【ヨガ初級者だけでなく上級者も!】ヨガの個人レッスンの相場やメリットまとめ

ヨガを習いたいけれど、スクールやスタジオは時間が合わなかったり、大人数でのレッスンは苦手で気が進まない…そんな方もいるかと思います。そんな方におすすめなのがヨガの個人レッスンです。個人レッスンであれば、時間や人の目を気にせずヨガのレッスンを受けることができますよ。とは言え、個人レッスンと聞くと料金や内容が気になってしまいますよね。そこで今回は、ヨガの個人レッスンについて詳しくご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

ヨガを習うなら「個人レッスン」という方法もある」

https://pixabay.com/ja/

ヨガを習いたいけれど、スタジオやスクールは時間が合わなかったり、大人数で苦手で気が進まないという方もいるでしょう。初めてヨガを始める方は、特に時間や人の目が気に合って恥ずかしいという気持ちもあるようです。

それらを気にせずヨガを習うことができるのが、個人レッスンです。料金の相場や内容、時間など気になってしまいますよね。そこで、ヨガの個人レッスンについてご紹介します。

最近は、スポーツジムでもパーソナルレッスンが流行っていますよね。個人個人に合わせて、プログラムを組んでくれて、無理せずにダイエットや身体を鍛えることができると好評です。

ヨガの個人レッスンも同様です。

ヨガのパーソナルトレーナーの資格を持ったスタッフが、一人一人の体の現状を把握して、その人にピッタリなヨガのポーズを教えてくれるので、マンツーマンでヨガを習得できます。

ヨガを個人の自宅でレッスンをしていることもありますし、大人数でのグループヨガレッスンの他、個人レッスンを開催しているスタジオもあります。

ヨガの個人レッスンのメリット・デメリット

では、ヨガの個人レッスンは、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリット・デメリットを理解した上で個人レッスンを探しましょう。

メリット

https://pixabay.com/ja/

まず、メリットは、なんといっても周りの目を気にせずに気兼ねなくレッスンが受けられるということです。

ヨガのウエアはフィットするものが多く、体型に自信がない方や身体が硬いので、ヨガのポーズが上手くできずに周りについていけない、恥ずかしいという方は、1対1のレッスンであれば、対策ができます。

周りと比べてしまう心配もいりません。

2つ目のメリットは、基礎からしっかりと教わることができること。グループレッスンだと、流れでポーズをとっているだけで、よく分からなくでも質問する機会がなかったりします。

ヨガは呼吸法が大事ですが、なかなか自分ではマスターしたいもの。個人レッスンであれば、呼吸法や基礎からしっかりと教えてもらえるので、物足りないということもありません。

3つ目は、効果を出したい部分や痩せたい部分を伝えることで、効果のあるポーズを教えてもらえることです。姿勢を正したい、O脚を治したいなど悩みは人それぞれです。

グループレッスンだと、どこに効果があらわれるのか、自分に合っているポーズなのかを判断することが難しくなっています。

その人に合ったレッスンスケジュールとプログラムを組んでもらえるのも個人レッスンのメリットです。

デメリット

https://pixabay.com/ja/

ヨガ個人レッスンのデメリットは、グループレッスンよりも相場の料金が高くなってしまうことです。

大人数でインストラクター1人の場合とは違い、1人のインストラクターの時間を独占しますし、サービスの内容も異なるためです。地域のよって料金相場は異なりますが、1回あたり3000円近く高くなることもあります。

安くヨガを楽しみたいという方には、デメリットに感じてしまうかもしれません。

2つ目は、キャンセルをすると迷惑がかかること。個人レッスンは、1人のために時間をとっているため、予約のキャンセルNGの教室もあります。そのため、突然レッスンにいけなくなった場合、キャンセルしても全額レッスン料金がかることも。

今日ヨガに行きたいと思ってもなかなか予約がとれないことと、確実にヨガに通える日を指定して予約する必要があることもデメリットでしょう。

3つ目は、他の生徒との交流が見込めないということ。グループレッスンでは、他の生徒と同士の交流が持てることもメリットのひとつとなっています。しかし、個人レッスンは、マンツーマンレッスンなのでヨガを通して新しい交友関係を築くことは難しくなります。

https://pixabay.com/ja/

もちろん、インストラクターとの信頼関係は築くことはできますが、人間関係を広めたい人にはデメリットに感じてしまうでしょう。

個人レッスンは自分との戦いなので、他の生徒さんを見て、「自分もここまで上手になりたい!」という気持ちも持つことはできません。

関連記事