スポンサーリンク

【ヨガの基本】ヨガは呼吸法が大切!正しい呼吸法とその効果とは

スポンサーリンク

ヨガは正しい呼吸法を身に付けることが大切

ヨガというと、ポーズを正確にとることにばかりつい注目してしまいがちで、呼吸法に気を遣うことができない方が多いです。また、ヨガと聞くと、ポーズをとるイメージが多く、呼吸法について知らない方が多いのも現状であります。

しかし、ポーズと同じくらい、呼吸法はヨガにおいてとても大切なことであり、ポーズがきちんととれていても、呼吸法が間違っていたり、きちんとした呼吸をとることができないと、ヨガの効果は大きく薄れてしまいます。

ヨガの呼吸法を身に付けることが、ヨガの効果を最大限に得るための効果ともいえます。そのため、ヨガにおいて、正しい呼吸法を身に付けることはとても大切なことであるのです。

そこで、今回は、正しいヨガの呼吸法をとることによる効果やヨガの呼吸法の種類、そして代表的なヨガの呼吸法のやり方について徹底解説していきます。以下にてご紹介する内容を参考に、ヨガを行って、ヨガの効果を最大限に得て下さいね!

正しいヨガの呼吸法をすることによる効果は?

まずこちらでは、正しいヨガの呼吸法をすることによる主な効果を7つご紹介していきます。ヨガの呼吸法による効果を具体的に知らないという方やヨガにより効果を最大限に得たいという方必見ですよ!ぜひ参考にしてみて下さいね!

正しいヨガの呼吸法の効果①:リラックス効果

最初にご紹介するヨガの呼吸法による効果は、「リラックス効果」です。呼吸はそもそも、呼吸筋と呼ばれる横隔膜や腹筋群を、意識的または無意識的に収縮・弛緩させることで行われます。横隔膜は、肺や心臓を収める胸腔と、消化器系内臓を収める腹腔の境目に位置する筋肉です。みぞおちから腰のあたりにドーム状に広がり、これが収縮することで息を吸い込み、弛緩することで息を吐き出します。

呼吸法により、横隔膜の上下運動が大きくなると、その下に位置する内臓が刺激を受けます。

内臓周辺には、副交感神経系の神経細胞が多く存在するため、ヨガの呼吸法により内臓がマッサージされると副交感神経の働きが活発になり、心身にリラックス状態をもたらしてくれるのです。

タイトルとURLをコピーしました