「好き」を仕事に!ファッションに関わる仕事や就職・転職方法について

スポンサーリンク

ファッションに関わる仕事に就くには?

「新しい洋服を買うことが大好き」「毎月必ずファッション誌を読んでいる」そんなファッション好きな人であれば、将来は洋服に関係する仕事に就きたいと思っている人も多いと思います。洋服やファッションに関わる職業といえば、ショップの店員さんを思い浮かべるのが一般的かもしれませんが、実はファッション業界では、それ以外にもさまざまな役割を担っている人がいます。

あなたはどんな仕事をしたいですか?ファッションに関わる仕事に就きたいと思っているなら、いろいろなファッション業界に携わる仕事をご紹介していきますので、将来どんな仕事に就きたいかぜひ参考にしてみてくださいね。

ファッションに関わる仕事に必要・便利な資格

しかし、いざファッションに関する仕事に就きたいといっても、何の知識もなければ就職するのは難しいですよね。また仕事についてからもある程度の知識がないと業務がスムーズに進まなかったり、専門用語が出てこなかったりと苦戦してしまう人も多いようですよ。

そこでファッションの仕事をするにあたって持っていると役立つ資格をご紹介していきます。その人に合った色の洋服を提案できるような知識や洋服の取り扱い方など、学習すれば普段の生活にも役立つ知識もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

パーソナルカラー検定

その人の魅力を引き出せる、その人に最も似合う色を見つけ、アドバイスできる技能を持ち合わせていることを証明できる検定試験です。ファッション業界やネイル、メイクなど幅広い業界の人が学び、受験しています。

カラーコーディネーター検定試験

ビジネスで活用できる色彩の知識を身に付けていることを証明できる検定試験。ファッション業界はもちろん、商品陳列などにも役立つことから幅広い業種の人が学んでいます。3級合格で「アシスタント・カラーコーディネーター」、2級合格で「2級カラーコーディネーター」、1級合格で、「1級カラーコーディネーター『ファッション色彩』『商品色彩』『環境色彩』(1~3分野)」の称号が与えられます。

色彩検定

アパレル販売だけでなく、メイク、スタイリスト、インテリアデザインなど…多くのビジネスでニーズが高まっている、文部科学省後援の検定試験です。色彩に関する知識・技能を証明することができ、ビジネスで活用することができます。

ファッションビジネス能力検定試験

ファッションの販売だけでなく、企画・流通・生産などの幅広い業務に関する専門知識を持ち合わせていることを証明できる検定試験です。2級・3級の試験は、ファッションビジネス・ファッション造形の知識が問われます。1級は2級の知識よりも難易度が高いだけでなく、流通戦略やマネジメントなどの範囲が加わります。

シューフィッター

シューフィッターは、その人の足に最も合った靴を提案・販売するために必要な足や足の病気予防、シューズ合わせなどの知識・技能を持ち合わせたシューフィッティングのプロフェッショナルです。また、シューフィッター資格は、プライマリー・バチェラー・マスターの3つのグレードに分かれています。シューフィッター資格取得で、資格手当が支給されることもあります。

販売士

販売士は、名前の通り販売に関する専門的な知識を身に付けたプロフェッショナルであることを証明できる資格です。3~1級があり、販売士の称号が与えられます。アパレル業界に限らず、販売に携わる多くの業界でニーズがあります。

衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)

衣類やファブリックなどの繊維用品の企画・販売・消費者への対応などの幅広い知識・技術を身に付けていることを証明する資格。「TA」とも呼ばれています。昭和46年にできた伝統ある資格です。こちらの資格は認定校で定められた教科・単位を取得することで資格を取得できます。

  • 1級TA:4年制大学で43単位以上
  • 2級TA:短期大学で28単位以上

タイトルとURLをコピーしました