子供の進学や就職に。地方での一人暮らしの部屋の選び方

春から子供が進学、就職をする。親としては、成長の喜びを感じますね。ただ、親元を離れて一人暮らしを始めるとなれば不安も大きいのではないでしょうか。その不安を少しでも解消して、子供の新生活を応援しましょう。

公開日:    最終更新日:

子供の一人暮らしは不安がいっぱい

https://www.photo-ac.com/

お子さんはどこで一人暮らしを始めるのでしょうか。親が土地勘のある場所でしたら不安も少し和らぐでしょう。ただ親にも土地勘がないのでしたら、部屋探しをかねて下見に出かけましょう。駅を降りた時の印象、街の活気、夜道の暗さなどネット検索だけでは感じられないいろいろな発見があるはずです。

そうすることでどの辺りで部屋を探すが、部屋の選び方がはっきりとしてきます。

地方での一人暮らしの部屋の選び方は?

部屋探しは早めに

https://pixabay.com/ja/

不動産の繁忙期は1~3月と言われています。ただその時期になって探し出しても人気物件はすでに契約済みになっていることもよくあることです。

とくに社会人に人気の駅近物件は、2月にはもう満室という状況もあり得ます。そもそも地方では物件が少なめです。

もし一人暮らしになりそうだと感じたならば11月~12月にかけて不動産情報サービスサイトに登録し、どんな物件があるのか下調べをし、部屋の選び方を少しずつ明確にしておいたほうが得策です。

地元不動産は必ずチェック!

https://www.pakutaso.com/

地方では地元の企業を好み、応援する雰囲気があります。そのため大家さんが地元不動産とだけ提携しているという場合もあります。

そのため部屋探しで特に重要なのが地元不動産HPのチェックです。大手仲介業者と同じくらい地元不動産の力が強く、取り扱い物件もひけを取りません。地元不動産限定の部屋がある確率が高いので、ぜひおすすめします。相談に行くと地元ならではの情報を聞くことができるでしょう。

マンションレビューサイトで検索を

マンションノート、マンションレビューといったサイトをご存じですか。希望する賃貸マンションの元住民の口コミが書いてあると、部屋の選び方の参考になります。ぜひチェックしてみてください。

「マンションノート」サイトはこちら
https://www.mansion-note.com/

「マンションレビュー」サイトはこちら
https://www.mansion-review.jp/

希望の部屋が見つからないなら

https://www.pakutaso.com/

電車通学、通勤の場合駅近物件が希望でしょう。ただ運良く空いていることは少ないかもしれません。駅まで自転車で行ける範囲まで広げるなど、選び方を柔軟にしてみましょう。

自治体によっては、駅前駐輪場を無料または格安で提供していますので調べてみて下さい。駅から離れるけれどもショッピングモールや繁華街の近くに住むのも便利でいいかもしれません。

焦る必要なし!

遠方から出てきたのに希望する部屋に出会えなかった。望むような部屋ではないけれども仮契約だけ済ませて帰ろうか。そんな重い気持ちになってしまうこともあるかもしれません。

そのような時は本契約の期限直前まで待ちましょう。何日かたって運良くキャンセル物件が出てくるかもしれません。100%希望する部屋に出会えることは少ないでしょう。

親子共々納得できるまでじっくり考えることが大切です。

関連記事