出産で退職する女性へ。心から喜ばれるおすすめプレゼント特集

スポンサーリンク

出産で退職する女性へのプレゼントの選び方

職場のみんなに見送られて退職した後は、出産準備に忙しくなったり、必要なものをあれこれ買い揃えて出費がかさんだりと、何かと大変になる妊婦さん。お返しの気遣いがいらない、相手の負担にならない物を贈るのがマナーとされています。

出産前退職のプレゼントと聞くとベビー用品を選んでしまいそうになりますが、赤ちゃんに対するものではなく、妊婦さん自身が使えるものや、妊婦さんの体を気遣うプレゼントを贈りましょう。かわいいベビー用品選びは、無事赤ちゃんが産まれた後の出産祝いにとっておきましょうね。

また、妊婦さんはとてもデリケートです。香りのきつい物や、赤ちゃんに影響の恐れがある飲食物等はしっかりリサーチして避けるようにして下さい。

出産で退職する女性へのプレゼントの平均予算

今まで職場でお世話になった感謝の気持ちと、妊娠おめでとう、退職後はゆっくり出産準備に入ってね、という気持ちを込めたプレゼント。あまりに高価なプレゼントは、かえって妊婦さんの負担になり気を遣わせてしまいます。

お返しはどうしよう…なんて余計な心配事を増やさないためにも、平均相場内である3000円~5000円程のプレゼントを選ぶのが一般的です。出産前の女性は何かと気苦労が多いので、退職時は気持ちよく送り出したいですね。

出産で退職する女性へのNGプレゼントは?

妊婦中の女性はお腹の赤ちゃんの成長につれて、どんどん体が変化していきます。あまり摂取しない方が良いものや、使用しない方が良いものがあります。

退職祝いに貰っても困るものをプレゼントするのは避けたいですね。ここでは出産前の女性に向けて贈るのはあまり良くないとされているものをご紹介していきます。

出産で退職する女性へのNGプレゼント①赤ちゃん用品

出産は絶対的に安全という保証がないため、赤ちゃん用品を贈ることはタブーとされています。中には「元気な赤ちゃんを産まなきゃ♪」と前向きに捉えてくれる方もいますが、反対に「無事に出産できなかったら…」というプレッシャーを与えてしまう場合もあります。

出産前は、気持ち的にも身体的にも不安定になりやすい時期です。万が一不幸があった際に、使うことのなくなってしまった赤ちゃん用品を見るのが辛いといったケースもあります。

赤ちゃん用品を贈るのは退職祝いではなく、無事赤ちゃんが産まれた後の出産祝いにしましょう。

出産で退職する女性へのNGプレゼント②カフェイン

カフェインを一切摂取してはいけないという事ではありませんが、過剰摂取は母子共に体に悪影響を及ぼす可能性が高まります。

と言うのも、妊娠中はカフェインを体内で分解する力が低下してしまい、排出に時間がかかると言われています。体内に滞る分だけ、赤ちゃんにも負担になってしまうのです。

また、カフェインには中枢神経を刺激し興奮・緊張させる作用があり、血管が収縮されることでお腹が張り、早産や流産のリスクを高めてしまうと言われています。妊娠前にコーヒーや紅茶を好んで飲んでいた印象があるのなら、制限されている可能性もありますので、カフェインが入っているものは避けるのが無難です。

ノンカフェイン・カフェイン・デカフェの違いは?

「ノンカフェイン」とは、一切カフェインが入っていないものの事です。カフェインゼロと言われる事もありますね。

ここで間違いやすいのが、「カフェインレス」です。こちらはローカフェイン、つまりカフェイン量が少ないものの事です。

更に「デカフェ」とは、そもそもカフェインが入っている物からできる限りカフェインを取り除いたものの事で、「カフェインレス」と「デカフェ」は微量ながらカフェインが入っている、という事になります。

今回は出産前の女性に贈るプレゼントですので、「ノンカフェイン」のものを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました