何もしていないのにドキドキする…それは自律神経の乱れによる動悸かも?原因と対処方法は?

特に動いたりしたわけではないのに、なぜか動悸が止まらない…そのような症状にお悩みの方はいませんか?もしかすると、それは「自律神経の乱れ」が原因かもしれません。自律神経の乱れによる動悸の詳しい原因や対処方法を知って、症状の改善を目指しましょう。また、あまりに症状が酷い場合には病院へ行くことも考えましょう。

公開日:    最終更新日:

自立神経が乱れると、様々な症状があらわれます。

下記に当てはまった数が多ければ多いほど、自立神経が乱れているということになります。

01.慢性的な疲労や、身体のだるさを感じる
02.立ち眩みやめまいが起きる
03.手足のしびれ、口やのどの不快感を感じる
04.イライラすることが多くなった
05.落ち込みやすく、やる気が出ない
06.感情の起伏が激しい、あせりを感じる
07.めまいや耳鳴りのするときが多い
08.急に胸が締め付けられる感じがする
09.動悸を感じて息苦しくなるときがある
10.夏でも手足か冷えるときがある
11.胃の調子が悪い
12.よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す
13.肩こりや腰痛がなかなか治らない
14.顔だけ汗をかいたり手足だけ汗をかく
15.朝、なかなか起きられない、起きる時に疲労を感じる
16.気候の変化に弱い
17.やけにまぶしく感じる時がある
18.怖い夢をよく見る、または金縛りにあう
19.風邪でもないのに咳がよく出る
20.食べ物を飲み込みつらい時かある、喉に違和感がある
21.呂律が回らない時がある
22.月経不順

0-2個 自律神経には乱れていないでしょう
3-4個 自律神経に負担が掛かっているので注意が必要です
5-7個 自律神経が乱れている可能性があります
8個以上 自立神経が乱れています。病院を受診しましょう。

8個以上あった方は、一度病院を受診してみましょう。大げさなことではなく、身体が悲鳴を上げている証拠です。

3個以上の方も自律神経が乱されて不調を来たす可能性があるので、生活習慣やストレスを溜めない生活を心掛けましょう。

自律神経の乱れによる動悸の対処方法

自立神経が乱れて動悸を感じてしまった時、どのような対処をすればいいのでしょうか。

https://pixabay.com/ja/

まずは、意識的にリラクゼーション法などによるセルフコントロールをすることが大切です。自己暗示をかけて身体の緊張状態を緩和したり、気持ちが穏やかになる音楽を聞いたりすることで、ストレスを和らげて動悸が治まることがあります。

動悸がおきて「やばいやばい」と焦ってしまうと、逆に動悸が激しくなり、息ができなることも。
特に、普段から物ごとを深く考えすぎてしまう人には、物事を楽観的に捉えて心を穏やかにするコントロールが大切です。

仕事場で、起きてしまった場合は、一旦席を外して外で深呼吸をするのも良いでしょう。ブレイクタイムをとることで、心を休息してあげると、動悸が治まることがあります。

https://pixabay.com/ja/

また、自宅で動悸を感じたら、湯船に入ってなにも考えずにリラックスするのも良い方法です。人は、身体を温めるとリラックス効果が高まるとされているので、試してみましょう。上手くリラックスできるようになれば、動悸だけでなく、自立神経が乱れ自体を治すことも可能です。

あまりに症状が酷い場合には病院へ

https://pixabay.com/ja/

自立神経が乱れて、あまりにもたくさんの症状があらわれている場合には、自分だけでは対処できないことが多くあります。その場合は、迷わずに病院にいきましょう。自己診断は危険です。

自立神経が乱れて症状が悪化すると、うつ病や橋本病などの甲状腺低下症などの甲状腺機能障害、更年期障害などへ発展してしまうこともあります。そうなると、治療の時間も長くなってしまい、なかなか改善しないこともあるのです。そうなる前に、病院で治療しましょう。

かかりつけの医師がおらず、どの科を受診すれば、良いのか分からないのであれば、心療内科がおすすめです。心療内科では、心理療法、薬事療法、生活指導など、医師の指導の元で治療を、心と身体両方から行うことができます。

自律神経の乱れは、普通の検査ではみつけられません。原因がないということは、いいことです。

ただ、自立神経の乱れは身体が悲鳴を上げているサインでもあるので、しっかりと休養をしましょう。夜眠れないのであれば、睡眠導入剤を利用して、しっかりと眠れるようになることから始めることもあります。それだけで、頭がぼーっとしていたのが、翌朝スッキリできることもあるのです。

https://pixabay.com/ja/

仕事がストレスであれば、病院で診断書を書いてもらって、休職をすることもできます。責任感が強い方は、休職をして迷惑をかけたくないと考えるでしょうが、医師の診断のもと、ゆっくり休む必要があると診断された場合には、しっかりと従ってください。

必要であれば、薬を飲みながら気長に治療していきましょう。

関連記事