【共感!】姑が嫌いでたまらない…そんな時に読みたいおすすめブログ特集

多くの既婚女性にとって、何かと厄介な存在である姑。姑のことを嫌いと感じつつも、なんとか付き合いを続けているという方も多いのではないでしょうか。世の中には同じような気持ちの女性も多く、中には姑との関係性やトラブルをブログに記している方も。そんな方のブログを読んで、「あるある!」と共感し、姑へのストレスを発散できるようにしましょう!

公開日:    最終更新日:

多くの女性にとって「姑」は厄介な存在…

https://www.photo-ac.com/

彼こそが私を守ってくれる存在、彼と一緒ならきっと幸せな生活が送れるはず!

彼のお母さんはとても優しくて、「世間で言われるような嫁姑問題なんて本当にあるのかしら?」なんて呑気に構えていたあの頃の私を殴ってやりたい!そんな風に思った女性は世の中には少なくないことでしょう。

結婚前は「優しくて理解のあるお母さん」だったはずなのに、いざ結婚してみたら嫌味の多いお義母さんに変貌してしまったり、そうかと思えば「優しい」を通り越し、やたらとお節介なお義母さんになってしまったりと「これじゃ話が違うじゃない!」なんてことは今でもよくある、またはよく聞く話でもありますよね。

考えてみれば大好きな彼を産み育てた女性は、あなたの旦那様になった人を大好きなオンナでもあったということです!

姑は妻として母として、また同じ女性として人生の先輩であるにも関わらず、厄介な存在に思えてしまうのはあなたの大事な旦那様のお母様という現実。厄介というだけなら、疎遠にしてしまえばいいと考えはするものの、そう簡単には割り切れません。旦那様の母であり、子供が生まれればその祖母となり、そんな切っても切れない関係だからこそ、嫁姑問題の悩みは尽きることなく、また迷うケースも多いと考えられます。

最終的に関係がこじれてしまったら、「この世で一番姑が嫌い!」なんて言い切ってしまうような人も出てくることだって予想がつきますよね。

私にも姑が嫌いだった過去がある!

https://www.photo-ac.com/

私もつい数年前までは正直なところ、姑のことが許せないレベルで嫌いでした。ただ現在姑は認知症を患い、特養老人ホームで生活しています。私は月に一度くらいの割合で顔を出していました。現在は新型コロナウイルスの影響で会うことは出来ていませんが……。

私は嫁だし、結局のところ他人なわけだから姑はすぐに私のことなんて忘れるだろうと思っていました。ところが私の予想に反して姑は忘れなかったのです。もちろん私の名前もちゃんと覚えています。この事実に私は少しばかり驚きました。

私は施設に行った時には食事の世話をしたり、軽く話をしたりする程度です。もうほとんどのことを覚えていない姑に対して、私の積年の思いというか恨みにも近かった感情が自然とほぐれていくのが自分でもわかりました。あんなに許せなかった姑だったはずなのに……。何とも不思議な感覚です。

怒りの感情は早いとこ手放すに限る

https://www.photo-ac.com/

私は最近になって、「怒り=アンガー」について学んでいます。もちろん色々なタイプがあるのですが、私の場合は怒りの感情を持ち続けてしまうタイプだとわかりました。それが重症化すると何十年も怒りが続くという、自分で言うのも嫌なのですがネチネチしていて問題をこじらせがちなのだそうです。

また怒りと価値観は密接な関係があるのですが、あなたの価値観と姑の価値観はかなりの確率で不一致だと言えるでしょう。だからこそ「この世で一番姑が嫌い!」という発言に繋がるのです。

ムカムカして気持ちが収まらないのは本当によくわかります。ですが怒りの感情はできるだけ早く手放した方が、あなたにとっては最良だと言えるのです。「怒り」というのはあなたの心や身体をむしばんでいきます。

それに怒りの感情を持ち続けたことで、多分私は相当の労力を消費していたと考えられます。そして私は長い間、自分で自分自身のことを傷つけてしまっていたのです。ですので、皆さんにはこんな思いをしてほしくはありません。

約四半世紀もの間、私は姑が嫌いでした。姑が認知症を患ったことで、皮肉にも私の長年の怒りや恨みの感情は自然消滅していきました。ですが時間を巻き戻すことはできません。皆さんには私のこの失敗談を思い出して、これからは大切なご家族と建設的な未来像を描いていってほしいと願っています。

姑嫌いな女性が書くブログを読んで、ストレス発散!

https://www.photo-ac.com/

お嫁さんが十人十色と言うなら、姑もやはり十人十色です。

嫁姑が上手くいっている家もあれば、上手くいかない家もあって当然。そして姑が嫌いという人は、何もあなたに限ったことではありません!

いつの世も姑が苦手、嫌いと言ったお嫁さん側の愚痴はなくならないものです。とは言えその逆も然りなのですが……。

昔なら、同じ「嫁」の気持ちを分かってもらえる実家のお母さんや近所の奥様方、昔からの友人知人と愚痴大会なんてこともあったでしょう。

しかし現代はどの年代でも女性の就労率は上がっています。実家のお母さんもあなた自身も働いている可能性は高いと思われますし、当然友人なども働いている人がほとんどでしょう。このような環境でお互いの休みの時に会ったとしても、せっかくの貴重な時間に愚痴を聞いてもらうだけで終わらせてしまうなんて、何だか申し訳ない気持ちにもなり愚痴もこぼしづらいといったところではないでしょうか。

https://www.photo-ac.com/

またご近所などでうっかりその手の話をしたばっかりに、噂が広まってしまったなんてことでは目も当てられないですよね。私の場合は義理実家も、旦那の妹つまり小姑の家も近かった為、絶対にご近所様やママ友などには嫁姑の話をしませんでした。私の中ではまさに「鉄の掟」といった感じです。

さてでは、このように溜まってしまった愚痴の良い発散場所はないものでしょうか?

そこで考えついたのが、同じ姑嫌いの女性たちのブログを読んでみることをおすすめしたいです。

ブログの中で繰り広がれる姑からの嫌味やひどい仕打ちに、あなたはお嫁さんの立場で思わず頷きながら読み進めてしまうかもしれませんね。

出来るだけ姑と会わずに済む対応策や味方をしてくれない旦那の教育方法などと参考になる情報が色々と満載です。年末年始やお盆などの行事の前には、是非しっかりと目を通しておくと使える技もあるかもしれませんよ。

「姑嫌いなのは自分だけじゃない」

世の中にはあなたよりももっと姑嫌いなお嫁さんもいるのがわかり、例え少しだけでも明日を生きる為の活力になるのなら良い発散方法だとは思いませんか?

こっそり自分でブログを書いてみるのもあり!

https://pixabay.com/ja/

自分と同じ思いを持っている人同士、その思いを共有するだけでも充分ストレス発散にはなります。人は共感を得られると安心感も得ることが出来ます。そして、よく言われることとして、自分の気持ちを紙に書き出してみるといった方法です。

これなら自分の感情を思い切り吐き出せますし、自分自身の気持ちの整理にも繋がります。書いた紙はビリビリに破いて捨てると意外と気持ちもすっきりするものです。

また共感を得ることと、ストレスの発散の両方の効果を狙いたいのなら、あなた自身がその思いをブログに書いてみるのもおすすめです!

姑からの、女性にしかわからない嫌味に辟易しながら義理実家で過ごして、後から旦那に愚痴ったら「考えすぎじゃない?」なんて言われるストレスは、同じ経験をした者同士でないとなかなか分かり合えないことです。

残念ながらこのような出来事に理解を示してくれる男性は少ないのが実情です。何もあなたの旦那に限ったことではありません。「愚痴った相手を間違えた!」と段々スルー出来るようになってきますよ。

ここでいよいよブログの出番です。「愚痴を聞いてくれるのなら、すっきり吐き出させてよー」なんて叫びたくなった時、姑に対するあなたの思いの丈を漏らさず書いてみましょう。そうです。他でもないあなた自身が、姑嫌いの日常をブログに綴ってみるのです。

身バレしないようにフェイクを入れる必要はありますが、ブログであれば思い切り最後まで愚痴ることも出来ます。姑嫌いなブログを書くうちに、嫌なことがあっても「これもネタになる」などと姑との攻防を楽しめるようになるかもしれませんね。

それに姑嫌いなブログを読みに来る読者様の中にはあなたと同じ気持ちを持った女性もきっと多いはず。

共感できる仲間が今日も一緒に戦っていると思えれば、憂鬱な行事前も何とか乗り切る事が出来るでしょう!

姑が嫌い!そんな時に読みたいおすすめブログ特集

「もう嫌!姑なんて嫌い!味方してくれない旦那も嫌い!」そんな風に叫びたくなった時にこそ、おすすめしたいブログです。

日頃から読んでおくと「こんな風に返せたらいいなぁ」とか「こんな風に思ってみたらいいんだ」と参考になること間違いなしです!

関連記事