【教育に関わる仕事特集】人を育てて、自分も成長しよう!

スポンサーリンク

教育に関わる仕事で求められ散る人材とは

変化の激しい今の時代は、教育に関わる仕事をする上で求められる人材も、昔とは少し違ってきています。学校の先生などは教員免許が必要ですが、それ以外の職種は一般的には必要でない場合が殆どです。

では、教育に関わる仕事をする人材に求められるものとはどういったものが多いのでしょうか。

  • 豊かな人間性
  • 職業に対する情熱や責任、誇りなど
  • 専門分野の力量

どの様な職種に就くかによってその分野のスキルは身に付けておく必要がありますが、それ以上に教育に関わりたい熱い思いがあるかどうかが重要です。また、コミュニケーション力やチャレンジ精神も問われてくる事でしょう。

教育に関わる仕事をする際に必要な資格は?

教育に関わる仕事というと、一般的には「学校の先生」を思い浮かべるのではないでしょうか。保育園や幼稚園の先生、また小中学校など義務教育の先生や高校教師などは、教員免許が必要とされています。

しかし、学習塾や予備校などの講師の場合は、教員免許が無くても採用してくれる場合もあります。教育に関わる仕事の職種は様々なので、自分がどのような職種につきたいかによって求められる資格が異なってきます。場合によっては資格が無くても採用されるので、良く調べておくと良いでしょう。

教育に関わる仕事に将来性はある?

教育に関わる仕事をしたいけれど、今は少子化の時代です。このまま少子化が進んでいけば、学習塾などは閉鎖されてしまうのでは?と考えてしまってもおかしくはないですよね。

しかし、教育というものは子供向けばかりではないことを頭に入れておきましょう。実は子供の数が減少している一方で、「生涯学習」など、大人向けの教育が増えてきているのです。

大学では、目的に合わせて大人向けの講座などを開いている所もあるくらいです。そう考えると、今後は大人向けの教育が発展していくという見方もできるでしょう。

また、見逃せないのがIT教育です。小学校では将来的にプログラミングが必修科目となり、タブレットを使用した勉強法を取り入れている学校もあります。

意外とたくさんある!教育に関わる仕事特集

ではさっそく、教育に関わる仕事をご紹介します!

教育に関わる仕事①保育士

保育士とは、保育園などで0才~6才までの未就学児の保育を行う仕事です。乳幼児や子どもの保育はもちろんのこと、保護者に対しても保育に関する指導を行う国家資格です。

仕事内容は、乳児のおむつ交換や着替えをする、食事やおやつを決まった時間に提供する、お昼寝などの時間を作って生活リズムをつくることなどです。また、年齢に応じて一人一人の体調管理や気持ちの状態を把握することも大切です。

大学・短期大学・専門学校など厚生労働大臣指定の「保育士養成のための学校、施設」で必要な科目を選択して卒業することが必要です。または、保育士国家資格を受けて合格することも可能です。(受験資格を調べておく必要があります)

教育に関わる仕事②幼稚園の先生

子どもが好きで幼稚園の先生になりたいと考えている人は多いですよね。保育園は国家資格を取得しなければ保育士になれないのに対して、幼稚園の先生は大学や短大の保育課などで幼稚園教諭免許を取得できます。

大卒は1種免許、短大卒は2種免許になり、給与などに差が生じることも覚えておきましょう。また、ピアノ演奏などの実技試験もあるのでバイエル終了程度は弾けるようしておきましょう。

幼稚園の先生は3才~6才の幼児教育に関わる仕事です。子どもに愛情をもって接すること、強い責任感、そして体力も必要になります。

教育に関わる仕事③学校の先生

学校の先生には小学校、中学校、高校などがあり、教員免許も「1種」「2種」「3種」と分かれています。先生になるには、大学で教員免許を取得する方法が一番知られているのではないでしょうか。

しかし、実は社会人になってから「学校の先生になりたい」と考える方も多いようです。その場合は通信大学などで教員免許を取得する方法もあります。

免許を取得した後は「教員採用試験」を受けなければなりません。これに合格すると正規の先生「教諭」になる事ができますが、合格していない場合でも「講師」として働くことは出来るので、各都道府県の教育委員会で調べると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました