スポンサーリンク

いくらあれば大丈夫?退職する際に貯めておきたい貯金額とは
スポンサーリンク

退職を決意したら、まずは貯金額の確認を


https://www.pakutaso.com/201706051781-26.html

「今の職場が会わないから退職したい」「将来のためにやりたい仕事が見つかったから転職しよう!」。将来のため・やりたいことのためという人もいれば、今の職場や一緒に働く同僚が合わないと悩んでいる人まで、退職を決意する理由は人それぞれでしょう。

退職を決めるとどうしても次の仕事や職場のことに頭がいってしまいますが、そのまま退職まで突っ走ってしまうのは少々危険です。次の職場が決まっていればそんなに問題はありませんが、これから転職活動をするという人や一度退職してから仕事を探すという人は特に冷静になりましょう。

どんなに資格をたくさん持っていて有能な人でも、さまざまな経験を積んできたベテランの人でも、次の仕事がすぐ決まるかどうかは運やタイミングということもあり誰も分かりません。

退職してしまえばもちろん入ってくる収入は0円になってしまいますから、貯金がなければ転職活動どころか日々の生活まで危なくなってしまうこともありますよ。

退職を決意したら、まずは手元にある貯金額を確認しましょう。日々の仕事で忙しくしていると、貯金がいくら貯まっているのか分からないという人も多いものです。

しっかり貯金を確認せず退職してしまい生活に困った!ということがないように、まずは自分自身の金銭的現状をしっかりと把握しましょう。

転職活動には意外とお金が掛かってしまう場合も

退職を決意した方の中には、次こそはとすぐに気持ちを切り替えて転職活動に入る方もいるでしょう。しかし、転職活動をするにも実は意外とお金が掛かってしまうことがあります。「まだ仕事を続けているから・・・」と貯金残高をしっかり確認せずに転職活動をしていると、度重なる出費で生活が苦しくなってしまうことも・・・。

退職を見据えて転職活動をはじめる場合、まずは転職活動にかかるであろう費用を貯金から確保することを第一に考えましょう。

履歴書など細かな雑費がかかるのが転職活動

「転職活動ってそんなにお金がかかるもの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。確かに、新入社員の頃のように新しいカバンやスーツなどといった高額な商品をまとめて購入することは少ないでしょう。

しかし、実は転職活動には、転職活動をしている本人も気がつかないような細かな雑費がかかるものです。

例えば転職活動に欠かせない履歴書も、履歴書・職務経歴書・履歴書に貼るための証明写真・履歴書を郵送する時の郵便代など、ちゃんと見てみると実は結構お金がかかっているのです。また転職活動というのは会社の中でも人事担当や部長クラス以上の人と会う機会が多いですから、どんな人でもストレスがかかるものです。そんなストレスから解放されたいと。「ちょっとした息抜き」でカフェで面接のたびにお茶をしてしまう人も多いようです。1回に使う金額は数百円でも、気がつかない内に出費が積み重なって貯金を圧迫してしまいます。

このように気がつかない内に貯金が少なくなってしまっていたという人が多いというのも、実は転職活動で注意してほしい金銭的ポイントなのです。

また転職活動は終わりがいつになるのか分からないというのも、不安要素の一つです。退職を決意してから転職活動終了まで1ヶ月から半年程度なら問題なくても、1年・2年と転職活動が長引くことで細かな出費が貯金を圧迫してしまうことも考えられます。

特に以前の仕事を退職してしまってから転職活動するという人は、使えるお金が貯金だけであることを肝に銘じて転職活動にかかる出費を抑える必要があるのです。

面接で遠方に行く場合交通費に注意

https://www.photo-ac.com/

さらに、転職活動中にお金に関して注意してほしい人がいます。それは、今住んでいる場所と就職を希望している場所が離れている人です。ある人は地方から東京などの首都圏へ転職したいという人もいるでしょうし、首都圏で働いていたけどUターンで地方に戻りたいという人もいるでしょう。そういった転職活動で私達の貯金を脅かすのが、毎回高額になってしまう交通費です。

近郊での転職活動でも意外とかかる電車やバスなどの交通費ですが、遠方への面接となると新幹線や飛行機などかかる交通費の額も飛躍的に大きくなります。面接のたびに2~3万円かかる交通費は、もう仕事を退職してしまった人には大きな負担ですよね?

またそんな大きな負担をしたのに、仕事が決まるか分からないのも転職活動の辛い所です。仕事が決まらないというストレスに加えて、もし貯金がなくて金銭的に辛い状態だとしたら、とても面接を笑顔で受けられませんよね?交通費をはじめ細かな出費が積み重なっているのに、退職してしまって収入がない。おまけに貯金もあまりないのにどんどんと残高が減ってしまっている・・・、そんな精神状態では落ち着いて転職活動も出来ないもの。

ですから今の仕事を退職して転職活動したいと思った時には、まずお金のことを気にせずに転職活動を出来るよう、自分に今いくら貯金があるかしっかりと把握することが非常に大切になのです。

失業保険で得られる額はどれくらい?

https://www.photo-ac.com/

退職や転職活動を考える時に、やはりお金のことは切っても切れません。なぜなら働いていれば毎月コンスタントに入ってくる安定した収入はないのに、転職活動にかかる費用や毎月の生活費は今までと同じようにかかってしまうからです。貯金があまりないという人のなかには、今退職したいのにお金のことが心配で踏み出せないという方もいるかもしれませんね。

しかし、退職や転職につきまとうそういった不安を解消してくれる制度もあります。それは「失業保険」です。失業保険を受給することができれば、一定額が一定期間振り込まれてきますので、貯金が心もとないという方も安心して転職活動などのに集中することができます。では失業保険とは具体的にどのような制度で、どれくらいの金額をもらうことができるのでしょうか?

ここからは意外と知らない失業保険についてご紹介しましょう。

失業保険は勤続年数などでもらえる額が異なる

https://www.photo-ac.com/

そもそも失業保険というのは、正式には雇用保険と呼ばれています。皆さんも会社に勤めている間に、給料から雇用保険料が天引きされているのを見たことがあるのではないでしょうか?

毎月天引きで雇用保険料を支払うことで、何らかの理由で退職した場合に国から失業手当としてお金が支払われる仕組みになっています。退職の理由などによって多少異なりますが、通常仕事を退職する離職日以前の1年間に、雇用保険に6ヶ月以上あれば失業手当をもらう資格があります。

では具体的に失業保険がもらえる期間や金額ですが、これは退職する会社に何年金属していたか、また退職する会社でいくら給料をもらっていたかによって変わってきます。

例えば自己都合退職の場合、「10年未満」「10年以上20年未満」「20年以上」によって失業手当がもらえる期間が変わってきます。詳しい金額や失業手当がもらえる期間は複雑な計算によって算出されますので、間違いがないよう不安なら最寄のハローワークに確認するとよいでしょう。

自己都合退職の場合失業給付が遅れるので注意

「仕事を退職しても失業保険がもらえるなら、貯金がなくても大丈夫だよね!」と安心してしまった人は要注意です。なぜなら失業手当がすぐもらえるかどうかは、あなたが以前の会社をどういった理由で退職するのかという退職理由によって異なるからです。

例えば会社が倒産してしまったなどの会社都合で退職を余儀なくされてしまった場合、失業保険の申請をしてから7日間待機すれば失業手当はすぐにもらうことができます。7日程度ならもし手元の貯金があまりなくても、当面の生活は問題なく過ごせそうですね。

しかし、別の会社への転職や人間関係などの悪化などといった自己都合で退職する場合、失業保険の申請をしてから7日間の待機後、さらに3ヶ月の給付制限期間があります。その期間がすべて終了してからでないと失業手当がもらえないので、その間の生活費等は当然自分の貯金から工面する必要があります。

もし手元に貯金があまりないと考えた場合、退職して給料もなければ当面の生活にも困ってしまいますよね?

このように貯金がないにもかかわらず失業手当をあてにしすぎると、あなたが普段何気なく過ごしている当面の生活まで圧迫する可能性もあります。ですから退職や転職を考えているなら、失業保険の金額などを確認することも大切ですが、まずは自分の貯金など手元にあるお金をしっかりと確認することを忘れないようにしましょう。

退職する際に貯めておきたい貯金額は?

どんな理由で退職や転職をするにも、しばらくすれば失業手当をもらえるにしても、やはり当面の生活費などをまかなうためにしっかりと貯金をしておくことは大切です。では具体的に今の仕事を退職をする時に、いくらぐらい貯金があれば当面の生活を安心して過ごすことができるのでしょうか?

ここからはどんな理由であれ今の職場を退職したいと思っている人が、まずは貯めておきたい貯金額を確認しておきましょう。

まずは毎月最低いくら必要か生活費を確認

https://www.photo-ac.com/

退職する際に安心できる貯金額を知るには、まず自分が毎月どの程度お金を使っているのか把握する必要があります。

例えば家賃や食費、水道光熱費や雑費など生活に欠かせない出費から、交際費や服飾費、趣味にかかる出費まで、人それぞれ1ヶ月の生活に必要なお金は異なるものです。自分自身が快適に生活できるために、最低いくら必要なのか生活費を確認してみましょう。

自分が必要な毎月の生活費がだいたい分かったら、この機会に少し節約してみるのもおすすめです。退職や転職を考え実際に実行に移す時期は、どうしても入ってくる収入が不安定になったりなくなったりするものです。今後貯金額を増やすためにも、毎月使っている支出の中で無駄なものや節約できるものがないか見直してみましょう。

女性の方でどうしても多くなりがちなのが、洋服や靴・バッグなどの服飾費やメイクや美容院にかかる美容代でしょうか。もちろん節約しすぎて心が病んでしまっては本末転倒ですが、貯金があまりないという方は退職・転職を考えている間だけでも少し節約してみましょう。案外なくても快適に過ごせることが発見でき、お金を貯めることができるかもしれませんよ。

通常の月収×6か月分あればしばらく安心

無駄を省き毎月に必要な生活費が算出できたら、その金額に6をかけてみてください。通常退職から転職活動を経て次の仕事が決まるまで、平均で6ヶ月~1年程度といわれています。

もし退職してしまっても最低限の生活費が6ヶ月分確保できれば、しばらくして入ってくる失業手当と合わせて1年程度は生活できるはずです。ですから最低限生活費の6ヶ月分、できれば今まで働いた会社の月収の6倍程度貯金を確保出来るようにしておけば安心です。

例えば今まで収入が月収20万円程度だったという人なら、できれば120~150万円程度貯金が出来ていれば安心といえるでしょう。いかがでしょう、意外と貯金が必要なんだと実感することができるのではないでしょうか?

もし退職を決意している方の中でまだ貯金がそんなにないという方は、お金が貯まるまでもう少し今の職場で頑張ってみるのもおすすめです。夢を追って退職するにしても新しい職場へ転職するために退職するにしても、新しい生活をはじめるのにはお金がかかるものです。そんな時しっかりと貯めておいたあなたの貯金は、あなたの精神を安定させてくれるでしょう。

「まずは6か月分!」と肝に銘じて、頑張って仕事に励みましょう。

しっかりと備えて行動することが大切!

https://www.photo-ac.com/

今回は退職する際に必要な貯金についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

「今の仕事にどうしても合わない」「やりたいことが別に見つかったからすぐにチャレンジしたい!」などの理由で、できるだけ早く退職を決意している人もいるかもしれません。

しかし見切り発車での退職は、あとあとあなたの生活を圧迫する可能性もあります。また貯金がなく金銭的に困窮することで、精神の安定を保つことが難しくなり転職活動も落ち着いてできなくなるかもしれません。そんなことがないように、退職するならしっかりと貯金などで備えて行動することが大切です。

今の仕事を退職することは、勇気のある行動です。その行動を無駄にせず新しい夢への第一歩とするために、しっかりと貯金をして金銭的なリスクを減らしましょう。そして新生活へと自信を持って進んでいってくださいね。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

スポンサーリンク