【夢占い】夢の中に流星群が出てきたときの暗示・意味とは?

スポンサーリンク

夢占いにおける「流星群」の基本的な意味

流星群を見つけたら、星が流れ落ちる前に願い事を3回唱える…なんて子供の頃にやっていた方が多いのではないでしょうか。そのような流星群の夢にはどのような意味があるのでしょう。夢占いにおいて、流星群というのは吉夢と警告夢の両方の意味があります。吉夢の方は運気上昇、夢や目標を叶えられることを暗示していますが、警告夢の方になると、トラブルなどが起こる可能性があり、運気の低迷を暗示しているのです。

星の夢というのは、人間の運命のシンボルと言われていて、進路や理想を意味します。また、人格や霊的なものの象徴でもあるのです。一般的に、流星群の夢には激変の暗示があると言われています。

しかし、夢占いの解釈にはさまざまなものがあるので、流星群の様子や状況、シチュエーションによってその意味には違いが出てきます。また、あなたの性格や周囲との人間関係などと照らし合わせながら流星群の夢占いを解釈していきましょう。

流星群の夢を見るときの心理傾向

現実でも見ることが難しい流星群の夢。そのような夢を見るのはどのような時なのでしょうか。

  1. エネルギーにあふれている心理状態の時
    毎日を慌ただしく過ごしている、多忙でゆっくりする暇が無い、また願い事が多い時などに見ることが多い夢と言えるでしょう。
  2. エネルギーが低下している心理状態の時
    トラブルなどに巻き込まれそうになっている時や、物事があまりうまくいっていない時に見る夢でもあります。

流星群の夢を見る時の傾向として、多忙な日々を過ごしている時、欲望や願望が多い時、また、不安や悩みを抱えている時などがあげられます。もし、流星群の夢を見たら、今の自分自身を見つめ直してみると良いでしょう。

【状況・シチュエーション別】流星群の夢占いの意味

ここからは、流星群にまつわる夢を紹介していきます。どのような状況だったのか、誰と一緒だったのかによっても夢占いの解釈が違ってきます。また、隕石や惑星などの夢も一緒に解釈していきますので、あなたの見た流星群や星の夢と照らし合わせながら見ていきましょう。

流星群を見る夢

流星群を見るだけの夢は、運気の低迷をあらわしています。何か良い事が起こるのでは?と期待してしまいそうな夢ですが、夢占いにおいては警告夢です。しかし、ピンチをチャンスに変えられるのが夢占いからのメッセージです。現実でのあなたの言動や人間関係を思い返して、改善していくことを目指しましょう。もし、恋人などと一緒に流星群を見る夢なら、夢占いでは二人の親密度が深くなることを意味しています。誰と一緒に流星群を見たのかによっても占いの意味が違ってくるので、目覚めた後も覚えておくと良いですよ。

たくさんの流星群を見る夢

流星群を見られることは、そうそうあるものではないですよね。しかし、そんな流星群がたくさん夢の中に出て来たら、夢占いではあなたの生活環境に大きな変化が訪れることを暗示しています。良い変化なら嬉しいのですが、この夢は警告夢となります。あなたが望まないような変化が起きる可能性があるので注意が必要です。

しかし、夢占いというのは良くない意味だとしても前向きにとらえることが大切です。警告夢の場合は、現実での出来事などを思い返して、どんなことに注意が必要かを予め予想することが出来るのです。あなたの行動や努力次第で、運気を上げていくことが出来ますよ。

赤い流星群を見る夢

星が赤く輝いている夢というのは、夢占いでは情熱の高まりを暗示しています。新しい恋が始まるなど、恋愛関係においての変化を意味しています。もし、恋人と一緒にこのような流星群を見たのなら、二人の関係に何かしらの変化が訪れることをあらわしています。相手に対して不満を持っている場合は、別れ話の可能性も。マンネリ化した関係に終わりが近づいているのかも知れません。誰と一緒に赤い流星群を見たのか、その時の印象なども覚えておくと夢占いを解釈しやすいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました