結婚する前に知っておきたい!バツあり再婚男性の心理を徹底解剖!

恋愛に対する考え方が少し変わっているバツあり再婚男性

バツイチ再婚男性は、独身男性に比べて恋愛に対する考え方が違っている場合が多いため、どのように接したらよいかわからないという女性もいることと思います。

こんな時にはバツイチ男性が結婚に対し、どのような考えを持っているかその心理状態を知ることが非常に大切です。

一言でバツイチと言っても離婚に至った経緯はさまざまで、性格の不一致で離婚した場合もあれば、夫婦どちらかの浮気により離婚した可能性も考えられます。

一度結婚して離婚を経験しバツイチとなった男性には独身の男性よりもさまざまな事情や思惑があります。

ですからそんな気持ちや心理を理解して、うまく付き合っていくことがとても重要であると言えるでしょう。

バツあり再婚男性の基本的な心理・特徴とは?

バツあり再婚男性の基本的な心理と特徴をご紹介します。

バツあり再婚男性の心理①恋愛に臆病

https://pixabay.com/ja/

一般的には結婚よりも離婚をする時のほうが、結婚する際の何倍も大変であると言われています。

この人となら一生一緒に暮らせると考えたはずなのに、結婚生活がうまくいかず離婚に至るということは、男性にとってもかなりの痛手となるようです。

ですからバツイチ男性には「女性と恋愛したらまた傷つくかもしれないという」という心理があり、そのために恋愛や再婚に憶病になってしまっている面があります。

バツあり再婚男性の心理②女性に対して疑心暗鬼になっている

妻の不倫など相手の裏切りが原因で離婚した場合などは、バツイチ再婚男性は「また女性に裏切られるかもしれない」と疑心暗鬼になっています。

そのため友達から恋愛に発展しようとしても、つい自分の気持ちを抑えようとしてまいます。

そんな風に女性に対して疑り深くなってしまうのは、バツイチ男性ならではの心理であると言えるでしょう。

バツあり再婚男性の心理③執着心がある

バツイチ再婚男性の中には、ある日突然妻から離婚を切り出されたり、仕事から帰ってきた妻と子供がいなくなっており、その後弁護士が訪ねてきて離婚の意思を伝えられたというつらい経験をした方もいます。

そのため「また前と同じように、突然家族がいなくなったらどうしよう」という心理が働き、付き合う女性に対して束縛するなど、執着心が強い一面を見せることもあります。

バツイチ再婚男性が結婚に対して抱く心理とは?

離婚歴に理解がある女性と再婚したい

バツイチであるという事実はけして消えることはないため、バツイチ再婚男性には前の結婚のことを理解してくれる女性と結婚したいという心理があります。

離婚したという過去は過去として割りきり、ありのままの自分の姿を受けとめてくる女性をバツイチ男性は選びたいと思っているようです。

前妻との子供に対して理解がある女性を選びたい

https://pixabay.com/ja/

前妻が子供を育てている場合、離婚しても時には父親として休日などに子供に会いに行くこともあるでしょう。

ですから子供の存在に対して理解を示すかどうかは、バツイチ男性にとって結婚する女性を選ぶ上で大変重要なポイントであると言えます。

もちろん現在付き合っている女性のことも大切に思っていますが、やはりバツイチ再婚男性にとっては、離れて暮らしてはいても子供のことも同じように大切なはずです。

ですから子供のことを理解を示してくれない女性とは、再婚したくないという心理が働きます。

タイトルとURLをコピーしました