目元美人に♪50代での正しいアイラインの引き方&NGアイライン

スポンサーリンク

50代でのメイクは目元の印象が重要!

見た目の印象を決める上で一番重要な顔のパーツは目元だと、ご存知ですか?そして、目元は気持ちが表れやすいパーツなので、アイメイクは印象をよくする為の重要なポイント。ですが、50代の目元はシワやたるみが気になるパーツでもあります。

そんな50代の目元でもアイラインの引き方一つで上品で若々しい目元を演出できるのです。では、アイラインの引き方を学び、目元美人な50代女性を目指しましょう。

50代での正しいアイラインの引き方とは

それでは、50代での正しいアイラインの引き方をご紹介します。

50代での正しいアイラインの引き方STEP1

まず、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにアイラインを引きます。たるんでまぶたが目にかぶって見にくい場合は、指でまぶたを軽く引き上げます。引き方のポイントですが、一気に引こうとせず、少しずつ点で結ぶようなイメージで引きましょう。少しずつ引くことで、アイラインをまっすぐ目に沿って綺麗に引くことができます。

50代になるとまつ毛のボリュームもダウンしてしまい、まつ毛とまつ毛の間に隙間ができてしまいます。隙間を埋めるだけでも目元がハッキリとした印象になります。

50代での正しいアイラインの引き方STEP2

目に沿ってアイラインを引いた後、目尻は少し上に流すように引きましょう。目元のたるみが気になる50代は、目尻を少し上に流して引くことで、たるみ目をグッと引き上がって見せることができます。

引き方の注意点は目尻をはね上げないようにして、目尻から5㎜ぐらいのところまで流すように描きましょう。

50代での正しいアイラインの引き方STEP3

まつ毛の間を埋めたあと、まつ毛の上にラインを重ねて引きます。その引いたアイラインをぼかします。アイラインをぼかすことで、奥行きのある立体的な目元になり、ナチュラルに目を大きく見せることができます。引き方の注意点は、ラインが太くなりすぎると逆に目が小さく見えてしまうので、ナチュラルに目元を強調するのがポイントです。

50代でやってはいけないNGアイライン

50代になっても若々しくいたいと思うもの。アイラインをつい濃くなってしまうと逆に老けて見えてしまうことも。目元美人を目指すなら、50代でやってはいけないNGアイラインがあります。では、アイラインの引き方で注意したいポイントをご紹介します。

50代でやってはいけないNGアイライン①目を囲む

上下を黒のアイラインで囲んでしまう引き方は、かえって目を小さく見せてしまいます。また、きつい印象やくすんだ印象になってしまうので、50代ではナチュラルなアイラインの引き方を意識しましょう。

50代でやってはいけないNGアイライン②目尻をはね上げる

若い子のように目尻をはね上げるアイラインの引き方を50代でしてしまうと、古臭い印象になりがち。無理して流行りメイクを取り入れず年齢にあったアイメイクを心がけましょう。

50代でやってはいけないNGアイライン③派手な色のアイライン

派手な色のアイラインは、目元を引き締める効果が薄れてしまうので、50代におすすめのアイライナーはブラウンやブラックで目元をくっきりさせるのが良いでしょう。

50代におすすめなアイライナー特集

50代のぼやけた目元を引き締めてくれる必須アイテムなアイライナーですが、様々なブランドから商品がリリースされています。どのアイライナーを選べばいいのか悩みますよね?くすみがちな50代の目元には、落ちにくくて描きやすいアイライナーを選ぶのがポイントです。では、理想の目元を作るための「アイライナーの色選び」と、「イメージ別!おすすめアイライナー」をご紹介します。

50代のアイライナーの色の選び方

50代女性には、定番のブラックかブラウンのアイライナーがおすすめです。では、2色のアイライナーの特徴をご紹介します。

定番のブラックアイライナー

目元をパッチリと見せたい人はブラックのアイライナーがおすすめです。引き方の注意点は、50代の目元では、あまり濃く過ぎるときついイメージになってしまうので、細くナチュラルに仕上げましょう。

優しい印象のブラウンアイライナー

ブラックより優しい印象になるので、ナチュラルに仕上げたい人や、やわらかなイメージを試したい人におすすめです。ペンシルアイライナーなどやわらかな質感を選べば、ぼかすことが出来るので立体感のある優しい目元を作ることができます。

イメージ別!おすすめのアイライナー

アイライナーの素材や質感によってイメージが変わってくるので、自分の理想に合わせて選ぶと良いでしょう。では、50代におすすめのアイナイナーをご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました