【若作りと言われたくない】50代でのヘアスタイルはロングヘアで決まり!

スポンサーリンク

50代でのロングヘアはあり?なし?

40代くらいになってから、ヘアスタイルについて誰しも一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。「楽だから」という理由でショートヘアにする方が増えるのもこの時期ですね。

20~30代の頃はつやつやだった髪の毛も、歳を重ねるうちにボリュームがなくペタッとしてきた、髪の毛が痩せてきたように感じる、など、気になりだすのが40代以降だからです。

洋服も落ち着いた色味を選ぶようになってきたり、メイクも年齢に合わせたナチュラルなメイクになってくると、これまでのヘアスタイルに違和感を感じてしまったりもします。

そんな中、50代でロングへアにしたいと思うのはあり?なし?

これ実は「あり」なんです!ヘアケアを正しい方法できちんとすれば、50代でも美しいロングヘアを保つことができます。

むしろ、ヘアケアをきちんとしたロングヘアであれば、マイナス5歳も叶えられるかもしれません。

50代でロングヘアにするなら、ヘアケアをしっかりと!

せっかくのロングヘアも、パサついた髪の毛では老けて見えがち。

50代のロングヘアは、ヘアスタイルはもちろんですが、それ以上にヘアケアがとっても重要になってきます。

「ヘアケアって、大変なんじゃないの?面倒くさそう。」と思われる方もいるかもしれません。
しかし、仕事や子育てにひと段落した50代だからこそ、じっくり自分に時間をかけてあげるのも素敵ではありませんか?

これまで自分にかける時間を削って家族のために頑張ってきたあなたも、ようやく時間の余裕を持てるようになったのではないでしょうか。それでは実際に、どんなヘアケアをすればよいのでしょうか。

今回はお家で手軽にできる基本のヘアケアをご紹介します。

50代ロングヘアの基本①ヘアケアシャンプー

ヘアケアの基本はシャンプーからはじまります。

どんなに高級なシャンプーでも、正しい方法で洗わなければ効果は得られません。逆に、正しい方法さえ気を付ければ、高級シャンプーでなくても効果を感じられるはずです。

まずは、シャンプーの前にお湯でしっかりと時間をかけて地肌と髪の毛の汚れを流すこと。髪の毛にしっかり水分を含ませることがポイントです。

髪の毛が十分洗い流せたら、シャンプーをしっかり泡立てます。手のひらで泡立てるのが難しい場合には、毛先にシャンプーをつけて大きくもみ込み、毛先を後頭部へつけながら地肌まで泡がいきわたるように大きく指先を動かします。

これを繰り返すうちにだんだん泡が出てきます。美容室のシャンプーも、この方法であの気持ちの良いフワフワの泡ができるのです。

50代ロングヘアの基本②しっかり流す

泡でやさしく地肌全体を洗った後は、しっかりと時間をかけて流します。洗い流すときは、泡立てて洗った時間の倍の時間をかけるように意識して、しっかりと地肌まで洗い流します。

そうすることで、トリートメントの成分がより髪の毛に浸透するのです。

50代ロングヘアの基本③トリートメント

トリートメントは市販のものでもOKですが、毛先につけたあと少し時間をおいてから流すことがポイントです。

トリートメントをつけたまま、シャワーキャップをかぶるか、タオルを巻いて湯舟に浸かって数分置くのがオススメです。

湯気の中で時間を置くことで、トリートメントの成分がしっかりと髪の毛の中まで浸透します。

トリートメントは地肌にはつけず、毛先につけることで毛先から成分を浸透させるのですが、最近では地肌のマッサージも同時にできるトリートメントも販売されています。

トリートメントをしながら頭皮をマッサージすることで、血行が良くなり、髪の毛の細胞である毛母細胞に充分な酸素や栄養素が送られるようになるため、白髪・抜け毛などの予防にもなり一石二鳥です。

タイトルとURLをコピーしました