ピシっと着こなしたい!50代女性におすすめなレディーススーツ特集

働いている人や再就職・転職を考えている人はもちろん、子供の入学式や卒業式など、50代になってもスーツを着る機会は意外と多いものです。中には、スーツが必要になったけれど1着も持っていなくて困っている…という方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、50代女性におすすめなレディーススーツや、着こなし方についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

50代になってもスーツを着る機会は意外と多いもの

https://pixabay.com/ja/

男性が仕事をする時、または正装をする際に着る物というイメージが強いスーツという洋服。ですが、女性にとっても、スーツは必要となる場面が多いアイテムでもあります。

就職活動をする10代後半や20代前半の頃に限らず、50代になっても意外と着る機会が多いレディーススーツ。そして、まだスーツに着られていたリクルートスーツ時代とは異なり、50代のレディーススーツには、それ相応の着こなしが求められます。

最近では、場所の問題でなはく純粋にファッションとして、レディーススーツを身にまとってお出掛けする50代の女性も多いですよね。

国内海外問わず、普段カジュアルなアイテムを多く取り揃えているセレクトショップやブランドも、近年では毎シーズンおすすめのレディーススーツを展開する傾向にあります。

50代女性に合ったスーツの選び方は?

https://www.instagram.com/p/B6-eJ0WjXy8/media/?size=l

レディーススーツを50代の女性が購入する際、まず最初に重要となるポイントは、どんなデザインを選ぶかというよりも、どんな店舗あるいは、どんなブランドを選んで購入するかが大切となります。

それは決して、有名なショップやブランドが優れていたり、高級なレディーススーツを購入すればいいという意味ではありません。メンズでもそうですが、スーツというアイテムは、特別詳しいという人を除けば、その品質の良し悪しを、パッと見やちょっと触っただけでは判断できないという人がほとんどではないでしょうか。

それは50代の方でも例外ではありません。ましてや、レディーススーツの場合は、メンズスーツよりも、さらにその見立てが難しいと言えるでしょう。

故に、ある程度「この店舗に置いてあるレディーススーツであれば」「このブランドが展開しているレディーススーツであれば」といったような信頼のおける、自分自身でのおすすめの店舗やブランドが必要となるのです。そういった信用できる環境で50代女性に合ったレディーススーツを探すことにより、はじめて安心して、自分らしいデザインや、好みの素材や色を選んで購入することができるでしょう。

 

50代女性がスーツを着た時の髪型・メイクは?

20代や30代の頃は、レディーススーツで出勤したりお出掛けする時も、わりと髪型やメイクは、私服で外に出る時と、そこまで違いはなかったりしますよね。

50代の女性ともなると、そういった私服の時とレディーススーツの時で、全く同じ髪型やメイクをすることは、あまりおすすめできません。やはり、レディーススーツを着る際は、ある程度それに見合った髪型やメイクをするべきでしょう。

では実際に、50代女子のレディーススーツに相応しい髪型やメイクとは、どういったものなのでしょうか。わかりやすく例えると、そのまま転職の面接を受けられそうな髪型やメイクをイメージしてみるといいでしょう。転職の面接を受けに行くのに、強めのマスカラや濃いアイシャドウを入れて行く人は、あまりいませんよね。

ヘアースタイル

https://www.instagram.com/p/BlxI2Eah2zD/media/?size=l

髪の毛の色は、黒髪をはじめダークトーンの茶色など大人しめなカラーリング。前髪は目にかかるようであれば、ハーフアップやまとめ髪にしたり、スタリング剤でサイドに流したりしましょう。

・ダークトーンの茶髪をまとめ髪にした、表情が明るく見えるヘアースタイル

https://www.instagram.com/p/B4D2pMsHQMi/media/?size=l

・暗い室内だと黒髪に見えて、光が当たると茶色に見える程度の茶髪で、前髪を横に流したヘアースタイル

https://www.instagram.com/p/B5ZIWomjR4E/media/?size=l

メイク

ファンデーションなどのベースメイクは、普段よりも控えめにする必要はありませんが、リップやチーク、マスカラやアイラインは主張し過ぎないよう、50代の女性らしいメイクにすることをおすすめします。

・コーラルカラーのチークと、それに寄せた色味のリップを入れて顔色を良く見せるメイク

https://www.instagram.com/p/Bp6fpjCgZiP/media/?size=l

・眉毛をやや太めにし眉山に緩やかな角度を付け、目元がはっきり見える程度にアイラインを入れたメイク

https://www.instagram.com/p/B6W-AqCHhbZ/media/?size=l

50代女性におすすめなレディーススーツ特集

ベーシックかつスタンダードなレディーススーツ

https://www.instagram.com/p/BwRpTuPHUzw/media/?size=l

基本中の基本とも言える、ベーシックかつスタンダードなレディーススーツ。50代の女性にも、もちろん汎用性が高いためおすすめです。

スーツ本体そのものは、キッチリとした雰囲気がありますが、インナーにドレスシャツではなく、カットソーなどのカジュアルなトップスを用いることで、硬すぎず親しみやすいコーディネートになるでしょう。スニーカーを履いて、よりラフに纏めるコーデもおすすめです。

急なお呼ばれにも臨機応変に対応できるフォーマルスーツ

https://www.instagram.com/p/BXoXGzwh4ak/media/?size=l

冠婚葬祭や子供の学校行事など、急なお呼ばれにも臨機応変に対応できるフォーマルスーツ。レディーススーツは、フォーマルシーンの場合、ボトムスがパンツではなくスカートのモデルが多く、その方がそういったシチュエーションにおいては使いやすいでしょう。

特に50代の方は男性も女性も、フォーマルな場所では不相応なスーツを着ることはあまりおすすめできないため、最低1着は持っておくべきスーツです。

リネン素材を用いた通気性の良い夏におすすめのサマースーツ

https://www.instagram.com/p/BwRpcBmnMfJ/media/?size=l

リネン素材を用いた、通気性の良い夏におすすめなサマースーツ。ストレッチの効いたモデルも多く出回っているため、レディーススーツ特有の堅苦しさもなく、楽に着こなせます。

スーツ自体はブラックやネイビーなどの濃い色味を選び、インナーに花柄などの、柄物シャツを合わせるコーディネートがおすすめ。真夏に着るレディーススーツの中で、最も50代の女性に相応しいスーツではないでしょうか。

ノーカラージャケットのスーツ

https://www.instagram.com/p/B4PRwyrJ08N/media/?size=l

ビジネスシーンでも近年、管理職やベテランの女性が、好んで利用しているノーカラージャケットのスーツ。ラペルが付いていないという時点で既にそこがアクセントになっているため、色味や柄といったその他のポイントは、グレーの無地などコンサバティブなデザインを選ぶことをおすすめします。

一昔前であれば50代の女性にはおすすめできないデザインでしたが、今であれば何の問題も違和感もないでしょう。

柄の入った生地のパンツスーツ

https://www.instagram.com/p/B3rM6nDJojj/media/?size=l

ウィンドーペーンやハウンドトゥース、グレンチェックなど、柄の入った生地のパンツスーツ。スーツと言えば、やはりレディーススーツでも柄物はたまに来てみたくなるものです。

50代の女性の場合、ベースの色は、濃紺やダークグレーなど、あまり明る過ぎない色味を選び、さりげなくチェックなどの柄が入っているというデザインがおすすめ。インナーやベルトを、相対的に明るくする合わせ方もおすすめです。

自分に合ったスーツをピシっと着こなしましょう!

https://www.instagram.com/p/Bv_mucEnvf-/media/?size=l

社会人になってからは、年齢問わず誰しも着る機会が訪れるスーツ。その頻度は人それぞれですが、ここ最近は、スーツを着て来ると不自然と思われるような場所も年々減ってきている傾向にあります。海外では以前から男性の場合、外に出掛ける時はスーツという人も、珍しくはありませんでした。日本国内でも、そういった影響が、少しずつ浸透していっているのでしょう。

そして、その意識を持つことは男性だけに限らず女性にもおすすめできます。仕事場や子供の学校行事はもちろん、デートや休日のお出掛けでも、レディーススーツで外に出ることは、今や数あるファッションの選択肢の中の一つにすぎません。20代や30代の方だけでなく、50代の女性にも同じことが言えます。

しかし、年齢がいくつになってもスーツを選ぶことは簡単ではありません。50代ともなると世間体もあり、さらに相応しい装いが求められるため、よりその難易度は高くなります。まずは、レディーススーツを選ぶ上で、同じ50代の知人や友人にもおすすめできるような、信頼できる店舗やブランドを把握しましょう。その中で、自分自身の趣向に合ったスーツを選ぶことが大切なのです。

いつ誰に会っても恥ずかしくない、自分に相応しい自信が持てるレディーススーツを見付けましょう!

 

関連記事