何もしていないのにドキドキする…それは自律神経の乱れによる動悸かも?原因と対処方法は?

特に動いたりしたわけではないのに、なぜか動悸が止まらない…そのような症状にお悩みの方はいませんか?もしかすると、それは「自律神経の乱れ」が原因かもしれません。自律神経の乱れによる動悸の詳しい原因や対処方法を知って、症状の改善を目指しましょう。また、あまりに症状が酷い場合には病院へ行くことも考えましょう。

公開日:    最終更新日:

自律神経が乱れてしまう原因とは?

https://www.photo-ac.com/

自立神経と言われてもよく分からないという人が多くいます。

まず、激しい運動をしたわけではないのに、動悸が止まらない、息切れをする。こういう場合は、自律神経の乱れが原因かもしれません。

自立神経とは、簡潔に言うと、全身の器官、例えば内臓、血管などの働きをコントロールして、体内の環境を整える神経のことを指します。そのため、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたして、さまざまな症状が出ます。

その一つが、息切れや動機なのです。では、なぜ自立神経が乱れてしまうのか。

これは、いくつかの原因があります。

ストレス

https://pixabay.com/ja/

1つ目は、ストレスです。

仕事や対人関係、家庭の問題など、様々なストレスを感じる現代では、この原因が多いといいます。ストレスは、自分が感じていなくても身体がストレスだと感じ反応してしまうことも。

また、精神的に弱い方は、特にストレスを感じやすくなります。過剰なストレスが蓄積すると、自律神経が乱れて、自律神経失調症になりやすいのです。

生活習慣の乱れ

https://pixabay.com/ja/

2つ目は、生活習慣の乱れです。

睡眠時間が少なかったり、質の良い睡眠がとれない、食事生活が乱れているなどの生活のリズムが崩れている人も自立神経が乱れやすい原因です。ずっと、このような生活をしているし、体力には自信があると思っていても、知らない間に身体に支障をきたしているのです。

女性ホルモンの影響

https://pixabay.com/ja/

3つ目は、女性ホルモンの影響です。

女性ホルモンには、自律神経をコントロールする役割もあるため、50代前後に女性ホルモンが減少する更年期頃になると、自立神経にも影響がでて乱れてしまうのです。自立神経の乱れは、普段何気なく生活している中でも起こり得るのです。肉体的、精神的両方のことが影響しています。

また、自律神経の乱れによって引き起こす疾患としては、自律神経失調症、神経性胃炎、過敏性腸症候群、メニエール病、過呼吸症候群などがあります。

自律神経の乱れをセルフチェックしてみましょう

関連記事