老後の不安を解消できる!転職や再就職に便利な老後に役立つ資格特集

年金の減額や貰える年齢の引き上げなど、何かと不安がついて回る老後のお金問題。そんな不安を解消するためにできることは、資格を取って老後の「もしも」に備えることです。転職や再就職に有利な資格を持っていれば、老後にまた働かなければならない状況になっても仕事が決めやすくなります。そこで今回は、そんな老後に役立つ資格についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

何かと不安や心配事が多い「老後」


https://www.pakutaso.com/20160247056post-7065.html

人生100年時代と言われている日本は、高齢化がどんどん進んでいます。年金の支給額も減らされたり、先延ばしになったりして定年後はどのように生活していけばいいのか不安になる人は多いでしょう。

定年後、会社で再雇用されて働いても65歳までしか再雇用はされないのが現状です。いくら健康で働きたい意欲があっても、働く場所がなければ不安は募る一方です。このようなとき資格などがあれば老後に役立つ可能性があります。

老後の不安を減らすには、資格を取って備えることがおすすめ


https://girlydrop.com/cafe/4026

老後の不安を減らすためには、役立つ資格を事前に取って備えることをオススメします。同じような状況の人が再就職や転職を希望していても、資格がある人とない人では資格がある人の方が断然有利だからです。

資格を取ったから必ず再就職・転職をできるとは限りませんが、可能性を広げられることならやっておきたいですよね。資格を保有していることが精神的にも「保険」になり、少しは不安が和らぎます。

資格の勉強方法にはどのようなものがある?


https://www.pakutaso.com/20180234040mac.html

役立つ資格を取得するにはさまざまな方法があります。社会人として働いているとなかなか時間が取れない人も多いでしょう。ここでは資格の勉強方法にはどのようなものがあるのか紹介します。

独学

独学は勉強が好きで自分で調べたりするのが得意な人に向いています。自分で参考書なども購入しなければならないですが、自分のペースで勉強ができますし、仕事をしていたら時間を作るのが大変ですよね。

ただし、独学で勉強すると重要な項目などが把握しにくく、間違って理解しても誰も修正してくれる人がいません。そのため独学で資格を取得するのは効率が悪いと感じてしまう人もいるでしょう。

講習

資格を取得するには講習を受ける方法もあります。講習は授業を受けるような感覚で受けられるため、独学より知識が得られ、重要な項目の取りこぼしも少なくなります。また得意なところから苦手なところまで満遍なく勉強ができることが講習を受けるメリットでしょう。

独学と違い講習を受けるには授業料がかかり、わからないと授業から遅れてしまう可能性もあるのでしっかり予習・復習をする時間が必要になります。

専門学校へ通学

資格を取得するため専門の学校に通えば教師からしっかり学ぶことができます。わからないところは教師に質問することもできますし、勉強しやすい環境と言えるでしょう。

社会人として働いている人は学費と通学の時間がかかり、拘束時間も長くなるため時間に余裕がない人には向いていません。社会人のために夜間に生徒を受け入れる専門学校もありますが、仕事と学校の両立は精神的にも肉体的にもすごく負担がかかります。

通信講座

社会人にも人気のある通信講座が今は人気があります。働いていると時間に限りがあるので、自宅で受講できるのは助かりますよね。通学する時間を節約できますし、資格を取得するためだけに教材がしっかり出来上がっているのも勉強しやすいでしょう。

通信講座は専門の教材が用意されているので、わからないところは繰り返し勉強できますし、メールなどの質問を受け付けているところもあるのでおすすめです。

資格を取る前に計画を立てよう


https://www.pakutaso.com/20140437120post-4117.html

資格があるからといって、必ず再就職・転職ができるとは限りません。今は高齢者も多くなってきており、高齢者向けの求人もたくさん見かけますが倍率が高くなってきています。これからどんどん高齢者が増えていけば、今後はもっと厳しくなっていく可能性もあります。

役立つ資格を取る前に、自分が今後どのような老後を送りたいのか計画を立てておくのもおすすめです。
①資格を生かして再就職をする
②資格を取って定年前に新しい分野に挑戦する
③資格を取って独立を狙う
このように仕事の選択肢はたくさんあります。老後はどのように働きたいかしっかり計画を立てておくと、先で有利な資格がわかってくるでしょう。

一般的な定年後の仕事は?


https://www.pakutaso.com/20150924273post-6127.html

定年退職を迎えた人たちは、その後どのような仕事をしているのでしょう?
・清掃
・レジ打ち
・タクシーの運転手
・配送や新聞配達
・警備員(駐車場や工事現場など)
・マンションの管理人
AI知能の発展が期待されていることから上記の仕事は今後、ロボットなどが人の代わりに働くようになり、高齢者はますます仕事が減っていく可能性があります。

転職や再就職に便利な老後に役立つ資格特集

一般的に資格といえば国家資格とそうでないものがあります。定年後に有利なのはもちろん国家資格ですが、試験を受ける際年齢制限などさまざまな条件をクリアすることが必要になってきます。

しかし、資格を保有していることは老後に必ず役立つので、転職や再就職に便利な資格をここでは紹介します。

MOS・エクセル・ワード

MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)、エクセル(表計算ソフト)、ワード(文章作成ソフト)は事務で働きたい人にはオススメの資格です。事務ではこのようなスキルを持っていると有利になります。これからIT社会になって来ると高齢者にもニーズが増える可能性があります。

上記の資格を取得しておけば、老後は自宅で高齢者向けにパソコン教室などを開くことも可能です。生徒が同じ世代だと仕事がしやすいのもありますが、自宅で教えることができるのが最大のメリットです。体調が悪いときでも家族の側で仕事ができれば安心感に繋がりますよね。

行政書士

行政書士は合格率7%前後と勉強をしっかりしなければ取得の難しい資格ですが、最近では離婚などの調停も増え行政書士はニーズの高い職業と言えるでしょう。仕事内容はおもに行政機関に提出する書類の作成や手続きの代理を行います。

自宅で開業している人も多く、自分のペースで仕事ができるのが何より魅力的ですね。独立して自営業の道を歩むのも老後の選択肢として考えてみるのもいいでしょう。

TOEIC

語学ができる人は雇用されやすいので、英語に自信のある人はTOEICを受けるのをオススメします。1ヶ月に約1回のペースで試験も行われているので、なんども挑戦できるのが嬉しいですね。

大手企業などでは社内語に英語を取り入れている会社も増えてきています。外国人の採用も増えていることから、今後英語は取得しておきたい資格の一つでしょう。

マンション管理士

マンション管理士の合格率は10%未満とやはり難関な資格です。しかし、定年退職後の再就職としてもっとも人気のある職業でもあります。マンション管理士はおもにマンション管理組合の運営をおこないます。

マンションの建物構造上の問題や住民トラブルまでさまざまなマンションに関する相談に応じることが仕事になります。今は老朽化したマンションや建物が増えてきており、建て替えなどが検討されてきています。そのため今後はマンション管理士のニーズが高まる可能性があるので資格を取得しておくと有利になるでしょう。

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナーはお金の専門家として人の役に立つ資格になります。感謝されることが多く、やりがいを感じる人も多いのではないでしょうか。資格を取得する難易度も3級であれば70%前後と比較的高いため、取得しやすいのも嬉しいですよね。

ファイナンシャルプランナーの資格を持っていると保険会社などへの再就職・転職に有利ですが、自分で開業している人もいるのでオススメです。

オススメの通信講座


https://www.pakutaso.com/20140337078post-3962.html

・ヒューマンアカデミー
・生涯学習のユーキャン
・がくぶん総合教育センター
・ニチイ学館
・キャリアカレッジジャパン

不安定な老後へ向けて、しっかりと備えることが大切

元気で健康なら、働き続けたいと思っている人は多いでしょう。定年後の生活を考えると、年金だけでは生活が不安になる人もいますよね。今は役立つ資格を取得する方法はたくさんあります。

自分にあった勉強方法を見つけて、資格を取得しておけば、老後の不安も少しはなくなることでしょう。不安を解消するためにも事前にしっかり計画して老後へ向けて備えることが大切です。

 

関連記事