初婚女性は注意!バツがある再婚男性と結婚する時に知っておきたいこと

結婚はとても素敵で幸せなものです。しかし、あなたが初婚女性で相手はバツ有りの再婚男性だった場合には少し注意が必要です。全員ではありませんが、離婚歴がある男性は正確に少し問題があったり、子どもがいたりしてトラブルが起こりやすかったりするのも事実。そこで今回は、初婚女性が再婚男性と結婚する際に知っておきたいことについて詳しくご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

何かと問題が起こりがちな「初婚女性と再婚男性の結婚」

https://pixabay.com/ja/

恋愛期間中には、恋は盲目、相手の結婚歴なんて全然気にならない!という人も多いでしょう。でも、いざ結婚となると、自分が初婚なのに相手が再婚だったら、家族も友達もあまり祝福してくれなくて、微妙な雰囲気。相手が再婚男性だということが急に気になになり始めて仕方がない!なんてことも。

初婚女性と再婚男性との間に起きる問題は、相手に子供がいてもいなくても、元妻との関係や、「離婚歴があるということは一度結婚生活に失敗した男性である」という事実など、初婚女性にとっては気になることばかり。

ましてや子供がいる場合、元家族との関わりはますます複雑になってきます。初婚の女性にとっては苦労を感じることも多いでしょう。子供を引き取って育てていれば、結婚と同時に「他人の子供」と同居して母親役を務めなければいけません。子供と同居しなくても、養育費が家計を圧迫したり、「自分には元妻との間に子供がいるから、君とはいらない」などと言い出したりする男性も!

このように初婚女性と再婚男性との結婚には、何かと問題が起こりがちなものです。再婚男性との結婚の際には、ある程度の「覚悟と話し合い」が必要となってくるでしょう。

初婚女性が再婚男性と結婚するメリット・デメリットとは?

結婚となると、好きという気持ちだけではやっていけないのが現実ですよね。結婚前に、条件面でのメリットデメリットをよくよく考えてみることは重要!

では、初婚女性と再婚男性が結婚するメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?初婚女性が再婚男性と結婚するメリット・デメリットとご紹介していきます。

小見出し①初婚女性が再婚男性と結婚するメリット

https://pixabay.com/ja/

結婚歴のある男性は、一度も結婚歴のない同世代の男性に比べ「一度結婚できた」という実績があります。そのため、女性慣れしていることが多く、結婚までのお付き合いや、女性の扱いには経験があるため慣れていて、スムーズな交際が望めるでしょう。

結婚生活においても、前の離婚の原因を自分なりに反省していれば、同じ失敗はしないように気を配ってくれるはずです。離婚歴があり再婚を希望する男性の多くは、これ以上「バツ」が増えないよう、次の結婚は上手くやろう、と改善点があれば改善していることが多いものです。

さらに婚活市場では、結婚歴のある男性は、初婚の男性に比べて競争率が低い傾向にあります。競争率の高い初婚男性を狙うより、結婚歴かあるというだけで競争率が低くなっている再婚男性は、狙い目と言えますよ。

小見出し② 初婚女性が再婚男性と結婚するデメリット

https://pixabay.com/ja/

自分は初婚だけど、相手が再婚でも全然気にならない!むしろ、経験豊富で頼もしく感じてしまうと!いう人も中にはいるかも知れません。ですが、初婚女性が再婚男性と結婚するには、デメリットも数多くありますよ。

まず、初婚女性が再婚男性との結婚を望んだ場合、周囲の人は反対することがほとんど。親や友人からは「離婚したのは彼に問題があったからかも・・・」などと言われてしまうのは覚悟しましょう。

また離婚歴のある男性は、子供の養育費や元家族と購入した家のローンなどで貯金を使い果たしていることもあり、経済的に余裕がない人も多いのです。彼の年収が人並み以上だったら問題ないですが、年齢相応の経済力を持たない人が多いのも事実。

さらに、再婚男性と結婚すれば必ずでてくる問題は、元家族との関係です。「前の奥さんと比べられているかも?」と気になってしまったり、子供がいる場合は定期的に面会したりもすることもあるはずですよ。

初婚女性が再婚男性と結婚する際の注意点

恋愛と違って結婚となると、周囲との兼ね合いや条件面が大事なのも事実。ただ単に「好き」という気持ちだけでは結婚はできません。「愛があれば・・・」なんて、きれいごとでは済まされない問題が次々とでできてしまう、そんな初婚女性と再婚男性との結婚の際に注意した方がいいことを3つご紹介していきます。

その①過去を反省して謙虚な気持ちでいるかどうかを見極める

https://pixabay.com/ja/

離婚歴があるのに過去の失敗から学ばず、全く自分を変えようとしないタイプの人は、結婚してもまた上手くいかず、同じ失敗を繰り返すことになりかねません。

再婚男性の中には「自分は一度結婚できたのだから、初婚の君から見たら自分は人生の先輩だ。人生経験豊富な自分は偉い」と勘違いしている人さえいます。そんな男性と結婚すれば、また離婚することになるのは目に見えています。男性同様に女性も、バツがついてからの婚活は、初婚の人にくらべて難度が高くなり、苦労することになりかねません。

その② 離婚の理由をリサーチする

https://pixabay.com/ja/

初婚の女性が再婚男性と結婚する場合、離婚の理由を聞くのは勇気がいるかも知れません。勇気を出して離婚の原因を聞き出したとしても、離婚の原因が彼の人間性にあった場合、本当のことは言ってくれない可能性が大きいでしょう。

「僕は浮気性で妻以外に女性がいないと生きていけなタイプなんだ。君と結婚しても、いずれ浮気をして君のことは家政婦みたいに思ってしまうことは間違いないよ」「離婚の理由は僕の暴力だよ。DV癖は治らないから。いずれ君にも暴力をふるうと思うけど我慢してくれるかい?」などと正直に話す男性はいないでしょう。

離婚の理由に不自然な点があっり、彼の人柄に何かしら不安を感じる部分があったら、周囲の人にリサーチして離婚原因を明らかにすることをおすすめします。

その➂元家族との関係を確認する

https://pixabay.com/ja/

たとえ再婚男性と結婚したとしても、彼に子供がいなければ、ごく普通の結婚生活が送れる可能性は高いでしょう。ですが、子供がいた場合は、元家族との関係を十分確認しておく必要がありますよ。子供を引き取ったのが元妻だったとしても、定期的に彼が子供と面会し、元妻も一緒に会うことが離婚の条件になっているケースだってあります。

また、彼が元妻と、子供のことで頻繁に連絡を取り合っている場合も!さらに彼が子供を引き取って育てている場合は、結婚と同時に「他人の子を育てる」覚悟も必要になってきますよ。

あらかじめ元家族との関係を確認し、我慢できる範囲かどうかをよくよく考えてみる必要があるでしょう。

その➃経済力を期待しない

https://pixabay.com/ja/

再婚男性といっても人それぞれですから、彼が大富豪だという場合は問題ないでしょう。ですが、ごく普通に生活している一般人の場合、再婚男性は経済力を期待できないことも多いですよ。

子供の養育費の支払いは、家計を圧迫するでしょう。子供がいなくても、離婚原因が彼にあったとしたら慰謝料の支払いが生じていることも!また、結婚式や結納・ハネムーンや新居にかかった費用などで、貯金を使い果たしてしまった可能性もあるでしょう。

その⑤周囲の人は応援してくれないことを覚悟する

https://pixabay.com/ja/

交際中は「相手の離婚歴なんて全然気にならない!」と思っていたとしても、いざ結婚となると、周囲の人との関係は重要!

男性も女性も、離婚したり、再婚したりする人は増えているのも事実です。でも、やはり、初婚女性が再婚男性と結婚すれば「条件面で妥協した」と思われてしまいがちですよね。そんな周囲の目を気にしないで済むだけの何かが彼にありますか?今一度再婚男性と結婚する前に自分に問いかけてみてくださいね。

初婚女性が再婚男性との結婚生活を送る上で大切なこと

その①過去を気にせず大らかな気持ちを持つ

https://pixabay.com/ja/

大らかな気持ちでいることは、再婚男性との結婚生活を送る上で大切ですよ。たとえば彼がいつも休日に美味しいコーヒーを淹れてくれたとします。そんな時「前の奥さんにも淹れてあげてたのかしら・・・」といちいち気にしたり。作った料理を「もっと薄味にしてほしい」と言われれば「前の奥さんは薄味だったのかしら・・・」といちいち落ちんだり。

そんなことになったら、楽しいはずの結婚生活も上手くいかなくなってしまいます。誰にだって過去の恋愛の一つや二つはあるもの。過去のことは気にせず、大らかな気持ちでスルーしてあげましょう。

その②自分の価値観を大切にする

結婚したら、自分の結婚相手を友達に見せて思いっきり自慢したい!なんて思っていませんか?でも、初婚の女性と再婚男性の結婚は何かと周囲に反対されてしまいがち。彼を周囲に自慢する機会は、残念ながらあまりないかもしれません。

結婚生活は、周囲のからどう思われるかではなく、本人が幸せを感じられるかどうかが大切ですよ。周囲の目を気にするのはや、自分の価値観を大切にしましょう。

その➂元家族と良い関係を作る

https://pixabay.com/ja/

もしも、彼と元妻との子供を引き取って育てているという人は、子供のことを「厄介者」のように感じてしまうこともあるかも知れません。反抗期の子供は時として憎たらしいこともありますよね。他人の産んだ子を育てるのは想像以上に大変。

でも、何十年も経ってみれば、「家族」として仲良くやっていけることだってあるはずです。今は少子化で不妊治療をしても子供が授かれない人だってたくさんいます。長い目で見れば、彼の血を引いた子供があなたの老後の面倒を見てくれる可能性もあるのです。たとえ今は憎たらしい子供でも、良い関係作る努力をしましょう。

また、彼が自分の子供を引き取ってなくても、定期的に面会したり、元家族と連絡を取り合うことは、彼が父親としての義務を果たすため必要なのことだと理解しましょう。人として、自分の子供を冷たく切り捨てるよりも、立派だと思いませんか。元家族とはなるべく良い関係を保つよう努力してみてくださいね。

後悔しない結婚のため、よく考えましょう

https://pixabay.com/ja/

初婚女性が再婚男性と結婚するには何かと苦労が伴うことが分かってきたのではないでしょうか。結婚後は人生の大半を共に過ごしていくことになる相手のことです。さまざまな困難があることを知った上で「この男性しかいない!」と思える人に出会えたならば、それはとても幸せなこと!

ですが、この記事を読んで、「再婚男性との結婚が不安になってきた」という人は、改めて彼と話し合い、結婚生活の「条件」を確認し合ったうえで、よく考えてから決断してくださいね!

 

関連記事