【婚活に疲れたアラサー】婚活が成功しない理由と婚活疲れから抜け出す方法

アラサーでの婚活は「婚活疲れ」との闘いかも

20代のころは「別に婚活なんてしなくても、いつか自然にできるでしょう?」なんて思っていたのに、気がつけばアラサーになって彼氏もいない。

30代になって初めて、「ヤバい!このままじゃ結婚できないかもしれない。子供だってほしいし、どうしよう…」なんて婚活を始める女性は少なくありません。

婚活は相手あってのもの

しかし、婚活は仕事や勉強と違い、相手あってのものです。あなたが選んだ男性に、選ばれなくては始まらないのです。

そもそも婚活は「一緒に人生を歩んでくれる男性を探す」という人生のかかった大勝負です。一つ一つの出会いには当然期待がありますし、期待が外れた時の喪失感は言葉には表せないでしょう。

期待通りの男性に出会えることは稀ですし、そんな男性に出会えたからと言って彼があなたを選んでくれるとは限りません。

婚活は、あなたの気持ちだけでなく、お相手の気持ちも一緒に進まないと進展しないのです。

「婚活疲れ」は婚活への絶望が引き起こす

アラサーと呼ばれる年齢になってすぐに婚活を始めたのに、30代になっても全然いい出会いなんてない、結婚どころか彼氏ができる気配も見られない。そんな毎日を送っていては、男性とのメッセージのやり取りも、出会いの場に行くのも面倒だと感じるようになるかもしれません。

「婚活疲れ」は婚活への絶望が引き起こすのです。しかし、疲れたからといって婚活から離れてしまっては、これまでと何も変わりはありません。

30代の婚活は、婚活疲れとの戦いです。疲れたなんて言っていないで、最後まで婚活を続けた女性だけが、婚活で勝者になれるのです!

アラサーの婚活が苦戦する原因とは?

日本人男性は、とにかく若い女性を好みます。

悔しいですが、どんなに美意識が高くスタイルのいいアラサーでも、ぽっちゃりとした20代前半の女性には劣るのです。だって、20代なら何もしなくてもお肌はピチピチ、ツルスベですし、人生経験も少ないから素直で可愛らしい印象を受けますよね?

子供が欲しいから子供の産める女性と結婚したい男性

また、婚活市場での男性は「人生のパートナー」を選ぶというよりも、「子供が欲しいから子供の産める女性と結婚したい」という気持ちでいる方が多いです。それも、2人以上の子供を望む方が多いのです。そうなると、どうしても30代よりも20代に目が行きます。

子供を産むならば、当然若い女性の方が有利であり、アラサー女性の婚活戦線は不利な状況に追い込まれます。

相手に求めるレベルも上がっている!

さらに、女性でも30代になれば収入もそれなりですし、自分のライフスタイルも確立されています。その分、アラサー女性は知らず知らずにお相手に求めるレベルも上がっているのです!

「収入は○○円以上でなくちゃ」「私の趣味をじゃましない男性がいい」「親との同居、介護の心配はしたくない」「今の仕事は止めたくないから○○ぐらいに住んでいる人」そんな条件ばかりがどんどん上がっていませんか?

選んでくれる男性が少なくなっているのに、条件を複数提示することで、アラサー女性の婚活はどんどん苦戦していきます。

婚活ですから、条件を付けるのは当然です。しかしまずはお相手に会ってみて、それから条件を考えるのもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました