【共感!】姑が嫌いでたまらない…そんな時に読みたいおすすめブログ特集

多くの既婚女性にとって、何かと厄介な存在である姑。姑のことを嫌いと感じつつも、なんとか付き合いを続けているという方も多いのではないでしょうか。世の中には同じような気持ちの女性も多く、中には姑との関係性やトラブルをブログに記している方も。そんな方のブログを読んで、「あるある!」と共感し、姑へのストレスを発散できるようにしましょう!

公開日:    最終更新日:

多くの女性にとって「姑」は厄介な存在…

https://www.photo-ac.com/

彼こそが私を守ってくれる存在、彼と一緒なら幸せな生活が送れる!

彼のお母さんもとても優しくて、世間で言う嫁姑問題なんて本当にあるのかしら?なんて呑気に構えていたあの頃の私を殴ってやりたい!

結婚前は「優しくて理解のあるお母さん」だったのに、いざ結婚してみたら嫌味の多いお義母さんになったり、「優しい」を通り過ぎてお節介なお義母さんになったりと「話が違う!」なんてよくある話です。

大好きな彼を産み育てた姑は、あなたの旦那様を大好きなオンナでもあるのです!

姑は、妻として母として、同じ女性としての先輩であるからこそ非情に厄介な存在です。厄介なだけなら、疎遠にしてしまえばいいのですがそうはいきません。旦那の母、子供の祖母、そんな切っても切れない関係があるからこそ、嫁姑問題は悩み、迷うのです。

妻として、母として、同じ女性として、この世で一番姑が嫌い!なんて人もいるでしょう。

姑嫌いな女性が書くブログを読んで、ストレス発散!

https://www.photo-ac.com/

姑は十人十色、お嫁さんも十人十色。

でも、姑嫌いなのは、あなただけではありません!

姑が苦手、嫌いと言った女性の愚痴は留まるところを知りません。

昔なら、同じ「嫁」の気持ちを分かってもらえる実家の母親や近所の奥様方、昔からの友人知人と愚痴大会なんてこともあったのでしょうが、今はそう簡単には行きませんよね。

実家が遠方のことも多いでしょうし、実母もあなたも働いていれば中々休みを合わせることも難しいでしょう。せっかくお休みを取ったのに、愚痴を聞いてもらうだけなんて申し訳ないし、なんて思ったら愚痴をこぼすことは出来ません。

また、リアルな友人・知人・近所のママ友ではどこから話が漏れるか不安で、愚痴もなかなかこぼせないと言ったこともあるでしょう。

しかし、人間、愚痴をため込むとストレスが溜まります。たまった愚痴は、発散してあげないと辛いですよね。

そんな時は、同じ姑嫌いの女性のブログを読んでみることがおすすめです。

姑からの嫌味に仕打ち、思わず頷きながら読み進めてしまうでしょう。

また、会わずに済む対応策、味方をしてくれない旦那の教育方法、と参考になる情報も満載なので行事の前には是非しっかりと拝読することをおすすめします。

姑嫌いなのは自分だけじゃない。

あなたよりももっと姑嫌いなお嫁さんもいるってわかるだけでも、明日楽しく生きられると思いませんか?

こっそり自分でブログを書いてみるのもあり!

https://pixabay.com/ja/

自分と同じ思いを持っている人の愚痴は、聞くだけでも充分ストレス発散になります。

でも、やっぱり自分の気持ちを吐き出すことって大切です。

姑からの、女性にしかわからない嫌味に辟易しながら義理実家で過ごして、後から旦那に愚痴ったら「考えすぎじゃない?」なんて言われるストレスは、吐き出さなくちゃ収まりません!

でも、リアルな世界で愚痴るのはおすすめできません。

だってなんだか幸せじゃないみたいだし、「うちなんてもっとひどいよ!」なんて不幸マウンティングをしてくる人もいれば、「そこはあなたが大人にならなくちゃ」なんて諭される事もあります。そんなこと言われたら、もっとストレスが溜まりますよね?

「愚痴を聞くなら、すっかり吐き出させてよ!」なんて叫びたくなるときもあるでしょう。

そんな時は、姑嫌いの思いの丈を文章にすることをおすすめします!他でもないあなたが、姑嫌いの日常をブログに綴ってみるのです。

身バレしないようにフェイクを入れる必要はありますが、ブログであれば思い切り最後まで愚痴ることも出来ます。姑嫌いなブログを書くうちに、嫌なことがあっても「これもネタになる」と姑との日々を楽しめるようになるかもしれません。

それに、姑嫌いなブログを読みに来る読者様には同じ気持ちの女性も少なくないでしょう。

共感できる仲間が今日も一緒に戦っていると思えれば、憂鬱な行事前も何とか乗り切る事が出来るでしょう!

姑が嫌い!そんな時に読みたいおすすめブログ特集

もう嫌!姑なんて嫌い!味方してくれない旦那も嫌い!そんな風に叫びたくなったときにこそ、おすすめしたいブログです。

日頃から読んでおくと「こんな風に返せたらいいなぁ」「こんな風に思ってみよう」なんて参考になること間違いなしです!

関連記事