「好き」を仕事に!ファッションに関わる仕事や就職・転職方法について

洋服をたくさん買ってコーディネートするのが好きだったり、自分でオリジナルの洋服を作ってみたり…そのような人は「ファッションに関わる仕事がしたい!」と思う事もおおいはず。しかし、ファッションの仕事にもさまざまな種類があり、必要な資格や将来性も異なってきます。そこで今回は、ファッションに関わる仕事について詳しくご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

プレス


https://www.instagram.com/p/BmqH7vTAfjE/media/?size=l

ファッション業界では広報担当スタッフのことを特にプレスアタッシェ、略してプレスと呼びます。
広報とは一般的に自社の新商品に関する情報をマスコミに対して発表し、それを記事として取り上げてもらうことを目的とするが、ファッション業界では媒体として雑誌の比重が高く、商品の頻繁な貸し出しや広告タイアップ企画など特有な仕事が多いため、このように呼ばれます。
自社の商品を広くたくさんの人に知ってもらうために活動するのが主な仕事です。

ファッションライター

ファッションライターとは、ライターのなかでも、主にファッション雑誌のページに掲載される文章を書く人のことをいいます。
最新のファッションニュースを調べてコラムを書いたり、ファッションショーの取材をしたうえで記事にまとめたりといったように、ページの企画に沿った文章を作り上げていきます。
ファッショライターには、出版社の編集部や制作会社でファッション誌を担当している人と、フリーランスのライターとして働く人がいますが、いずれの場合もファッションに対する感度と強い興味が問われます。

このようにファッションに関する仕事にもさまざまな職業があります。自分が服を「どうしたいのか」という点で職業も違ってくるのです。

また転職という観点から見ると販売員から昇格してバイヤー・パタンナーなどの専門職になる場合が多いようです。百貨店、アパレルショップ等に就職し、販売員として経験を積んだのち、本人の希望や適性によって転身する流れが一般的です。やはりお客様のニーズやセンスは実際にお客様と触れ合ってみないとわからないものですし、高いファッションセンスが必要とされる職業なので、深く現場で知ることが必要になってきます。

そのためにも販売員として実際に店頭に立ってお客様と対面して、商品を売ってみることで見えてくる気付きが、のちのち専門職になったときに役立つということでしょう。やはり購入者の意識を知るためには売り場に立つことが一番です。実際に肌で感じたことを元に仕事をしていけば、おのずと結果が付いてくるものです。

センスを磨いたり、流行を把握することも大切


https://www.instagram.com/p/Bm-QhJcnO9-/media/?size=l

ひとくちに洋服・ファッションに関わる仕事といっても、「作る人」「仕入れる人」「売る人」など、さまざまな役割を持つ人が活躍しています。 また、カメラマンやライターのように、雑誌などの媒体によって魅力的な商品を紹介する人もいます。 職業によって仕事内容はだいぶ異なるため、自分がどのような仕事をしてみたいのかをしっかりと考えてみましょう。

また、ファッション業界で働きたいのであれば、常に流行に敏感でなければなりません。美術館巡りや海外旅行などで海外のファッションを実際に見ることで自分の感性を磨くこともとっても重要です。
それらからたくさんの刺激を受けることで、自分の仕事にも良い影響をもたらすでしょう。

さてここまで読んでみてファッションに関する仕事に興味を持っていただけたでしょうか?多方面の仕事に役立つ資格やファッションに関する仕事もたくさんありました。自分の興味を持てる仕事はありましたか?
もしこんな仕事をしてみたいというものがあれば、ぜひチャレンジしてみてくださいね!!

関連記事