「恋をすると痩せる」って本当!?恋とダイエットの意外な関係

スポンサーリンク

「恋をすると痩せる」って本当?

「恋をすると女性はキレイになる」と言われますが、そんな経験、みなさんも経験ありませんか?

  • 「彼のことで頭がいっぱいで、自然に食欲がなくなり、5キロ痩せました」
  • 「恋煩いで食欲が落ちて」
  • 「彼のことを考えると胸がいっぱいで、お腹がすかない」

なぜ女性は恋をすると綺麗になるのでしょうか。恋をして痩せたり綺麗になったりするのには、実は理由があったのです。

逆をいうなら、なんか綺麗になったね、と、最近よく言われるようになったと思うならそれは恋をしている証拠!周囲がすぐにわかるほどの変化があるということです。

これは何も、必ずしも両想いである必要はありません。片思いであっても、女性は恋をするだけで途端に綺麗になるものなのです。

恋をすると綺麗になる。そのメカニズムは、一体どういうものなのでしょうか?今回は、その謎を徹底解剖します!

恋をすると痩せるのは気のせいじゃない!その理由とは?

デートの前の日からそわそわして食事も喉を通らない…。デート中も緊張したりドキドキしたりして味がよく分からない!

これには科学的根拠があります。

恋愛をすることで、様々なホルモンが分泌され、肌の調子を良くする、食欲が抑制されるなどのダイエット効果が期待できるのです。

恋をすると、可愛くなる、痩せる理由をご紹介します。

「恋愛ホルモン」の分泌で、痩せる!?

私たちのカラダでは、多くのホルモンが分泌され、体の働きを調整しています。その数は100種類以上とも言われています。

その中には、「恋愛ホルモン」と呼ばれるものがあります。恋をすることで、恋愛ホルモンが分泌されるため、肌の調子が改善されたり、ダイエット効果が期待できるです。

そのため、「恋をすると綺麗になる」と言われているのです。

ダイエット効果が期待できる恋愛ホルモンは、以下の4つになります。

ダイエット効果が期待できる恋愛ホルモン
  • ドーパミン…「やる気ホルモン」とも呼ばれている脳内ホルモン
  • エストロゲン…女性らしい体を作る女性ホルモン
  • オキシトシン…妊娠・出産・母乳の分泌に関係するホルモン。「幸せホルモン」とも呼ばれる
  • フェニルエチルアミン(PEA)…恋愛ホルモンの代表格で多幸感を関連する脳内ホルモン

ドーパミンで食欲抑制・新陳代謝促進

恋をした時の「ときめき」を感じることで、ドーパミンが分泌され性中枢が刺激されます。

視床下部にある性中枢は、性ホルモンを調整している部位です。ドーパミンが分泌されると性中枢が刺激されます。すると、性中枢の近くにある満腹中枢も刺激されます。そのため、食欲が抑制されるのです。

恋わずらいで食欲がない、というのは、このような減少が起きているためです。

エストロゲンで美肌・脂肪燃焼効果

女性ホルモンのひとつであるエストロゲン。恋愛時の「ときめき」によって性中枢を刺激しエストロゲンの分泌が活性化すると言われています。

エストロゲンは、女性らしいカラダを作るホルモンです。自律神経が整える、美肌効果、バストアップ効果、脂肪燃焼効果が高まるなどの働きがあります。

生理終了後から排卵前までは、体調が良い、ダイエットしやすいと言われていますが、これはエストロゲンの分泌が増える時期ということなんです。

オキシトシンでストレス軽減

オキシトシンは、「幸せホルモン」と呼ばれ、自律神経を整える、ストレスを軽減するなど、心の安定に関連するホルモンです。心の不安定は、ダイエットには悪影響を与えてしまいます。

また、近年マウスを使った研究では、オキシトシンによって過食を抑制する作用があることがわかり、肥満治療として期待されています。

オキシトシンは、「抱擁ホルモン」とも呼ばれています。このように呼ばれる理由は、手をつないだり、抱擁するなどスキンシップによって分泌されるためです。

好きな人とのスキンシップは、オキシトシンを分泌させ多幸感を得られストレスを軽減してくれているのです♡

タイトルとURLをコピーしました