【幸せ!】旦那が大好きすぎる女性たち!体験談を元にそのをご紹介

結婚して時間が経つにつれて「旦那への愛情が無くなった」「家族としてしか見れない」という人が増える一方で、何年経っても「旦那が大好き!」という女性もいます。では、後者の女性はなぜ旦那のことがずっと大好きなままなのでしょうか?体験談とともにご紹介していきます。旦那さんのことが大好きな方も、愛情が少し冷めてきてしまっている方も、一度読んでみることをオススメします♪

公開日:    最終更新日:

「旦那が大好きすぎる」という女性は意外とたくさんいる!

https://pixabay.com/ja/

仮面夫婦や離婚する夫婦も多い中、たとえ離婚まではいかなくても、結婚生活が長くなればなるほど新鮮味に欠け、どうしてもマンネリ化しがちになってしまう夫婦も多いですよね。

しかしその反面、結婚して何年たっても旦那が大好きすぎるという女性が予想以上に多いことをご存知でしょうか。

新婚の頃ならともかく、そんなラブラブな関係がずっと続くなんて信じられない、という方もいると思いますが、旦那が大好きな理由を聞いてみたり体験談を実際に耳にすると、納得できる部分もあるようです。

そんな彼女達は、年月を重ねるにつれて夫婦仲が冷えきっていくどころから、旦那が大好きすぎる気持ちがどんどん大きくなっていくようです。

あるアンケートによると「旦那のことが大好きですか」という質問に対し「はい」と答えた方が8割にものぼるというのですから驚きです。

旦那を大好きすぎることによるメリット・デメリット

旦那を大好きすぎることによるメリット

https://pixabay.com/ja/

・旦那の全てを受け入れることができる

大多数の妻は、結婚生活が長くなるほどに旦那のささいな言動や行動が気になり、イライラしたり腹が立ったりすることが多くなります。

中には旦那の体臭が嫌で洗濯物を別々に洗ったり、寝室を別にするなど実際に行動に移す方もいるほどです。

しかし旦那が大好きすぎる妻達は、旦那の言葉や態度など、旦那の全てを好意的に受け入れることができます。

もちろん加齢臭と言われるほど嫌われる体臭まで大好きで仕方がなく、休みの日はずっと一緒にいたいとさえ思っています。

・倦怠期がなくずっと仲がよい

どんなに仲のよい円満な夫婦にも、倦怠期は訪れると言われています。早い場合は結婚して3年ほどで現れるケースもあり、その後は3のつく数字のたびに倦怠期が訪れるようです。

また子供が産まれるなど結婚生活の環境の変化などにより、倦怠期が訪れる場合もあります。

しかし旦那が大好きすぎる妻は、旦那に対しての気持ちが冷めることがないため、倦怠期を感じることがありません。

どうしたらそんなに旦那が大好きになれるのか、その理由や実際の体験談をぜひ聞いてみたい気もしますよね。

旦那を大好きすぎることによるデメリット

https://pixabay.com/ja/

・嫉妬深くなる

旦那を大好きすぎるあまりに、中には嫉妬深くなってしまう妻もいるようです。

例えば会社の飲み会などでも「きっと若い女の子も参加しているのだろうな」などと心配するあまりに、旦那が帰ってきた途端に、嫉妬心からあれこれ詰問してしまったりする妻もいるようです。

ただあまりにもひどい嫉妬は、夫婦の信頼関係にひびが入ったり、旦那の愛情が覚めてしまう原因になる可能性があるため、くれぐれも注意しましょう。

関連記事