手元を華やかに♪50代女性におすすめなおしゃれブレスレット特集

スポンサーリンク

50代のオシャレにはブレスレットがおすすめ♪

手元にキラリと光る輝きがあるだけで、おしゃれが格上げされて気分も上がる。そんな役目をしてくれるのがブレスレットです。皮や天然石のブレスレットから、シルバー、ゴールド、ダイアモンドがあしらわれたゴージャスなブレスレットまで。その種類はたくさんで、選ぶのに迷ってしまいますね。

若い頃のようなピチピチとした肌でなくなってきた50代だからこそ、手元に色や輝きがあると、手が綺麗に見えるというメリットもあります。

50代になったら、そろそろ自分がこの先も長く愛せるブレスレットを身につけてみましょう。値段が高ければ良いというものではなく、自分にとって記念になる、または御守り代わりのような存在。そんなブレスレットと出会いたいものですね。

50代が付けるべきブレスレットとは?

50代。アラフィフの私たちは、どんなブレスレットを選べばよいのでしょうか?安いものを一杯つけても何とかなったのは昔の話。50代ともなれば、いろんな経験をしてきているし、物を見る目も肥えてくる年代です。

そんな私たちが堂々と自信を持ってつけられるブレスレットとはどのようなものなのでしょうか。

時計とコーディネートしてみる

華奢なアクセサリーが大流行し、愛用していた方、現在も愛用している方ももたくさんいらっしゃると思いますが、50代の皆さんにおすすめしたいアクセサリーは、手元を華やかに見せてくれる、存在感・ボリューム感のあるブレスレットです。

シルバーやゴールド、レザー素材等のブレスレットは一年を通して活躍するアイテムなんです♪

ブレスレットをプラスすることでシンプルなコーディネートにアクセントを与えてくれ、グッとこなれた印象になります。時計と一緒に合わせたり、時計をしていない方の手に合わせたり、ブレスレットのみを付けても素敵です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

辺見えみり.(@emiri_hemmi)がシェアした投稿

シルバートーンで統一された手元。太めのチェーンブレスレットと、大ぶりなリング、時計の存在が、シンプルなニットワンピーススタイルにカッコよさをプラスしてくれます。

自分を格上げしてくれるものを選ぶ

華奢なチェーンタイプのブレスレットは可憐な印象、ミサンガのようなカラフルなタイプはカジュアルな印象になりますが、50代が付けるべきブレスレットは、一つ付けるだけで存在感のある、格上げタイプのものがおすすめです。

シンプルにブレスレットを1つだけ付けたり、他の素材のブレスレットといくつか重ねて付けたり、大きなバングルタイプのものを付けると、印象が変わってきます。

ゴールドとストーンの入ったバングルの重ね付けはとても相性が良く、手元が明るくなります。リングともマッチしていて素敵です♪

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Emi Okudaira(@emimi0713)がシェアした投稿

素材に上質感のあるものを選ぶ

アラフィフが選ぶブレスレットならば、ブレスレットの素材に高級感を持たせたものを選びましょう。それはダイヤモンドだけを選びましょうということではなく、デザインに凝っていたり、天然石の質が高いものを選ぶことが大切ということです。

 

しっかりしたクオリティのブレスレットならば、堂々と人前にも出られるし、身に付けることでお守りのような役目もしてくれそうです。上質で、長く使えるブレスレットを選びましょう。

50代女性に合うブレスレットブランド6選

50代女性に合うブレスレットブランドとして、3つをセレクトしてみました。エルメス、ティファニーは言わずと知れたハイブランドのジュエリーで存在感抜群ですが、セレクトショップなどでも展開されているメゾンボワネのレザーブレスレットは太さやカラー、レオパード柄などのものもあり、シンプルなコーディネートに彩りをプラスしてくれるブランドです。

タイトルとURLをコピーしました