【夢占い】夢の中に猿が出てきたときの暗示・意味とは?

スポンサーリンク

夢占いにおける「猿」の基本的な意味

動物園などでしか見かけることのない猿ですが、夢の中に出て来たら一体どのような意味があるのでしょうか。夢占いにおいて猿と言うのは、「幼稚性」や人間の持つ「愚かさ」「滑稽さ」を象徴しています。また、「ずるさ」や「模倣」もあらわしています。しかし、「賢さ」や「知恵」などをあらわすこともあるので、状況やシチュエーションによっては意味が違ってきそうですね。

猿には種類があるので、色によっても夢の持つ意味が異なってきます。一見、あまり良い意味が無いように思われそうな猿の夢ですが、何らかのメッセージをあなたに届けてくれていると考えて一緒に夢占いを見ていきましょう。

猿の夢を見るときの心理傾向

人はどのような時に猿の夢を見るのでしょうか。動物園に行ってもいないし、テレビで猿を見てもいない。それなのに夢の中に突然猿が出て来たら、ちょっとびっくりしてしまうのではないでしょうか。ここでは、猿の夢を見る時の心理的傾向をお話ししましょう。

猿の夢には、「あなた自身」のことや「現在の人間関係」が映し出されるものと夢占いでは考えられています。現実の世界であなたが誰かに利用されたり、争い事などのトラブルに巻き込まれそうなことを暗示している場合もあります。

このようなことから、猿の夢を見る時の心理的傾向として、あなたが現実社会で何らかのトラブルに巻き込まれそうなとき、またはその渦中の時などに見る夢だと考えられます。また、自分自身を見直した方が良い時期である可能性もあるので、猿の夢を見た時には夢占いの意味や暗示を、今後の人生を良い方向へと導くメッセージと捉えましょう。

【状況・シチュエーション別】猿の夢占いの意味

猿の夢占いの意味を状況・シチュエーション別にご紹介します!

動物園で猿を見ている夢

猿がたくさん集まっている場所であなたが猿を見ている夢です。放し飼いの猿が多く住んでいる山などもありますが、一般的には動物園で猿を見る場合が多いですよね。あなたが動物園などで猿を見ている夢の場合、夢占いにおいては「あなたの身近でトラブルが起きている」ことを意味しています。家庭内、職場、学校などあなたが心当たりのある場所を考えてみましょう。思い当ることはありませんか?もし、猿たちが争っている夢なら、あなた自身がつまらない争いに関わっていることをあらわしています。自分自身これからどうすれば一番良いのか考えてみる必要があるでしょう。

猿が近寄ってくる夢

猿がなれなれしく近寄ってきたり、媚を売っているような夢を見た場合、夢占いにおいて「警告夢」となるので気をつけましょう。何だか人間の行動と似ているので分かりやすい夢ですが、身近にいる人をあまり信用し過ぎてはいけないことを意味しています。友好的な態度の裏に、噓や企みが隠されている可能性があります。あまり考えすぎてしまうのも良くありませんが、人の本質を見抜いてトラブルに巻き込まれない為にも、夢の意味をしっかりと受け止めてあなたの周囲の人間関係をもう一度見直してみましょう。

誰かが猿になる夢

誰かが猿になったり、猿が誰かの顔になっている夢を見た場合、夢占いにおいて、あなたがその人に対して警戒心を持っていることをあらわしています。猿の顔が誰かに変わる事なんてありえませんが、夢の世界ではなんでも実現してしまいます。夢の中に猿と警戒心を抱いている相手の顔が出てくるのですから、これは良くない夢と捉えがちですが、警戒心を持ちすぎていることを意味している場合もあります。その人物に対して、なぜ警戒してしまうのか、このままこのような関係で良いのかを改めて考えてみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました