厚着をしても寒い…それは自律神経の乱れによる寒気かも?改善方法や対処方法とは

外の気温もそこまで低いわけではないし、服も厚着している。それなのに寒気を感じる…そんなお悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。その寒気は自律神経の乱れによるものかもしれません。寒気は大きなストレスとなってしまい、他の症状を引き起こす原因にもなります。改善方法や予防方法を知って、しっかりと対策していきましょう。

公開日:    最終更新日:

普通の寒気と、自律神経の乱れによる寒気の違い

冬に寒気がして、風邪を引いたという経験はないでしょうか?厚着をしても、寒いと感じることはありますか?

ここでは普通の寒気と、自律神経の乱れによる寒気の違いについてお話します。

普通の寒気

https://www.photo-ac.com/

冬の寒いときに外に出ると、寒気を感じたという方は多いでしょう。

体にウイルスが侵入すると、撃退しようとして体温を上げようとします。背中がブルブルしたりガクガクしたりという症状が出るのは筋肉を収縮させて熱を作るためです。

筋肉が緊張するので、肩が凝ったり背中に違和感を感じたりします。風邪の初期症状として、のどに痛みを感じたり咳が出たりします。

38度以上の熱があるときは、インフルエンザの疑いがあるので早めに医療機関を受診しましょう。

自律神経の乱れによる寒気

寒い時期でもなく、部屋の温度が暖かいのに寒気がする場合があります。風邪の症状がなく、体がブルブル震えると心配になりますね。

心配になって医療機関に行っても病気はなかったというケースの場合、自律神経の乱れによる寒気が考えられます。

自律神経の乱れによる寒気の症状

https://www.photo-ac.com/

自律神経の乱れによる寒気の場合は、こんな症状があります。

・手足が冷えて寒い。
・顔や手足のむくみが気になる
・背中がブルブルしたりガクガクする
・気持ちが憂鬱

自律神経が乱れると寒気がする理由

自律神経が乱れるとなぜ寒気がするのか、理由をお話します。風邪を引いていないのに、寒いと感じている人は見ておきましょう。

自律神経とは

自律神経は、体の代謝や体温・内臓の働きをコントロールしてくれています。昼間活動しているときに活性化する交感神経と、夜や安静にしているときに活発になる副交感神経の2種類があります。

動いているときと休んでいるときの2種類の自律神経のバランスがとれているので、健康が維持できています。しかし精神的なストレスが続いたり、昼夜逆転などの不規則な生活をしていると自律神経が乱れてきます。

自律神経が乱れると寒気がする理由

https://www.photo-ac.com/

自律神経は血管の周りに集中しているので、乱れると血管が収縮して血行が悪くなります。血行が悪くなると、体に充分な熱が行き届かなくなるので寒いと感じてストレスが溜まります。

さらに細胞に充分な栄養を届けることができなくなり、老廃物も溜まってきます。

細胞機能が衰えることで、内臓の機能が低下して体温調節ができなくなり寒気を感じるでしょう。

寒気や体の冷えで免疫力が低下

自律神経が乱れて血行が悪くなると、寒いと感じたり体が冷えて免疫力が低下します。
免疫力が低下すると風邪やインフルエンザになりやすく、病気になるリスクも増えるでしょう。

自律神経を整えて寒気を改善する方法

自律神経が乱れると、血液の循環が悪くなり寒気を感じます。

ここでは、自律神経を整えて寒気を改善する方法についてお話します。

関連記事