スポンサーリンク

のんびりと生きる♪社会人がスローライフと仕事を両立させる方法とは

スポンサーリンク

「スローライフ」だからといって、すぐに「のんびりとした仕事への転職」を考えるのも間違い。もちろん時間外労働が過酷だとか、労働条件が悪すぎるなど、「スローライフ」を実現することが不可能な状態であれば、ひとつの選択肢です。しかし転職先を間違ってしまえば生活そのものが危険となる覚悟が必要です。充実した「スローライフ」を実現するためには、それなりの安定した収入も必要です。不安定な収入では、「心豊かなゆったりした生活」など考えることはできません。

「スローライフ」の本当の意味は!

現代では何でもが「スピード重視」となってしまい、個人の生活までもが、このスピードに押されてしまっていませんか?もちろん、仕事や勉強などでは「スピード」は欠かせません。だからこそ『個人的な生活では、「スロー」に過ごす時間を作りましょう!』というのがスローライフの主旨なのです。「スロー」と「スピード」との調和の取れたバランスが重要なんですね☆

自分が生活する地域の自然環境や歴史、伝統や文化などに触れ合いながら「心の豊かさとゆとりを追求していくラフスタイルがスローライフの真意」なのです。そのためには「自然の恵みや隣人へ感謝する時間」「自分の人生を見つめ直す時間」「自分や家族の健康を考える時間」を作り出すことが必要なのです。

食事やセックスにもスローが求められる時代

生活への「スロー」なアプローチは性生活の分野にも影響を与えており、「スローセックス」というスタイルでのセックスも徐々に普及してきています。短時間で快楽をむさぼるのではなく、心の交歓をじっくりと時間をかけて楽しむ。それがスローセックスの根本的考え方ですが、特に中高年層以上に適したセックスだといえるでしょう。

スローライフは、徹底した節電や食の意識などで生活を窮屈にすることではありません。したがって現在の便利な世の中を否定することもないのです。しかし、便利だからこそ失っている部分にも目を向けて、失われたものを少しずつ、1つずつ取り戻す意識を持つことが大切です。「ちょっとした生活のコツ」なども多くありますので、ぜひスローライフの実現に向けて一歩ずつ前進していきましょう。

理想的なスローライフを送る方法とは?

「スローライフ」を実現する方法のメインキーワードは、

  • 癒し(自然)
  • 健康
  • スローフード
  • ロハス

「地産地消」「自給自足」「貸し農園」「有機農産品」「徒歩(ウオーキング)」などがサブとなります。

詳しく見ていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました