最高のサプライズを!喜んでもらえるサプライズプレゼント&渡し方のアイデア集

恋人や友人、または家族などのお祝いや誕生日にサプライズプレゼントを考えている方もいるのではないでしょうか。普通に渡すよりも相手により驚きや喜びを与えることができるサプライズプレゼント。しかし、いざ贈ろうとなると「どんな渡し方がいいかな?」「プレゼントの品は何にしよう」など、悩みがたくさん出てきますよね。そこで今回はサプライズプレゼントのおすすめの渡し方や品をご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

相手をびっくりさせるサプライズプレゼント

https://pixabay.com/ja/

大好きな相手に対して思いもよらないことをするサプライズは、誕生日、交際記念日、結婚記念日などにすることが多いでしょう。そのようなおめでたい記念日にサプライズプレゼントをすることは、成功すればする方にとってもされる方にとっても一生の思い出になるはずです。

相手に喜んでもらって最高のサプライズにしたいものですよね。そのためには、プレゼントを渡すシチュエーションや、渡し方について気を付けなければならないことなど、事前に考えておくべきことがたくさんあります。

まず、渡し方についてはただ渡すのではなく、相手がびっくりしたり喜べたりする方法でなければなりません、具体的には、どのような渡し方をすればよいでしょうか。

相手が驚く&喜ぶ、サプライズプレゼントの渡し方

せっかくのプレゼントも、ただ渡すだけだと例えプレゼントが豪華なものでも味気ないものになってしまいます。また、渡し方にこだわった方がよりサプライズが効果的になると言えます。

せっかくのプレゼントをさらに素敵なものにするため、渡し方について知っておきましょう。

渡し方1:記念日を忘れている演技をしておく

https://www.pexels.com/

記念日にサプライズをする場合は、いったんがっかりさせておいてから喜ばせることも効果的です。

記念日のことを一切口にしないようにしておき、普段どおりに過ごしていくことで、相手は記念日のことを忘れているのかな?と感じます。

表面上は記念日のことを意識していないように見せかけ、相手には気付かれないようにしっかり準備しておきましょう。

何か隠していると相手に勘付かれたら台無しになってしまいますので、こっそりと計画を進めることが大切です。

渡し方2:何がほしいか、何がしたいかは一切聞かない

https://pixabay.com/ja/

一度サプライズをすると決めたら、何がほしいかは一切聞かないようにしましょう。例えば、数か月前でも聞かない方がよいと言えます。

相手は意外と聞かれたことを覚えているものですので、そのときに答えたものをそのまま渡してしまうと「あのとき聞かれた」と思い出してしまうため、全く意味がなくなってしまいます。

もし以前何がほしいか聞いてしまった場合は、別のものを渡してあげるようにしましょう。

渡し方3:外出先で渡す

https://pixabay.com/ja/

一緒に食事をしているレストランなど、外出先で渡すことも効果的です。

サプライズに対応しているお店が多いので、あらかじめ協力が可能か聞き、事前にお店と渡し方について打ち合わせをして渡すものを預けておきましょう。メッセージも一緒に伝えたいのであれば、カードに書くのか、ケーキに書くのかなどについて詳細に伝えます。

特に、渡したいタイミングについてはしっかり店員に伝えるようにしましょう。

サプライズプレゼントを贈る際の注意点

サプライズプレゼントをする際には渡し方に気を付けるだけではなく、さらに注意した方がよい点があります。

関連記事