スポンサーリンク

【ヨガの基本】ヨガは呼吸法が大切!正しい呼吸法とその効果とは

スポンサーリンク

正しいヨガの呼吸法の効果②:自立神経のバランス

続いてご紹介するヨガの呼吸法による効果は、「自律神経のバランス」です。自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類が存在し、1日を通してシーソーのように交互に働きながら、心身のバランスを保っています。

仕事のプレッシャーや人間関係など、なにかとストレスの多い現代社会。交感神経が優位になりがちで、あなたが思っている以上に心身は疲弊しています。普段慢性的な疲れやイライラなどを感じていませんか?それらは、自律神経の乱れが原因である可能性が非常に高いです。

そのような中、ヨガの呼吸法により内臓がマッサージされ、副交感神経の働きが優位になれば、消化促進・良質な睡眠・ストレス緩和などの効果が期待できます。ヨガの呼吸法で、身体を休めるたり、回復させたりする機能を高めて、毎日を元気に過ごしてみてはいかがでしょうか。

正しいヨガの呼吸法の効果③:血行促進

次にご紹介するヨガの呼吸法による効果は、「血行促進効果」です。血管は、細胞に必要な酸素や栄養・不必要となった老廃物の運搬路です。心身が緊張した状態は、血管を収縮させ、運搬路の道幅は狭くなります。

そんな状態が長時間続けば、渋滞(血行不良)を招き、肩コリや頭痛など、身体の不調が現れます。さらに、全身の細胞へ酸素と栄養が十分に供給されないため、疲れやすさを感じたり、脳へ栄養が行き届かないために集中力が散漫になったりすると、日常生活に支障が出ます。

そのような中、ヨガの呼吸法で副交感神経が優位となれば、身体がリラックス状態となり、血管が拡張します。血管が拡張すれば、運搬路の道幅が広がるため、渋滞なくスムーズに酸素と栄養を届けることができるというサイクルを作ることができるのです。

タイトルとURLをコピーしました