スポンサーリンク

趣味が仕事になる♪ハーブに関する知識を活かせる仕事特集
スポンサーリンク

美容にプラス

もし美容関係のお仕事をされている場合は、アロマテラピーの深い知識を得ることでさらに奥深い商品知識をお客様に伝えることができます。また、商品開発の場面でもそれはいきてくるでしょう。フェイスケアだけでなく、ヘアケア、ボディケア、体のどの部分にも有効なアロマテラピーを学ぶことで、顧客の要望に対してより細かく的確に答えを出すことができるようになるのです。オーガニック化粧品を扱われている方はもちろんですが、メイク道具を開発・販売されている方、ヘアケアに携わっている方にとって、ハーブの知識はサービスの幅を広げる材料となることは間違いありません。エステなど、お客様にリラックスを与える職業に携わる方にとって、ハーブの知識はとても重要な知識となるでしょう。

医療にプラス

今、アロマテラピーへの注目は医療の現場でも高まっています。もちろん、アロマテラピーは医学的に「病気が治る」と言い切れるものではありません。人によってその効果は違いますし、体調によって効果が全くなく、むしろ逆効果の場合もあるというものも。特に妊娠中や病気の治療中に、知識がないままでアロマテラピーを利用するのは危険が伴います。注目されているのは、やはりアロマテラピーのメンタルへの効果。「香り」と「ストレス緩和」の観点、心身をリラックスに導く方法のひとつとして注目がなされているのです。現代人の病気の要因に深く関わっているストレスを減らす方法のひとつとしてアロマテラピーを取り入れるクリニックもあるという現状があります。

フィットネスにプラス

日常的にヨガやピラティスを生活にとりいれている方は、ヨガやピラティスとリラックスのつながりを理解している方も多いでしょう。それらのエクササイズを行うなかで、リラックス効果を高める為アロマをとりいれているインストラクターの方もいらっしゃいます。レッスンの前後や、瞑想の場面でアロマスプレーでスタジオを香らせてリラックスする時間を作ったり、と気持ちの良さをさらに高める工夫をされている方も。

女性に対してはフローラルな印象の香り、ダイエットをテーマにしたレッスンでは、すっきりとしたユーカリの香りなど、そのレッスンごとに香りを変えて、エクササイズ効果を高める工夫をしているインストラクターの方もいらっしゃるようです。

リラックス空間・おもてなし空間作りに+

お客様を迎えるお仕事をされている方にとっても、ハーブやアロマテラピーの知識は有効。訪れた方に気持ちよく空間を楽しんでいただいていい思い出を作っていただく。また、その空間に入った瞬間に香りの効果ですーっと癒されていただくというように、空間演出のひとつとしてハーブを取り入れることができるのです。癒しを目的とした空間だけでなく、ショールームやオフィスでもこのような工夫は有効でしょう。

身に着けたハーブの知識を仕事で活かしましょう♪

ここまで、ハーブの知識をいかした資格やお仕事をご紹介してきました。いかがでしたか?すでに資格をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。ハーブは、いまや日本人の生活にとっても欠かせない植物のひとつ。ミントやバジル、カモミールがない生活は考えられませんよね。ハーブがお好きな方はさらにその知識を増やし、他の方々にもその良さを伝えていきましょう!

スポンサーリンク