気になる年齢肌を改善!50代女性が使うべき美容液はこれ!

スポンサーリンク

50代の年齢肌には美容液が効果的

年齢を重ねるにつれて、若い頃には感じなかったさまざまな肌トラブルに頭を悩まされている方も多いのではないでしょうか。

50代になると、ホルモンバランスの変化や長年受けてきた紫外線の影響、更年期の影響を受け始めることにより、肌のトラブルを引き起こしやすくなってしまっています。

そんな50代のお肌にうるおいを与えてくれる美容液は、50代女性の強い味方と言えます。なかなか簡単には解決しない年齢肌のトラブルも、毎日のケアをするかしないかで、お肌の状態に大きな差が出てきます。

自分のお肌に合わせた美容液を選んで、いきいきとしたお肌を取り戻しましょう!

50代からの美容液の選び方は?

さて、50代女性にふさわしい美容液の選び方ですが、まずはあらためて、ご自身のお肌と向き合ってみてください。

ご自身の肌質やお肌の状態、シワやシミ、くすみやたるみなどの改善したい肌トラブルに特化した美容成分が配合されている美容液を選ぶことによって、より効果的なエイジングケアが期待できますよ。

年齢と共にお肌の水分量は不足していきます。うるおい不足によるひどい乾燥に悩まされている方は、保湿力の高い美容液を選ぶのがおすすめです。乾燥は肌の老化を促進させるだけでなく、シワやシミの原因になってしまいます。つまりお肌の保湿をしっかりとすることで、さまざまな肌トラブルの改善に繋がるのです。

保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンやグリセリンが配合されている美容液で、お肌にうるおいを与えましょう。

年齢を重ねるにつれて乾燥肌になったという方も多いのではないでしょうか。年齢と共に肌質は変化していくため、50代のお肌はとても敏感になっています。そのため、お肌にやさしい刺激の少ない成分の美容液を選ぶのが望ましいです。エタノールが多く入ったものは刺激を感じる場合があるので注意しましょう。

肌への負担が少ない無着色・無香料のものがおすすめです。購入の際は、成分表をよくチェックしてくださいね。

正しい美容液の塗り方・使い方は?

せっかくの美容液も、正しい使い方や塗り方を知らずにいると効果が半減してしまう可能性があります。より高い効果が期待できるよう、正しい知識を持って使用したいですね。詳しく見ていきましょう。

正しい美容液の使い方

美容液を使用する順番は「化粧水の後」もしくは「乳液の前」と覚えておきましょう。しっかりとお肌を洗い上げる→化粧水→「美容液」→乳液or保湿クリームの順番が基本です。

浸透しやすい水溶性の割合の多いものから使用していくことで、それぞれの基礎化粧品がきちんと役割を果たし、その結果浸透率と保湿力がグンとアップするという仕組みです。他の基礎化粧品の邪魔をせず、それぞれがチカラを発揮できる順番ということですね。

また、一般的な美容液の他に、洗顔後いちばん初め、つまり化粧水の前につけることで次に使うスキンケアアイテムの浸透力を上げる「導入美容液」というものがあります。「ブースター」とも言われていて、「高める」「押し上げる」などの意味合いがあります。

スキンケアのいちばん初めに導入美容液を使用することで、ゴワついたお肌がやわらかくなり、いつものスキンケアの浸透力が格段にアップします。

このように、美容液によって効果的な使い方の順番が異なる場合があります。記載されている使用方法をよく読んで使用してくださいね。

継続はチカラなり

美容液はイベントやデートなどの特別な日だけに焦って使用するのでなく、毎日継続して使い続けることで効果を発揮します。50代のお肌のターンオーバー、つまりお肌の生まれ変わりには、ある程度の時間を必要とします。傷の治りが遅かったりシミができたりするのも、ターンオーバーの遅さが関係しているんです。

なかなかお肌の状態が良くならない…とすぐに美容液を変えるのではなく、赤みやかゆみが発生しない限りは、辛抱強く1~3ヵ月継続して同じ美容液を使用してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました