スポンサーリンク

今だからこそまた聴きたい!50代が思わず懐かしく感じる曲特集
スポンサーリンク

50代が今だからこそ聴きたい、思い出の曲!


https://www.photo-ac.com/main/detail/1999007?title=ヘッドホン16

50代が青春時代を過ごしたのは、1970年代後半から、1980年代にかけて。このころはバブル経済真っ盛りで、人も音楽もひたすら前向きに進むことが良しとされてきた時代でした。

その頃に聞いた音楽は今なお名曲と呼ばれるものばかり。カセットテープにお気に入りの曲を録音して、ドライブには持参したものでした。

そんな青春時代を過ごした50代が今こそ聴きたい思い出の曲をご紹介します。

どんなところが懐かしいの?

青春時代を思い出す時に欠かすことの出来ないものがあります。今では見られることが少なくなったものたち。懐かしいですね。

懐かしポイント:カセットテープ


https://www.photo-ac.com/main/detail/619968?title=カセットテープ

今ではダウンロードが当たり前の時代ですが、50代が青春時代を過ごした頃は、カセットテープが全盛期でした。その後カセットテープ→CDプレーヤー→MDプレーヤーなどが登場し、音楽を聴くために持ち運びの出来る製品のサイズはどんどん小さくなっていきました。カセットテープの早送り、巻き戻し。懐かしいですね。

懐かしポイント:レコード盤


https://www.photo-ac.com/main/detail/219253?title=レコード/12inch

音楽を聴くのはまずレコードをかけ、カセットに録音してから聴くのが主流でした。今またレコード盤の重厚な音を楽しむ人も増えているのだとか。突然音が飛んだりするハプニングも今では懐かしいものです。

懐かしポイント:ユーロビート


https://www.photo-ac.com/main/detail/790597?title=ミラーボールイメージ

ユーロビートは、主にシンセサイザー等の電子楽器を使った4/4拍子で、速いテンポの楽曲です。50代の青春時代は、ディスコの隆盛期。夜な夜なディスコではユーロビートがかかり、ダンスをしていたものでした。

大ヒットした曲も数多くあり、今でもイントロを聴いただけで体が踊り出せそうに鮮明に覚えているものもたくさんありますよね。

【男性ボーカル】50代が思わず懐かしく感じる曲特集


https://www.photo-ac.com/main/detail/87458?title=ライブハウス70

50代が懐かしく感じる男性ボーカルは、ロックバンドから、俳優までバラエティに富んだものばかりです。あなたのお気に入りの曲はありましたか?

大沢誉志幸「そして僕は途方にくれる」

イントロだけですぐに歌詞が思い出されるくらい印象的な「そして僕は途方にくれる」。この曲は1984年に発売されたシングルです。当時、日清カップヌードルのCMソングに起用されていたので、耳にした人も多かったことでしょう。

西田敏行「もしもピアノが弾けたなら」

1981年に放映された西田敏行主演の「池中玄太80キロ」第2シリーズの挿入歌として作られた曲です。初めは主題歌の「いい夢みろよ」のB面として発売されていたものの、視聴者からの反響が大きく、のちに「もしもピアノが弾けたなら」が主題歌に変更され、A面とB面の立場が入れ替わる形となったそうです。

長渕剛「乾杯」

1990年にリリースされた曲です。結婚する友人への祝福のために書かれた曲だそうで、人生の大きな節目に置かれた人間に対する応援歌です。この曲を卒業式などで歌った記憶のある方も多いのではないでしょうか。今でも結婚披露宴や卒業式などで歌われることが多い曲です。

チェッカーズ「涙のリクエスト」

1984年にリリースされたチェッカーズの2枚目のシングルにして、初の大ヒット曲です。その耳に残るフレーズで曲が大ヒットすると、「ギザギザハートの子守唄」「哀しくてジェラシー」と共に3曲同時にベストテン入りを達成するなど、当時のチェッカーズは社会現象を起こしていました。

河島英五「酒と泪と男と女」

1976年に発表された、河島英五の代表作です。『酒と泪と男と女』は、清酒「黄桜」のCMソングとして発表されました。心に沁みるような歌詞に、カラオケでも歌う人の多い定番曲となっていますね。

沢田研二「TOKIO」

1980年1月1日に発表された曲です。電飾が施されたスーツを纏い、赤と白の縞模様のパラシュートを背負った姿をテレビで見た時は、度肝を抜かれたものです。ノリのいいリズムが耳に飛び込んでくる曲でした。

杉山清貴

日本航空の「JALPACK’85」のCMソングとなったこの曲は、杉山清貴&オメガトライブ最大のヒット曲となり、オリコンチャート上では38万枚を売り上げました。透き通るような歌声に胸を熱くした人も多いのではないでしょうか。

ゴダイゴ

英語と日本語を巧みに使い分けるバンドとして人気があったゴダイゴ。1979年リリースのこの曲は、映画「銀河鉄道999」の主題歌として発表されました。旅に出たくなるようなメロディーが印象的な一曲です。

【女性ボーカル】50代が思わず懐かしく感じる曲特集


https://www.photo-ac.com/main/detail/1655903?title=ライブで拍手

50代が懐かしく感じる女性ボーカルは、同じく現在50〜60代のアーティストが多く存在します。同じ時代を一緒に走っていた感じさえしますね。

杏里「Cat’s Eye」

1983年リリースの曲です。この曲「CAT’S EYE」は、テレビアニメ『キャッツ♥アイ』の前期オープニングテーマとして使用されました。杏里の代表作となり、アニメの主題歌として初めて、甲子園の高校野球で入場行進曲にも使われたそうです。

薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」

映画も大ヒットしたので、観に行かれた方も多いかもしれませんね。1981年にリリースされたこの曲は、来生えつこ作詞、来生たかお作曲による楽曲です。薬師丸ひろ子のデビュー曲で、同名映画の主題歌です。おないメロディーに題名を変えて「夢の途中」(ゆめのとちゅう)を来生たかおが歌ったことでも有名です。

レベッカ「フレンズ」

1985年、ドラマ「ハーフポテトな俺たち」のエンディングテーマに起用され、大ヒットした曲です。ミリオンセラーを達成した同年発売のオリジナルアルバム「REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜」で、レベッカは絶大な人気を博していました。どの曲を聴いても思い出せるくらい印象深いですね。

渡辺真知子「かもめが翔んだ日」

「かもめが翔んだ日」は、渡辺真知子のセカンド・シングル曲で1978年に発表され、ヒットしました。高音から始まるメロディーに、惹きつけられた人も多いことでしょう。

八神純子「水色の雨」

1978年にリリースされた曲です。前出の「カモメが飛んだ日」と同じ年に発表されており、この頃の女性ボーカルの層の厚さがわかりますね。この曲も高音からスタートして耳に残るメロディーでした。

アンルイス「六本木心中」

現在でも長くカラオケで歌い継がれている曲の一つです。アン・ルイスがリリースした1984年唯一のシングルで、有線・カラオケで根強く支持され、ロングヒットとなりました。ド派手な衣装で踊る姿がとてもカッコよく、学園祭でも人気でしたね。

山下久美子「赤道小町ドキッ」

この曲は1982年にリリースされた山下久美子の6枚目のシングルで、夏のカネボウ化粧品キャンペーンイメージソングでした。キャッチーなメロディーと化粧品がマッチして、そのCMを今でも覚えている人は多いかもしれません。この曲のヒットがきっかけとなり「総立ちの久美子」というライブでの異名が定着したのもよく知られています。

矢野顕子「春先小紅」

1981年のカネボウ化粧品のCMソングに起用され、大ヒットした曲です。当時は化粧品の CMとタイアップした曲がヒットしていましたね。聞くたびに春を思い出すようなわくわくするメロディーが印象的な曲でした。

【洋楽】50代が思わず懐かしく感じる曲特集


https://www.photo-ac.com/main/detail/1655298?title=カセットテープ

洋楽はテレビドラマの挿入歌として紹介され、その後日本でヒットした曲が多いものでした。ああ知ってる!という曲もあるのではないでしょうか。

I Will Always Love You / Whitney Houston

邦題「オールウェイズ・ラブユー」であるこの曲は、1992年のホイットニーヒューストン初主演映画「ボディガード」の挿入歌でした。映画のサウンドトラックは、1994年のグラミー賞最優秀アルバム賞を受賞するなど、高い評価を受け、この曲は彼女の最大のヒットとなりました。

what a feeling / Irene Cara

アイリーン・キャラの歌うこの曲は、1983年公開の映画「フラッシュダンス」の主題歌で、映画は同年のアカデミー賞を受賞しました。ダンスに打ち込む主人公のシーンと合わせて、思わず踊りだしたくなるようなメロディーが今でも耳に残っています。

I Was Born To Love You / Queen

「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」(原題:I Was Born To Love You -『君を愛するため僕は生まれた』)は、イギリスのロックバンド・クイーンのリードヴォーカルであったフレディ・マーキュリーが1985年に発表した曲です。日本では1980年代にノエビア化粧品のテレビコマーシャルで使用されたほか、のちに沢山のCMやドラマでも使われ、どこかで耳にしている曲です。

Venus / Bananarama

バナナラマの「ビーナス」。1986年発表のこの曲は、ディスコミュージックの先端を走っていたバナナラマの代表作となりました。「マハラジャ」などではバナナラマの曲がかかると「お立ち台」が満杯になるという現象が起きたそうです。

Julia Fordham「HAPPY EVER AFTER」

ジュリア・フォーダムの「ハッピィーエバーアフター」。この曲を聴いただけで「ああ。」と思い出す人もいるのではないでしょうか。1989年のフジテレビ系ドラマ「ハートに火をつけて!」の挿入歌として使用され、当時大変人気があった曲です。

Sade「The Sweetest Taboo」

ロンドン育ちのシャーデー・アデュがボーカルをつとめるイギリスの4人組バンドです。シャーデーの都会的な歌声が耳に心地よく響きます。「スイーテスト・タブー」は、ユーロビートと呼ばれるディスコミュージックとは対極の落ち着いた音楽で、人気がありましたね。

昔の曲を聴いて、青春時代へタイムスリップ♪


https://www.photo-ac.com/main/detail/1836880?title=夕日と飛行機雲

青春時代をはるかに過ぎた50代でも、音楽の力は大きくて、その曲を聴いただけですぐに当時にタイムスリップできます。

忙しい毎日に追われる日々の50代ですが、たまには当時に戻ってあの頃の曲を聴いてみませんか?曲を聴いただけで、昔の自分を思い出し、その時の景色まで見えてくるものです。

今度の週末には、懐かしの曲をお供にドライブなんていかがでしょうか。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

スポンサーリンク