まだ遅くない!50代から考えるべき貯金&資産運用方法

スポンサーリンク

50代から貯金&資産運用を始めるのは遅い?

50代は、子供の教育費が不必要となることで家計の収支が大きく変化するタイミングでもあり、そろそろリタイアに向けた老後の資産作りの準備の始めなければならない時期でもあります。

ですからこの時期に今までの貯金方法などを振り返り、資産運用なども視野に入れて今後のマネープランについて一度じっくり考えるのが最適であると言えるでしょう。

子供の教育費がかからなくなると、ついつい出費が増えてしまいがちになりますが、安心して老後を迎えるためには、50代で計画的に貯金や資産運用に取り組み、老後資金作りを本格化させていくことが大切です。

教育費など余裕ができた分を貯金にまわすことはもちろん、ある程度まとまったお金を資産運用にまわすことを検討することも重要です。

50代になると、これまでに貯金してきたお金や相続した資産など、ある程度の資金が手元にあるという方もいらっしゃるでしょう。

それを金融商品として活用すれば、資産をより効率的に増やすことも可能となります。

50代の平均貯金額&将来必要な貯金額はどれくらい?

https://pixabay.com/ja/

50代の平均貯金額は、一部の富裕層を除きだいたい500万円前後であると言われています。しかし住宅ローンなどを抱えている方も多く、実質的にはなかなか貯金は難しいというのが現状のようです。

一方老後を安心して過ごすために将来必要な貯金額は、最低でも約3000万円ほどであるとされています。

その内容としては、生活費や医療費などで約2000万、家のリフォーム代や医療、介護などの予備費などが約1000万円となっています。

大卒の場合の退職金の平均金額は約2000万円と言われているため、そうなると50代の方は定年までに、最低でも1000万円の貯金を目指す必要があります。

50代は子供が独立して教育費などの支出が減る時期でもあるため、老後を安心して過ごすために必要だと言われている3000万円を目指し、目標を達成できるよう努力していきましょう。

50代から始めるおすすめの貯金方法

快適な老後を過ごすためには、将来必要な貯金額は最低でも3000万円だということがわかりました。では実際には、50代からはどのような方法で貯金していけばよいのでしょうか。

そこでここでは、50代から始めるおすすめの貯金方法をご紹介していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました