美を維持する!キレイなあの子が必ずやってる美容メンテナンスまとめ

美を維持するのは大変・・・・


http://girlydrop.com/girls/1121

いつもキレイな友人や憧れの先輩を見ると「どうやって美をキープしてるんだろう…」と思いますよね。

美肌を保つスキンケアや、健康な身体づくりは1回しただけで効果が出るわけではありません。

毎日続けたり、ときどきスペシャルケアをすることで美しさや健やかさを維持することができるのです。

お肌や身体も、良い状態を保つためにはメンテナンスが必要です。

そこで、きれいな人がどんなふうにメンテナンスをしているか、ご紹介します。

毎日全部のメニューをこなす必要はありませんので、取り入れやすいものや続けやすそうなものから取り組んでみてくださいね。

あの子もやってる美容メンテナンス:スキンケア編

まずは、女性がいちばん気になるスキンケアに関するメンテナンスメニューをご紹介しましょう。

朝美容をする

https://girlydrop.com/

小さな子どもがいたり、同居している人がいたりしてお風呂上がりにゆっくりスキンケアの時間をとれない場合は、朝少し早く起きてスキンケアの時間にあてましょう。

朝起きて、ごはんを食べる前に洗顔をしてスキンケアをすると目が覚めますし、気分もサッパリしますよ。

朝の洗顔は、ぬるま湯洗顔がおすすめです。

夏など、顏のべたつきが気になるときは泡でしっかり洗う方が良いですが、泡洗顔が肌に負担をかけて乾燥することもあります。

ぬるま湯でも汚れは落とせますので、乾燥が気になる季節はぬるま湯で洗顔しましょう。

洗顔をした後に蒸しタオルで毛穴を開いてからスキンケアをすると、浸透力がアップし、より効果的ですよ。

蒸しタオルは、わざわざ鍋を使わなくても濡らしたタオルをお皿に乗せて電子レンジで温めるだけで簡単にできます。

蒸しタオルでぬるま湯洗顔の代わりにもなりますし、顔を拭いたあとに耳の後ろも拭くとサッパリして気持ちいいですよ。

また、髪にタオルを当てると寝癖を直すこともできます。

蒸しタオルで毛穴を開いた後は化粧水でしっかりと毛穴を引き締めましょう。

また、コーヒーを淹れたり朝食の準備をしているときなどにシートマスクを貼ってほしい成分をしっかりチャージをするのもいいですね。

一年じゅう紫外線対策をする

https://girlydrop.com/

夏だけではなく一年じゅう紫外線対策をすることで美肌を維持することができます。

外出せず家のなかにいても紫外線を浴びますので、外出の予定がないときも日焼け止めを塗ることがおすすめです。

また、紫外線を浴びて少し肌がヒリヒリすると感じたときは、アフターケアをすることも大切です。

紫外線によって肌はダメージを受けていますので、まずは肌の炎症をしずめてから保湿をしましょう。

ひんやりしたジェルで肌の火照りや赤みをおさえてからいつものスキンケアをすると良いですよ。

ピーリングをする

https://www.pexels.com/ja-jp/

毛穴の汚れを落として肌のざらつきを解消させるピーリングをすると、肌がワントーン明るくなったりメイクのノリが良くなったりします。

ピーリングというと肌に負担がかかりそうと思いがちですが、最近は肌にやさしいピーリングが主流です。

肌に負担をかけずに、不要な角質を取り除いてツルツル美肌を手に入れましょう。

肌に合う化粧品が少なくて、新しくアイテムを買うのが不安な場合はピーリング剤を手作りするのもおすすめです。

手作りピーリング剤は、重曹小さじ1~3杯を精製水で溶かせばできあがりです。

いつも使っている乳液ぐらいの固さになるように、量を調節してくださいね。

★使い方

①洗顔後の肌に塗って数分~10分放置します。

このとき、マッサージをすると肌に負担がかかりますので、くるくると撫でたりせずに放置するだけにしてください。

②ぬるま湯で丁寧に洗い流します。

③洗い流したあとは、化粧水や乳液などでしっかり保湿しましょう。

参考
https://men-joy.jp/archives/451568

身体のさまざまなパーツを整える

人の目につきやすいパーツを整えると、一気に垢抜けてきれいに見えます。

➀マツエク

https://www.photo-ac.com/

目をぱっちりと印象づけるためにマツエクをつけている人は多いと思います。

マツエクは、メンテナンスをすることでキレイに長もちしますので、以下のことに気をつけましょう。

・マツエクでも使えるクレンジングを使う。

クレンジングオイルはマツエクの接着剤を分解するため避けましょう。

・ウォータープルーフの化粧品は使わない。

マツエク中はオイルクレンジングが使えませんので、落ちにくいウォータープルーフの化粧品は避けることがおすすめです。

オイルフリーのクレンジングでも落ちるアイシャドウやマスカラを使いましょう。

・洗顔後はまつ毛の水気をとる。

まつ毛が濡れているとマツエクが長持ちしませんので、お風呂上がりや洗顔後はティッシュでやさしくまつ毛を拭いて水気をとることが大切です。

②ネイル

https://www.pakutaso.com/

手や爪も人目につきやすいパーツですので、常にきれいにしたいものです。

ネイルサロンでネイルケアをしてもらったり、お風呂上がりにセルフネイルケアグッズを使ってネイルのお手入れをしましょう。

健康な爪だとかわいいネイルアートがより映えますよ。

③髪

https://girlydrop.com/

髪も大きく印象付けるパーツですので、メンテナンスをして美髪を維持しましょう。

髪を伸ばしている場合は、美容院へ行かずに伸ばしっぱなしにすることもあると思いますが、定期的に傷んだ部分だけカットしに行くと、きれいに伸ばすことができます。

傷んだ部分のカットとトリートメントをしてもらって、美しい髪を手に入れましょう。

また、カラーリングしている場合は、髪の根元が黒いと清潔感が失われますので、こまめにカラーリングをしてもらいましょう。

そして、自宅では髪を乾かすときにヘアミルクやヘアオイルなどをなじませてからドライヤーを当てると熱によるダメージから髪を守ってくれます。

お気に入りの香りのヘアケアアイテムを使うと、気分も上がりそうですね。

あの子もやってる美容メンテナンス:「身体を整える」

身体が健やかに整っていると、スキンケア効果も上がり美肌につながりますので、身体もメンテナンスしていきましょう。

お風呂でデトックス

https://pixabay.com/

お風呂でデトックスするいちばんのおすすめは半身浴です。

半身浴でじっくりと汗をかくことで、体内の老廃物や脂肪分などの排出を促してくれる半身浴。

汗をかきますので、水を入れたマグを持って水を飲みながらゆっくりと半身浴をしましょう。

このとき、フェイスマスクを貼りながら湯船に浸かったり、マッサージクリームを使ってフェイスマッサージをしながらすると美肌効果も期待できます。

また、休みの日にお昼からゆっくり湯船につかったり、寝る前に浴室の電気を消してキャンドルを灯して湯船につかったりするのもとても気持ちいいですよ。

リンパマッサージ

https://pixabay.com/

リンパマッサージは、身体に不要な老廃物を排出し、むくみや冷え性を改善してくれます。

手軽にできるおすすめのリンパマッサージは以下の2つです。

・鎖骨

①右手で左の鎖骨の上を中央から左肩に向かって10回さすります。

②左手で右側の鎖骨の上を中央から右肩に向かって10回さすります。

・顔

①顎の下からエラにかけてリンパを流します。

②親指を上にして両手をクロスして、そのまま顎の先へリンパを流します。

③顎の下からエラの部分まで円を描くようにマッサージをします。

リンパマッサージをするときは、肌に負担をかけないようにボディクリームやマッサージクリームなどを塗ってからすると良いですよ。

美容整体

https://pixabay.com/ja/

身体が歪んでいると代謝力が低下したり、身体がむくんだりします。

代謝が上がると脂肪を効率よく燃焼してくれますし、また冷え性も改善されます。

O脚や猫背、骨盤の歪みなどの身体の悩みも解消される整体ですが、セルフでは難しいので整体サロンに行って施術を受けましょう。

食事を見直す

https://www.photo-ac.com/

肌や身体に良い食材を積極的に摂り、暴飲暴食を避け、三食しっかり食べることで肌も身体もヘルシーにきれいに保つことができます。

では、まずは美容に良い栄養素をご紹介します。

①動物性タンパク質

タンパク質は髪や肌をつくるために必要な栄養素です。

②ビタミン

ビタミンは肌の調子を整え、新陳代謝を促します。

③ミネラル

カルシウムやマグネシウム、亜鉛、鉄などのミネラル。

亜鉛は肌を健康的に保ち、鉄分は肌のくすみを予防してくれます。

次に、美容に良い栄養素を多く含む食べ物をご紹介します。

①肉、魚、卵

これらの食材には動物性タンパク質、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれています。

ただし、脂質も含まれていますので、気になる場合は脂身が少ない部位を選ぶと良いですよ。

また、調理をするときに焼いたり揚げたりするよりも、蒸したり茹でたりするとより良いです。

②野菜、きのこ類

野菜やきのこには、ビタミンが豊富に含まれています。

にんじんやブロッコリーに含まれているビタミンAやビタミンEは油と一緒に摂ると吸収率が上がりますので、炒めて食べると良いですよ。

また、冷たいサラダよりも火を通して温かくすると身体が温まって血流が良くなり代謝も高くなります。

蒸したりスープにしたりすると、カサが減り、野菜の甘みも増すので、たくさんおいしく食べることができます。

③大豆製品

大豆製品にはタンパク質・脂質・ビタミン・鉄・亜鉛など、さまざまな栄養素がバランスよく含まれています。

また、抗酸化作用のある大豆サポニン、女性にうれしい大豆イソフラボンなども含まれていますので、毎日でも摂りたい食材です。

④発酵食品

発酵食品には腸内環境を整える善玉菌が含まれています。

腸内環境を整えると美肌になりますので、発酵食品も毎日食べたいですね。

納豆、チーズ、ヨーグルト、味噌などが食べやすい発酵食品だと思います。

これらの食材のなかの特定の食材だけを食べるのではなく、いろいろな食材をバランスよく食べることが大切です。

自分で食事をするときにたくさんの食材を使うのは大変ですが、簡単に使う方法もたくさんあります。

たとえば、

・朝食にヨーグルトをプラス。ヨーグルトにはフルーツソースをかけて甘みを出す。

・寒い時期に野菜をたくさん使ったスープを作る。

最初はコンソメで味付けをして、飽きたらカレー粉やホールトマトをプラスして味を変える。

・絹ごし豆腐にきな粉をかけて簡単な和スイーツ。

・好きな野菜をざくざく切って電子レンジで加熱するだけで温野菜サラダのできあがり!

余った野菜は冷凍しておくと好きなときにまた使えます。

などなど。

アイディア次第で簡単にいろいろな食材を簡単にたくさん食べることができますよ。

参考にしたサイト:
https://www.kose.co.jp/eterna_agingcare/aging_other/other19.html

水をたくさん飲む

https://pixabay.com/ja/

身体を健やかにきれいに保つためには、水をたくさん飲むことも効果的です。

理想的なのは常温の水を1日1.5~2リットル飲むことです。

冷たい水は内臓を冷やしますので、暑い季節でも常温の水を飲みましょう。

水だけで2リットル近く飲むのが難しい場合は、起床後に白湯を飲むのも良いですよ。

白湯を作るときは南部鉄器のやかんを使うと鉄分も摂れて良いと言われますが、それはなかなかハードルが高いですよね。

なので、普通のやかんやミルクパンで白湯を作りましょう。

まず、水道水を沸騰させて、そのまま10~15分ほど沸かし続けます。

そのあと50度ぐらいまで冷ましたものを起床後にゆっくりと時間をかけて飲みましょう。

朝に飲む白湯には、肩こりや便秘の解消、美肌作り、冷え性の改善などの効能があると言われています。

冷え性を改善する

http://girlydrop.com/

冬になると手足が氷のように冷たくなる冷え性。

冷え性は体質だと思われがちですが、日常生活のなかで改善することもできるんですよ。

冷え性を改善することで、血流が良くなり代謝も上がりますので、美容のためにも健康のためにも冷え性を改善していきましょう。

冷え性を改善するためには、

①食事で身体を温める。

ショウガやニンニクなど、身体を温める作用のある食べ物を食べるのが効果的です。

また、内臓を冷やさないために冷たい食べ物や飲み物を摂りすぎないように気をつけましょう。

②3つの首を温める。

寒いときは特に首・手首・足首を温めましょう。

また、背中やおなか、太ももなど身体の中心を温めると手や足の先まで温かい血液がめぐって身体が温まります。

軽い運動をする

https://pixabay.com/ja/

健康な身体を作るには、適度な運動がおすすめですが、いきなりハードな運動をしようとしてもなかなか続かないものです。

なので、最初は手軽に始められる軽い運動から始めましょう。

ヨガやストレッチ、散歩のようなウォーキングなどは家や家の周辺でできますし、自分の好きなときにできるので良いですよ。

また、身体に適度な筋肉をつけるのもとても良いことです。

ピンと伸びた姿勢を保つためにも、ヒールをはいてきれいに歩くためにも筋肉が必要だからです。

また、女性のおなかがポッコリするのは内臓を支える筋肉が少ないからだと言われています。

若々しく健康的な身体を維持するために「ながら筋トレ」で筋肉をつけていきましょう。

寝る前にベッドでできる筋トレなどもありますので、ぜひ続けてみてください。

あの子もやってる美容メンテナンス「心を整える」

お肌と身体を整えたら、次は心も整えましょう。

がんばりすぎない

https://girlydrop.com/

日々、仕事や勉強、家事や育児に奮闘している方もたくさんいると思います。

やることがたくさんあるなかで「ちゃんとしなきゃ」「あれもこれもしなきゃ」とがんばるのも素晴らしいことですが、がんばりすぎないことも大切です。

時には少し力を抜いて、誰かに任せられることは任せてみましょう。

また、スキンケアやダイエット、筋トレなど毎日がんばっていることも多いと思いますが、あまりストイックに自分を追い詰めすぎないことも大切です。

我慢しすぎると反動が出て、良くない結果を招くこともありますので、時には甘いものを食べたり、時にはトレーニングをお休みしたりして、身体や心を癒してくださいね。

我慢しすぎたり、自分を追い詰めすぎたりすると心が疲れてしまいますので、時には気持ちを開放するようにしましょう。

ストレスを解消する

明るく穏やかな気持ちで過ごせるように、自分なりのストレス解消法で上手にストレスを解消していきましょう。

ストレスを解消するためには何かをしなきゃいけないと思われがちですが、何もしたくない時は特別なことはせず、本当に何もしないでいるだけでもストレスを解消することができます。

また、好きなことだけをするのもストレス解消になると言われています。

デジタルデトックスをする

https://pixabay.com/ja/

今は必需品とも言えるスマートフォンやパソコンですが、長時間使用していると身体や心に影響を与えることがあります。

たとえば、スマートフォンやパソコンの画面から出るブルーライトは、目に影響が出たり寝る前に浴びることで眠りにくくなったりします。

また、うつむいた状態で長時間スマートフォンを見ていると二重顎や、顔のしわ・たるみの原因になることもあります。

デジタル機器は身体だけではなく気持ちに影響を及ぼすこともあります。

SNSに投稿することが心の負担になったり、誰かの投稿が自分にあなたにプレッシャーやストレスをかけたりすることもあります。

自分あてのメッセージやレスポンスがないか気になって片時もスマートフォンが手放せない、日に何度もメッセージをチェックする、など依存しているなと感じたら、デジタルデトックスをしてみましょう。

いきなり「1日スマホを触らない!」と決めると難しいので、1日のなかで少しずつスマートフォンを触らない時間を増やすようにします。

そして、少しずつ興味の対象をスマートフォンから違うものに移していって、スマートフォンをあまり触らなくなることが理想です。

あの子もやってる美容メンテナンス:その他

最後に、お肌・身体・心とは直接関係なさそうですが、メンテナンスとして考えてみると良いものを挙げたいと思います。

眠りの改善

https://pixabay.com/ja/

健康的な毎日を過ごすためには質の良い睡眠をとることがとても大切です。

よく眠ることで心も身体も元気になり、美肌にもつながるのです。

ただ、「よく眠る」ことは長く眠ることとは違います。

長時間寝れば良いというわけではありません。

人によってちょうどいい睡眠時間は違いますので、自分に合った時間を見つけてみてください。

また、気持ちよく眠るために寝具の見直しをしてみましょう。

身体に合ったベッドや枕を使い、季節に合ったベッドリネンを選びます。

ベッドリネンは肌に心地よい素材を選び、常に清潔に保ちましょう。

ファッションの見直しをする

https://www.pexels.com/

年齢を重ねていくと、似合う服や髪型が少しずつ変わっていきます。

昔買った服を大事にするのも良いことですが、色や形によってはだんだん似合わなくなることもあります。

一度、全身が映る鏡の前でファッションチェックをしてみましょう。

着てみて「あれ?」と思う服があったら思いきって断捨離すると気分もスッキリします。

美容メンテナンスをするときに大切なこと

http://girlydrop.com/girls/172

今までスキンケアや健康的な生活をするための美容メンテナンスメニューをたくさんご紹介してきましたが、これらは決して「毎日全部やってください!」というものではありません。

あなたの生活になじむもの、続けられそうなものなど、ひとつやってみるだけでも良いのです。

たとえば、美容メンテナンスメニューのなかの軽い運動に取り組んでみたとします。

運動をして汗をかくことでデトックス効果が得られて美肌につながるかもしれませんし、運動をすることでスッと眠れるようになるかもしれません。

ひとつやってみるだけで連鎖的に他の良いことにつながる可能性があります。

また、毎日取り組まなくても時間に余裕があるときや週末だけ取り組んでみるのも良い方法です。

ただでさえ忙しいときに「美容メンテナンスもしなきゃ!」と思ってそれがストレスになってしまっては本末転倒です。

できそうなことをできるときにやること、ゆるくてもいいので無理なく続けていきましょう。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

タイトルとURLをコピーしました