気を遣うママ友ランチ会…上手に乗り切るためのコツとは?

何かと気を遣って疲れてしまうママ友ランチ会

ママ友とのランチは気を遣うため苦手な人も多いはずです。気が合わないママもいれば考え方が違うママもいるでしょう。疲れる原因として、愚痴を聞かされる、プライベートを聞かれるなど、イヤな思いをしてまで行きたくない、というのが本音ですよね。しかし子供のお友達のママとなれば断りづらいのも事実です。あまり深く考えずうまく乗り切れるようになれば、ママ友ランチ会も以外に楽しめることができるようになるかもしれません。

ママ友ランチ会の開催頻度は?

ママ友のランチ会は月1ペースで行う人もいれば、シーズン毎に行う人もいます。とくに子供のイベントが終わったタイミングで開催されることが多く、入園・入学式や卒園・卒業式などはママ友との時間が合いやすく集まりやすいのです。ママ友ランチ会の開催される頻度はとくに決まりがあるわけではありません。しかし頻繁に行うのは経済的にも負担がかかるので、誘う方はその辺りを考えなければいけません。自分が行きたいとき一方的に誘うのは相手の迷惑になる可能性もあるので、相手の立場になって考えるのがいいでしょう。

ママ友ランチ会を上手に乗り切るためのコツとは?

せっかくランチに行くのだからできるだけ楽しみたいですよね。うまく乗り切れるコツさえ事前に把握していれば、あとで後悔する心配もなくランチ会が楽しめます。ママ友とのランチ会にあまり慣れていない人や、心配な人はうまく乗り切れるコツを知っておきましょう。

ママ友ランチ会を乗り切る①コツ同じママ友とばかり話さない

ランチ会の際は同じママ友とばかり話さないよう気をつけましょう。あまり同じママ友と話し込むと、周りのママ友と距離ができてしまいみんなあまりいい気分にはならない可能性があります。苦手なママ友がいる場合は普段あまり話さないママ友と会話してみるのもよいでしょう。普段話さないママ友と会話をすることで会話が弾んだり、共通点が見つかるかもしれません。新しいママ友ができるチャンスと思い、積極的に話しかけて見ましょう。

ママ友ランチ会を乗り切る②深入りしない

ママ友とのランチ会のときは、あまり深い話をしてはいけません。逆にいろいろ根掘り葉掘り聞かれるとあまり気分がいいものではないですよね。夫婦の話や夫の仕事の話は避ける、また答えたくない質問をされたら軽く受け流せるようにしておきましょう。ママ友とのランチ会は交流の場所です。知りたい情報や、ためになる情報を楽しく交換したいですよね。お互いの家庭のことや、夫の職業・学歴などの探り合いはしないのが、ママ友とのランチ会の最低限のマナーです。

ママ友ランチ会を乗り切る③共通の話をする

ランチ会で会話が続かなかったり、何を話したらいいかわからないときは、できるだけみんなが会話に参加できる共通の話をすることをオススメします。たくさんのママ友の中で、数人だけが盛り上がってしまっては、周りのママたちは冷めてしまいます。子供の園や学校での話・習い事・行事・テレビの話題などが話しやすく、周りのママ友も会話に参加しやすいでしょう。

ママ友ランチ会に参加した時の注意点

ママ友とのランチ会ではさまざまなことに細かく注意を払わなくてはなりません。ママ友とはいえ、子供も関わってくることなので、子供に影響がないようにしたいママは多いでしょう。ここではママ友のランチ会に参加したときの注意点を紹介していきます。

ママ友ランチ会に参加した時の注意点①メニューの頼み方に注意

ランチで事前に予算がわかっていてもみんながどんなものを頼むか気になりますよね。自分の予算内で好きなものを頼めばいいのですが、一人だけ予算オーバーやドリンクだけ…など周りに気を遣わせてしまう行動は控えましょう。またママ友が子供連れでくることも考えられます。食べ物を頼む際は子供にアレルギーがないかなど事前に聞いておくのも覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました