どんより気分を厄払い!浄化しながら住まいを掃除する方法

部屋の淀みを追い出して厄払いする3ステップ

部屋や住まいの空間は、そこに住んでいる人の影響を最も溜め込む場所です。

本来ならば、自宅に戻るとくつろぎを感じるものですが、部屋に厄がたまると、圧迫感や焦燥感、理由もなく憂鬱になるなどネガティブなエネルギーで身動きが取れなくなることも珍しくありません。敏感な方だと自宅にいながら「どこか別の場所に帰りたい」と焦りに似た気持ちにとらわれることもあるのではないでしょうか。

空気の汚れやマイナスエネルギーが原因かも

これらは、空気の汚れやマイナスエネルギーが充満することで起こります。つまり、日常厄が部屋に溜まりすぎて、あなたの生体エネルギーに負の影響を及ぼすしている可能性が高いのです。

部屋の空気は思った以上に淀んで汚れているものです。住居に日々鬱積していく日常厄は、放置しておくと運気を大きく落とします。まずは、あなたが一番長く過ごす部屋から集中的に厄払いの掃除をしてみましょう。

厄払い掃除ステップ①新鮮な空気を循環させる

https://pixabay.com/ja/

思った以上にマイナスの気をため込む住空間。厄が溜まっているなと感じたら、まずは晴れた日の午前中から部屋の換気を始めましょう。

春夏の晴れた日は湿度が低く、「陽」の気に満ちているため厄払い効果もぐんとアップします。逆に雨や曇りの日は湿度が高く「陰」の気を引き込むため、必ず晴れた日に行うようにしてください。

部屋の窓は一箇所だけでなく、開けられる場所をすべて開け放ちます。これで空気の流れができ、濁りや淀みの原因になる臭いや湿気を一気に追い出せますよ。約10分ほど開けておくと、部屋の中の空気は確実に入れ替わり厄払い効果が上がります。

厄払い掃除ステップ②床に直置きしたものを片付ける

空気を入れかている間に、まずは床の上に直置きしてあるものを片付けましょう。

例えば、

  • 雑貨や衣服
  • 洗濯カゴ
  • 読みかけの本や雑誌
  • リモコンや各種充電器

放置したものは空間のエネルギーを邪魔して日常厄の元になります。物を床に直置きせず、きちんと定位置に戻しておくのは厄払いのお掃除には欠かせません。

その後、丁寧に掃除機をかけますが、床に直置きした物がないだけで、一気に掃除機がかけられるのでとても効率的。何度もスイッチをオンオフしなくて済むので電力の節約にもなって一石二鳥ですよ。

厄払い掃除ステップ③すべての電源をオフにする

https://pixabay.com/ja/

掃除機をかけ終わったら、次は部屋の電化製品の電源をオフにしてください。普段何気なく使っている家電や電子装置からは目に見えない電磁波が出ています。敏感な人になると、部屋やホテルなどでわけもなく焦燥感がこみ上げたり、集中力がひどく低下する状態に陥ることがあると思いますが、これはエレクトロスモッグと呼ばれる、電磁波ストレスの影響です。

厄払い効果をあげるなら、これらをリセットするためにもぜひ一度全ての電源を切って、コンセントを抜いてみましょう。

電源をオフにしたい電化製品

例えば

  • スリープのまま付けっ放しのパソコンや周辺機器
  • 照明スタンド
  • 電気ストーブやエアコン
  • オーディオやテレビ、ゲーム類
  • 充電器、繋ぎっぱなしのACアダプター
  • 電子レンジやトースター
  • ミキサー、電気ポット
  • 洗濯機、乾燥機

特にいつも長く使う部屋の電源は完全にオフにすると厄払い効果も高まります。見えない電磁波の負荷から自由になると、体が不思議と軽くなるのを実感できるかもしれません。

特に消費電力が大きな家電や、充電器等のACアダプターはエレクトロスモッグの発生が高いので要注意です。家電は電源を切ってもコンセントにつなぎっぱなしになっていると微弱電流が常に流れています。

空間の厄払いのためには、できる限りコンセントを抜いて数時間完全にエレクトロスモッグからフリーになってください。

タイトルとURLをコピーしました