大学進学等で「一人暮らし」をするお子さんを持つ親御さんへのアドバイス

新しい年を迎え、いよいよ受験シーズンの到来となりました。親御さんにとってはお子さんの試験の合否はもちろんのこと、見事合格した後のお子さんの新たな生活というものが非常に気になるところではないでしょうか。今回は、そんな悩める親御さんたちへお子さんの一人暮らしに向けて準備すべき事などをご案内させて頂きます!

公開日:    最終更新日:

子供の一人暮らしは心配がつきもの

https://www.pakutaso.com/

これはもう親御さんにしてみたら、当然のことですよね。しかも今回初めてお子さんを一人暮らしさせるという方が、この記事を読みに来て下さっているのではないでしょうか。

少しでも不安を取り除き、お子さんを気持ちよく送り出してあげられるよう、今から少しずつ準備をしていきましょう!

子供の一人暮らしの準備にかける予算は?

部屋代

https://www.pakutaso.com/

まず、物件契約時には初期費用が発生します。

これは「敷金」「礼金」「仲介手数料」の3点でよく耳にする言葉ですよね。

初期費用は家賃が基本となりますので、都会と地方では金額に開きが出てきますが、ここでは初めに差がほとんどない費用から説明していきます。

・「敷金、礼金」の相場は、家賃の0~2ヵ月分です。
・「仲介手数料」」は不動産業者などの仲介業者に支払う手数料で、相場は家賃の0.5~1ヵ月分となり、これには消費税が加算されます。

更に「火災保険」への加入もいざという時の為に準備する事をお勧めします。こちらは2年契約で相場は2万円程になります。

その他に「鍵の交換」が2~3万円。「物件の消毒」に1~2万円です。

【都会と地方ではどの位の差がある?】

https://www.pakutaso.com/

「ワンルーム」という条件で比較してみましょう。

ちなみにワンルームとは、キッチンスペースが含まれた1部屋だけの間取りを言い、一人暮らし向けの最もシンプルなお部屋と言えます。

※今回は敷金、礼金、仲介手数料を最大の金額と想定しました。

<東京都心部>

・部屋代……     80,000円(一般的な相場です)
・敷金・礼金…各 160,000円
・仲介手数料…  88,000円(税込み)
・合計………   488,000円

<地方都市>

・部屋代……      40,000円(一般的な相場は3~4万円です)
・敷金・礼金…各  80,000円
・仲介手数料…   44,000円(税込み)
・合計………   244,000円

単純な分かりやすい比較にしてみたのですが、東京都心部は地方都市の2倍の費用がかかるという結果が出ました。

特に「東京都」は一括りとして比較するにはとても難しい場所です。

ワンルームの家賃で最安は東村山市の35,000円、最高は港区の123,000円とも言われており、同じ東京都でさえ88,000円もの開きがあります。

また娘さんのいるご家庭では、安全面も考慮しなくてはなりませんよね。

東京都で「駅近」「オートロック」や「宅配ボックス付き」の部屋を選ぶとなると、少なくとも90,000円位を想定しなくてはならないでしょう。

例外として地方都市の中でも、「大阪」と「福岡」エリアは不動産仲介業が発展しているという理由から、他の地方都市と比べて割安と言われています。

最近は『敷金・礼金不要』の物件もありますが、その分退去時に費用を多く負担するケースもあるようです。

また、その他にも「翌月分の家賃」や「管理費、共益費」が必要となる場合もある為、事前準備として物件情報サイトや不動産会社へ問い合わせるなど、入居条件をしっかりと確認しておきましょう。

【体験談】

ちなみに、我が家の息子が年末に家を出て初めての一人暮らしを始めたところです。東京都港区で部屋を探していました。私が見た限り、『敷金・礼金不要』の物件はなかったです。

最寄り駅からは徒歩10分圏内ですが、築年数が40年近くの部屋でしたので家賃は70,000円程でした。

港区としてはお手頃な方と言えるかもしれません。

関連記事