職場での苦痛なランチタイム…一人でのんびり過ごすための対処方法は?

職場で一番楽しみな時間と言っても過言ではないランチタイム。一人でのんびりお弁当を食べたり、近くの飲食店で美味しいランチを食べたいところですが、実際には職場の同僚や先輩達に呼ばれて一緒に机を囲み、気を使いながらのランチタイムになってしまうことが多いのではないでしょうか。そのような苦痛なランチタイムを回避して、一人でのんびりと過ごすための対処方法についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

自由を奪われてしまいがちな職場でのランチタイム


https://www.pakutaso.com/20131219338post-3564.html

常に何かしら緊張している仕事の中で、唯一ほっとできるのがお昼のランチタイムではないでしょうか?美味しいご飯を食べながら仕事のことを忘れられる貴重な時間であるランチタイムは、できればリラックスして過ごしたいものですよね。自分の好きなものを思う存分に食べながら、音楽を聴いたり好きな動画を見たりしてリフレッシュできれば、午後からの仕事も頑張れます。しかし、意外と自分の自由に出来ないのが、職場のランチタイムというもの。人によっては職場のランチタイムが、仕事をしている中で一番苦痛の時間だという人もいるほどです。

そこで今回は職場でのランチタイムを苦痛に感じてしまうという方に向けて、「なぜ職場でのランチタイムを苦痛に感じてしまうのか?」その理由と、「どうしたら職場でのランチタイムを苦痛に感じずよりリラックスして過ごせるのか?」その対処法をご紹介したいと思います。今や男性も女性も人生100年時代と言われている世の中で、多くの人が年齢を重ねても働き続ける必要がある時代です。多くの時間を過ごす職場での時間を快適にするためにも、職場でのランチタイムをより快適に過ごせるよう一度じっくり考えてみましょう!

職場でのランチタイムを苦痛に感じてしまう理由は?


https://www.instagram.com/p/BsaEVw5lBen/media/?size=l

ではなぜ、本来仕事をしている中で唯一リラックスできるはずである職場のランチタイムが苦痛に感じてしまうのでしょうか?ここからは職場でのランチタイムを苦痛に感じてしまう原因を、いくつかご紹介していきましょう。「みんなは楽しそうに職場でランチタイムを過ごしているのに、なぜ自分は楽しめず苦痛に感じてしまうんだろう?」とひそかに悩んでいる人がいたら、これから挙げる原因に自分が当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。ランチタイムが苦痛に感じる原因が分かれば、それに応じた対策が職場で取れるかもしれませんよ。

行きたくない外食に行くのが金銭的に苦痛


https://www.instagram.com/p/Br6y2u0HCmT/media/?size=l

職場でのランチタイムは平日5日間毎日のことですから、もし外食に行くとなると結構なお金がかかるものですよね?地方から仕事のために出てきて一人暮らしをしている人や、結婚や将来かなえたい夢のためにできるだけ貯金をしたいという人の中には、職場でのランチタイムをできるだけ節約したいと思っている人もいるでしょう。自分一人なら自宅からお弁当を持ってきたり、軽めの昼食で節約したりすることも可能ですが、もし職場が「ランチタイムはみんなで外食しよう!」という雰囲気なら苦痛に感じるでしょう。

もしあなたが「今節約中で!」「職場のランチタイムはできるだけお金をかけたくないので!」とはっきり言えれば問題ありませんが、できるだけ職場での雰囲気を悪くさせたくないと苦痛を感じながら遠慮している人も多いもの。職場でのランチタイムを苦痛に感じている原因が金銭的な負担なら、まずはランチタイムに外食に行く流れからもめることなく抜けられる方法を考える必要があるでしょう。

仲良くない人との会話が苦痛

職場でのランチタイムが苦痛に感じるという人の多くは、大して仲良くもない職場でのメンバーと一緒にランチタイムを過ごすことが苦痛と感じていることでしょう。本来ランチタイムというのは、常に緊張を必要とされる仕事から唯一解放される時間ですから、できれば他の人に気を使わずゆっくりとリラックスして過ごしたいですよね?しかし、職場での自分の立場や雰囲気を悪くしないように、本当は一緒に行きたくない職場のメンバーとランチタイムを過ごさなければいけない状況になっているかもしれません。

またそんなに仲が良くない職場のメンバーとランチタイムを過ごすとなると、どうでもいい会話をしなければならないのも苦痛ですね。「芸能人が付き合ったらしいよ」「今日の天気はいまいちだよね」などといった当たり障りのない会話をしながら食べるランチは、普段と違って美味しいと感じないでしょう。職場でのランチタイムを同僚達と過ごすのが苦痛という人は、周りを傷つけることなく「あの人は職場でも一人でランチを食べる人」という認識をつけてもらうという解決法が良いでしょう。

ランチタイムで自分のやりたいことが出来ないのが苦痛


https://www.instagram.com/p/Br9p216HhT0/media/?size=l

平日長い時間拘束される仕事中に、唯一自分の好きなことができるのが職場のランチタイムではないでしょうか?例えば普段なかなか平日に行くことができない銀行や役所に手続きに行ったり、家に帰ってからはゆっくりと見れないドラマや映画などの動画や音楽を楽しんだりと、できれば職場のランチタイムは有効に使いたいと思っている人は多いでしょう。しかし、仕事仲間や同僚達とランチタイムを過ごすのが恒例となっている職場では、ランチタイムに自分のしたいことができず苦痛に感じてしまうことでしょう。

ランチタイムに行なわれる職場のメンバー達との会話や職場そのものの雰囲気、ランチタイムにみんなで行く外食が嫌いなわけではないけれど、たまには一人で自由にランチタイムを過ごしたいな・・・と思っているなら、苦痛の原因は「ランチタイムに拘束されていること」です。そういった方はたまにでいいので職場でのランチタイムの輪から抜けて、ランチタイムを自分の好きなことをする時間に変換することでもしかしたら苦痛が緩和されるかもしれませんね。

苦痛な職場でのランチライムを回避する方法とは?

職場でのランチタイムが苦痛に感じる理由をいくつかご紹介しましたが、みなさんが苦痛に思っている原因に当てはまるものはあったでしょうか?職場でのランチタイムを苦痛に感じる原因はもちろん人それぞれですが、どんな人でもできれば貴重なランチタイムを有効に気分良く使いたいものですよね。

そこでここからは、苦痛な職場のランチタイムを快適に過ごせる方法をご紹介しましょう。どれも職場での雰囲気やあなたの立場を悪くすることなく、自然と職場でのランチタイムから苦痛を取り除ける方法ですので、自分にできそうな方法からぜひ取り入れてみてくださいね。

「ランチタイムはとにかく忙しい」アピールで乗り切る


https://www.instagram.com/p/Br6-ZR1HQyT/media/?size=l

職場でのランチタイムを苦痛に感じる原因が、職場のメンバーとの会話や大して仲良くない同僚と過ごす時間なら、「ランチタイムはとにかく忙しい」アピールで職場のランチタイムの輪から外れることがおすすめです。一番のおすすめは職場でランチタイムの時間になっても、PCに向かって少し仕事を続けることです。「ちょっと仕事が残っていて・・・」「今日は残業できないので今のうちに仕事しておきます!」などといえば、どんなに面倒くさい人やしつこい人でもランチタイムに誘いにくいものですよね?それを上手に利用して苦痛の時間から1度外れてみましょう。

もし苦痛に感じていたランチタイムから解放されることで、自分の好きなことに時間を使えたり心からリラックスしてランチタイムを楽しむことができたならあなたには一人で過ごすランチタイムが合っているはずです。1度苦痛のランチタイムから抜けられればこっちのもの!とばかりに、その後も「今日はまだ仕事が・・・」「ちょっと片付けたい仕事があるので・・・」と忙しいアピールを繰り返すことで、苦痛に感じている職場でのランチタイムの輪から外れてしまいましょう。あの人はランチタイムに忙しい人というイメージをつけてしまえば、ランチタイムだけでなく就業後の飲み会などに誘われる可能性も少なくなりますよ。

なにかと理由をつけて少しずつ参加する回数を少なくする


https://www.instagram.com/p/Br9n1GJHXuE/media/?size=l

職場でのランチタイムは苦痛に感じているけれど、参加しないと言うと雰囲気が悪くなりそうで結局参加しているという人も多いでしょう。日々長い時間を過ごす職場や職場のメンバーとは、できれば揉め事や争いはしたくないものですよね?それでも職場でのランチタイムには一人でゆっくり過ごしたい!という人は、なにかと理由を付けて少しずつランチタイムからフェードアウトしていく方法がおすすめです。

職場での苦痛のランチタイムを断る理由はなんでも良いですが、できれば他の人があまりつっこめない内容のものがおすすめです。例えば「今日は家賃の支払いで銀行に行かなくちゃ!」「役所に書類を取りにいくんです」など、期限がせまっているものや平日のランチタイムではないとなかなか行けない場所への用事が良いでしょう。最初は週に5日ある内、1~2日程度ランチタイムを断り様子を見てみましょう。職場のメンバーに悪い印象を与えていなければ、少しずつランチタイムを断る日にちを増やしていきましょう。少しずつ存在を薄くしていくことで、相手に悪い印象を与えることなく苦痛を感じないリフレッシュできるランチタイムが手に入りますよ。

関連記事