのは厳しのが現状です。。楽な仕事を探すなら、社員へのこだわりは持たない方が仕事の種類が豊富で探しやすでしょう。

契約社員でも比較的社員と同じ待遇で働くことができます。唯一社員と違うのが、契約制のため、契約が更新されなければ仕事をそこの会社で続けることができないという点です。

派遣社員

社員で働けない場合や仕事が見つからないときは派遣会社に登録するのもおすすめです。派遣会社に登録をして自分の希望の働き方を伝えると、それに近い職場を紹介してくれます。一般的に3ヶ月ごとに契約を更新していくことが多く、パートやアルバイトよりも時給が高いのが派遣社員のいいところです。

職場が合わなければ3ヶ月後の更新をしなければ、違う職場を紹介してくれることもあります。しかしスムーズに次の職場が見つからなければ仕事がない時期ができてしまうため、経済的には不安定になりがちなので注意が必要です。

パート・アルバイト

パートやアルバイトは働きたい時間や日数を決めやすいため、自分の生活にあった働き方ができます。未経験や資格のない人でも雇ってもらえる可能性が高いでしょう。契約社員や派遣社員よりも給料は下がりますが、自分のペースで働くことができるため、体力に自信のない50代にもおすすめです。

このように、正社員にこだわりを持たなければ50代でもさまざまな働き方があるのがわかりますね。仕事を探している人はいろいろな働き方を検討して自分に合った働き方を選ぶとよいでしょう。

50代に求められる能力

50代で仕事を探す場合、新しい職場では年下が先輩になる可能性があります。そうなると仕事を教えてもらうときは若い人とのコミュニケーション能力が求められます。若いときに就職したときとは異なり、50代にもなるとある程度の能力を求められるので、大人のマナーは身につけておきたいですね。

未経験・資格なしでも仕事できる?

50代で仕事を探すとなると、即戦力で働けるかどうかを雇い主は見極めることになります。今までの経験を生かした仕事が見つかればいいですが、50代から仕事を探す人の理由はさまざまなため、お互いのニーズが合うとは限りません。

今まで長時間労働がきつかった人・残業が多かった人・体力的や精神的にツラかった経験をしてきた人は、これから出会う仕事は比較的楽に感じてしまうかもしれません。資格や能力がなくても諦めずに自分に合う仕事を探しましょう。

50代が転職・再就職に成功するコツ

50代で楽な仕事が見つかっても、雇ってもらえないと働くことができません。50代が転職・再就職に成功するコツは50代でも雇ってくれるところを徹底的に探す「情報収集」も大切になってきます。

タイトルとURLをコピーしました