リミットはある?再婚を目指す上で気になってしまう年齢事情

現在、再婚を目指して婚活をしようと考えている方も多いかと思います。再婚を目指す上で気になってしまうのが年齢の問題ですよね。20代や30代なら難なく再婚もできそうですが、40代や50代となると相手に対する不安や世間体など、あらゆる不安が出てきてしまいます。そこで今回は、そんな再婚における年齢事情についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

再婚をする上で気になってしまう「年齢事情」

https://pixabay.com/

結婚に「結婚適齢期」があるということはよく言われますが、そもそも再婚するのに適齢期やリミットってあるのでしょうか?初婚の平均年齢が年々上がっている今、再婚の平均年齢だって、当然上がってきています。もはや再婚年齢にリミットなんて、ない!という気もしますね。

でも、実際は女性が40代や50代で再婚する場合は、出産のタイムリミットや相手の男性の年齢や世間体など、気になることはたくさんでてきます。

40代で出産する女性は年々増加傾向にありますが、再婚相手との子供を希望する男性は、再婚相手に若い女性を希望することがほとんど。そのため40代以上の女性が再婚する場合「子供を希望する男性」からは対象外とされてしまうのです。

https://pixabay.com/ja/

また、40代50代といえば、親の介護が重くのしかかってくる年代。結婚した途端にどちらかの親の介護が始まって、新婚生活どころじゃない!なんてことにもなりかねません。

さらにお互いに子や孫がいる年代になれば、世間的には「老いらくの恋」と言われ後ろ指をさされたり、財産分与で揉めたり反対されたりすることも多く、難しい部分がでてきますよね。

一般的な再婚の平均年齢はどれくらい?

https://pixabay.com/

離婚は年々増えて、厚生労働省のデータでは1975年には11万件だったのが、26年後の1996年に、20万件をこえています。これに伴い再婚の平均年齢も初婚と同様、年々上昇しているんですよ。

初婚の平均年齢は、昭和50年には夫は26.9歳、妻は24.4歳でした。ですが、平成27年には夫は30.7歳、妻は29.0歳と4歳ほど高くなっています。

夫が再婚で妻が初婚の場合の再婚平均年齢は、昭和50年のデータで、夫は36.1歳、妻は30.4歳でした。しかし平成27年には、夫39.6歳妻32.9歳と、3歳ほどの開きがありますね。

妻が再婚で夫が初婚の場合、昭和50年の夫の再婚平均年齢は29.6歳、妻は30.0歳でした。その後平成27年には夫35.9歳妻36.0歳と、6歳も上昇!

夫も妻も再婚同士の夫婦では、夫は40.4歳から46.5歳へ。妻は36.2歳から42.7歳とやはり6歳ほど上がってきています。

初婚の平均年齢が上がれば再婚の平均年齢が上がっていくのは当たり前。平成27年の調査てでこれだけ高齢化しているのですから、今後はますます上昇していくことが予測できるのではないでしょうか。

年齢によって再婚が見不利になってしまうことはある?

3組に1組が離婚するといわれている現代で、バツありで再婚を希望する人は多く、離婚歴があることや、バツありでの再婚は、特別なことではなくなってきています。では、年齢によっ再婚が不利になってしまうことはあるのでしょうか?不利になってしまう場合を見ていきましょう。

関連記事