のんびり周りたい♪国内旅行でおすすめな観光スポット特集

パスポートの準備や英語が喋れる必要もなく、気軽に行くことが出来る国内旅行。のんびりと周れてとても魅力的ですよね♪海外ほどではありませんが、日本は思っている以上に広く、観光スポットもたくさんあります。そこで今回は、国内旅行を計画している方におすすめしたい国内のおすすめ観光スポットをご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

気張らず、のんびり気楽に回れる国内旅行

国内旅行は、思いついたらさっと行ける気楽さがいいですね。疲れがたまってきたからリフレッシュしたい、気分展開したいと思ったらすぐ出発できます。

今度の休みに旅行したい時は、ネット検索で希望の条件に合う所をさっとみつけられますね。何をこだわりポイントにするか考えればいいのです。おいしいものを食べたいのか、その土地にしかない物が見たいのかが決まれば、旅行の計画は簡単に立てられます。

日本国内には一度は訪れたいスポットがたくさんあります。北海道から沖縄まで、それぞれの個性があるのもいいところです。その土地ならではの物が購入できる道の駅は人気があります。いろいろ楽しい工夫がされていて、なかなか予約が取れない観光列車に乗ってみたいですね。テーマパークも充実しています。

家族旅行や、友人との旅行もいいけれど、たまには一人旅もいいものですよ。一度行くと、一人旅にはまってしまうかもしれません。

国内旅行のメリットとは?

国内旅行のメリットは、旅行費用の幅が広いことです。お財布事情に合わせて、リーズナブルな旅行からゴージャスな旅まで自由に設定できます。

旅行の情報を上手にキャッチできれば、驚くほどお得な旅ができます。ここ数年話題になっているのが、地方自治体が助成金をだしてくれる旅行です。自分でプランをたてるより、お手軽な料金で旅行が楽しめます。

他にも、旅行会社で○○周年旅行を企画している時があります。また旅館やホテルが、特別価格でオープニングのキャンペーンをしていることもあるのです。

移動手段の乗り物も、海外旅行ではなかなか割引にならない飛行機の早割、JRなどの周遊券が利用できます。

二つ目のメリットは、海外旅行と違って行きたい場所の情報をたやすく調べられることです。ガイドブックを買うもよし、女性誌などの○○特集を見るもよし、ネットで検索するもよし、予備知識を豊富に持つことができます。

国内旅行でおすすめな観光スポット特集

東京近郊で気軽に旅行できる観光スポットを5つ紹介します。静岡県から伊東温泉、栃木県から元気あっぷ村。千葉県からドイツ村、群馬県から草津温泉、神奈川から箱根を選んでみました。

温泉、景色、おいしい物が食べられる事が、選択のポイントです。電車で行ける所、車が必要な所があります。ぜひ、出かけてみて下さい。

伊東温泉


https://www.instagram.com/p/BqJqoRCjtUZ/media/?size=l

伊東温泉は特急踊り子号に乗ると、東京から約1時間40分で着きます。ノスタルジックな街並みは日ごろの疲れを癒してくれるでしょう。

歩いて2時間位でおもなスポットが回れます。伊東で最も古い民家が利用されている木下杢太郎記念館が、最初の見学スポットです。

次に向うのは、夏場は海水浴で賑わう伊東オレンジビーチ。水の澄んでいる浜辺から、シロギスやトビウオが泳いでいる姿を見ることができます。ビーチに隣接しているなぎさ公園には、伊東市ゆかりの彫刻家・重岡建治氏の数々の作品が建っています。公園から房総半島や舞鶴岬などが一望でき、ゆったりした時間が過ごせますよ。

公園を出て松川沿いの約1キロの遊歩道を歩いていくと、東海館が見えてきます。東海館は、昭和初期には3階建ての温泉旅館でした。風情のある建物は、現在伊東市の観光施設になっています。見学可なので、職人さんたちの技が光る飾り窓などを見てみましょう。土日と祝日には、入浴もできますよ。


国内にもまだまだ観光スポットがたくさん!

栃木 元気あっぷ村


https://www.instagram.com/p/BhBpewzBZk1/media/?size=l

栃木県には、いい温泉がいくつもあります。その中から、元気アップ村を紹介します。村の名前の通り、元気になれる観光スポットです。

元気あっぷ村は、春には桜や藤の花が美しく咲き心を和ませてくれます。弱アルカリ性の天然温泉があり、関節痛や五十肩に効果があると言われています。

温泉だけでなく、豆腐作りやブルーベリー摘みも体験できるんです。夏祭りや新米祭りのイベントも開催されています。

コテージで宿泊でき、自炊ができます。作るのはいやと思う人には、中華レストランや近辺で採れた野菜を使ったスローフードが食べられる和食レストランが利用できます。高見沢ジェラートもおいしいと評判ですよ。

元気村で心も体も元気いっぱいになるに違いありません。

東京ドイツ村


https://www.instagram.com/p/BqH3icPn-V1/media/?size=l

ドイツ村は、家族や友人と出かけて1日遊べるおもしろいテーマパークです。子供にかえって思いっきり楽しみましょう。

アーチェリーにパターゴルフとアトラクションが豊富です。氷を使用しないスケートリンクや芝そりゲレンデもありますよ。おもしろ自転車コーナーに釣り堀と迷ってしまうので、最初に観覧車に乗ってどこに行こうか考えるのもいいかもしれませんね。

疲れたら体験コーナーへ。万華鏡やレザークラフト、スノードームなど作ってみたかったあれこれが作れます。開催日がそれぞれ違うので、作りたいものが決まっている人は事前のチェックが必要です。

どの季節に行っても色とりどりの花が迎えてくれます。中でも秋にローズピンクに紅葉する円錐型のコキアは、見事です。春にはたけのこ、秋にはサツマイモが採れ、ミカン狩りもできますよ。

ランチは、喫茶コーナーでドイツビール片手にピザを食べたり、レストランで牛タンシチューやオムライスを食べたりできます。バーベキューコーナーも用意されています。

国内旅行に必要な平均予算はどれくらい?

草津温泉


https://www.instagram.com/p/BqH2jrsH52B/media/?size=l

「草津良いとこ一度はおいで」などと歌われた草津は、味わいのある昔ながらの温泉のある観光スポットです。

草津の観光スポットとして人気があるのは湯畑です。ごぽごぽと毎分4000リットルの温泉が湧きあがっている風景は、見ごたえがあります。大分の別府温泉の地獄めぐりを思い浮かべる人もいるかもしれません。

湯畑周辺は遊歩道になっていて、夜はライトアップされます。24時間利用できる無料の足場「湯けむり亭」が近くにあるので、足をしたしてみましょう。

飲食店やおみやげ店が建ち並ぶ西の河原通りを歩いていると、忙しい日常を忘れてしまうかもしれません。射的ができる「射的本舗まんだら堂」にもぜひ立ち寄りたいですね。

箱根 宮ノ下あたり


https://www.instagram.com/p/Bg1JwRplv_Q/media/?size=l

箱根は、東京にほど近い観光スポットです。急に旅行に行きたくなったら、最も行きやすい所かもしれません。今回は、宮ノ下辺りを案内します。

箱根登山鉄道の宮ノ下駅に降りたら、街のガイドが載っている看板を見てください。セピア通りに出てスタート。宮ノ下のシンボルである「富士屋旅館」までのんびりお散歩を楽しみましょう。

しゃれた感じの喫茶店、創業は明治の鉱泉煎餅のお店。人気のシチューパンのお店もあります。入ってみたい飲食店が揃っています。

ヘレンケラーやチャップリンも泊ったことのある歴史ある富士屋ホテルには、ぜひ入ってみて下さい。重厚な佇まいのホテルでティータイムを楽しんでみたらいかがでしょう。

時間に余裕があるなら、バスに乗って箱根ガラスの森美術館に行ってみましょう。庭園を散策するのも楽しいものです。イベントもいろいろ開催されています。ミニコンサートが開かれている時もありますよ。

関連記事