【ヨガの基本】ヨガは呼吸法が大切!正しい呼吸法とその効果とは

ヨガというと、ゆっくりとさまざまなポーズを取って精神を整えたり、健康促進を目指すというイメージがありますよね。つい、その独特なポーズにばかり注目してしまいがちですが、実はヨガで一番大切なのは”呼吸法”なんです。ポーズが正しくても、呼吸法が間違っているとヨガの効果は薄れてしまいます。そこで今回は、そんなヨガの呼吸法について詳しくご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

ヨガは正しい呼吸法を身に付けることが大切


https://unsplash.com/photos/zTgFtM6M9Gs

ヨガというと、ポーズを正確にとることにばかりつい注目してしまいがちで、呼吸法に気を遣うことができない方が多いです。また、ヨガと聞くと、ポーズをとるイメージが多く、呼吸法について知らない方が多いのも現状であります。しかし、ポーズと同じくらい、呼吸法はヨガにおいてとても大切なことであり、ポーズがきちんととれていても、呼吸法が間違っていたり、きちんとした呼吸をとることができないと、ヨガの効果は大きく薄れてしまいます。ヨガの呼吸法を身に付けることが、ヨガの効果を最大限に得るための効果ともいえます。そのため、ヨガにおいて、正しい呼吸法を身に付けることはとても大切なことであるのです。そこで、今回は、正しいヨガの呼吸法をとることによる効果やヨガの呼吸法の種類、そして代表的なヨガの呼吸法のやり方について徹底解説していきます。以下にてご紹介する内容を参考に、ヨガを行って、ヨガの効果を最大限に得て下さいね!

正しいヨガの呼吸法をすることによる効果は?

まずこちらでは、正しいヨガの呼吸法をすることによる主な効果を7つご紹介していきます。ヨガの呼吸法による効果を具体的に知らないという方やヨガにより効果を最大限に得たいという方必見ですよ!ぜひ参考にしてみて下さいね!

効果①:リラックス効果


https://www.pexels.com/photo/fitness-girl-hands-lifestyle-374694/

最初にご紹介するヨガの呼吸法による効果は、「リラックス効果」です。呼吸はそもそも、呼吸筋と呼ばれる横隔膜や腹筋群を、意識的または無意識的に収縮・弛緩させることで行われます。横隔膜は、肺や心臓を収める胸腔と、消化器系内臓を収める腹腔の境目に位置する筋肉です。みぞおちから腰のあたりにドーム状に広がり、これが収縮することで息を吸い込み、弛緩することで息を吐き出します。
呼吸法により、横隔膜の上下運動が大きくなると、その下に位置する内臓が刺激を受けます。
内臓周辺には、副交感神経系の神経細胞が多く存在するため、ヨガの呼吸法により内臓がマッサージされると副交感神経の働きが活発になり、心身にリラックス状態をもたらしてくれるのです。

効果②:自立神経のバランス


https://unsplash.com/photos/IevaZPwq0mw

続いてご紹介するヨガの呼吸法による効果は、「自律神経のバランス」です。自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類が存在し、1日を通してシーソーのように交互に働きながら、心身のバランスを保っています。
仕事のプレッシャーや人間関係など、なにかとストレスの多い現代社会。交感神経が優位になりがちで、あなたが思っている以上に心身は疲弊しています。普段慢性的な疲れやイライラなどを感じていませんか?それらは、自律神経の乱れが原因である可能性が非常に高いです。
そのような中、ヨガの呼吸法により内臓がマッサージされ、副交感神経の働きが優位になれば、消化促進・良質な睡眠・ストレス緩和などの効果が期待できます。ヨガの呼吸法で、身体を休めるたり、回復させたりする機能を高めて、毎日を元気に過ごしてみてはいかがでしょうか。

効果③:血行促進


https://unsplash.com/photos/coiWR0gT8Cw

次にご紹介するヨガの呼吸法による効果は、「血行促進効果」です。血管は、細胞に必要な酸素や栄養・不必要となった老廃物の運搬路です。心身が緊張した状態は、血管を収縮させ、運搬路の道幅は狭くなります。そんな状態が長時間続けば、渋滞(血行不良)を招き、肩コリや頭痛など、身体の不調が現れます。さらに、全身の細胞へ酸素と栄養が十分に供給されないため、疲れやすさを感じたり、脳へ栄養が行き届かないために集中力が散漫になったりすると、日常生活に支障が出ます。
そのような中、ヨガの呼吸法で副交感神経が優位となれば、身体がリラックス状態となり、血管が拡張します。血管が拡張すれば、運搬路の道幅が広がるため、渋滞なくスムーズに酸素と栄養を届けることができるというサイクルを作ることができるのです。

効果④:ダイエット効果


https://unsplash.com/photos/CnzKQWsvnZM

続いての効果は、女性なら誰もが期待する「ダイエット効果」です。ヨガをダイエット目的で始めるという方が多いように、ヨガの呼吸法を身に付けることは、ダイエット効果を向上させる効果を後押ししてくれます。
試しに深い呼吸を繰り返してみてください。それだけで身体がポカポカしてきませんか?それは酸素が体中にいきわたって血行が良くなってきているので基礎代謝が上がってきているからです。基礎代謝が上がるということは、ダイエットにも効果があるということであります。

効果⑤:ストレス緩和

次にご紹介するヨガの呼吸法による効果は、「ストレス緩和」であります。あなたは緊張した時や気持ちを落ち着けたい時、気持ちを落ち着けるために深呼吸しませんか?ゆっくりした呼吸や吐く息を長くする呼吸は、不安の軽減やリラックスをもたらすことは医学的にも証明されています。ゆったりと長く行う呼吸、それはまさしくヨガの呼吸のことです。身体を動かしながら深くゆったりとした呼吸を行うことでヨガの効果は倍増するのです。ぜひ、深い呼吸を心がけてみて下さいね。


https://unsplash.com/photos/xCPdjitY5sQ

効果⑥:血圧上昇の抑制

次にご紹介するヨガの呼吸法による効果は、「血圧上昇の抑制効果」であります。ヨガの呼吸法を行うことで、血圧上昇を抑制することまでできるのです。
血圧とは「血管の壁に与える血液の圧力」を示します。血圧は、心臓から送り出される血液量と、末梢血管での流れにくさによって決まります。
血液は、心臓を構成する心筋の収縮によって大動脈を通って送り出されますが、その際に血管内の圧力が高まります。この時、血管壁の弾力性が低く圧力を逃がせない状態だと血圧は上昇します。緊張やストレスなどで、交感神経が優位になると筋肉が硬直し、血管を構成する「平滑筋」という平たい筋肉も同様に硬くなってしまうのです。血管が硬く弾性の低い状態が続けば、心臓や血管の負担が大きくなり、動脈硬化症などの恐ろしい病気につながりかねません。
ヨガの呼吸法により副交感神経が優位になると、血管の平滑筋が緩み、血管の弾性も高まります。血圧上昇を防ぐために、日常にヨガの呼吸法を取り入れることをおすすめしますよ。

効果⑦:便秘改善


https://www.pexels.com/photo/clear-glass-with-red-sand-grainer-39396/

関連記事