職場の女性同士の交換に♪2020年におすすめのバレンタインチョコ8選

最近は、女性から男性にバレンタインチョコを渡すだけじゃなくて、女性同士でバレンタインチョコやギフトを交換することも増えています。女性同士で交換する場合、可愛いものを選ぶことが多いので、選ぶ側も楽しいものです。自分へのご褒美の延長のように職場の女性へのチョコレートやギフトを選んでみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

バレンタインチョコはどこで買う?

https://pixabay.com/

お正月が終わると、デパートやスーパーマーケットだけじゃなくてオンラインショップにもバレンタインコーナーができますよね。

外に出ることなく、あれこれ見比べて買い物ができるのはネットのメリットですが、実物を見ることができないというデメリットがあります。

なので、一度自分が食べておいしかったチョコレートや、相手の好きなチョコレートなどを確実に買いたい場合はネットで買うのがいいですね。

実物を見ながら買いたい場合は、実店舗へ行って選ぶのがおすすめです。

デパートやショッピングモールのバレンタインコーナーにはたくさんのショップのチョコレートが並びますので、後輩の分も先輩の分も一度に買うことができるので便利です。

バレンタインのウキウキした雰囲気を感じながらチョコレートを選ぶのもとても楽しいものです。交換する相手の顔を思い浮かべながら、選んでみましょう。

職場の女性同士の交換の平均予算は?

https://pixabay.com/

女性同士で交換するときの予算は、一人分1,000~3,000円ぐらいが一番多いと言われています。

実際にネットやショップでチョコレートを見ても、1,000円台でおしゃれなチョコレートを買うことができます。

なので、女性同士で個別に交換する場合はチョコレートで1,000~1,500円、それに1,000~1,500円ぐらいのちょっとしたギフトを付けて2,000~3,000円ぐらいになることが多いようです。

特にお世話になった先輩に対しては3,000~5,000円台に上がることもありますが、チョコレートとギフトを合わせて3,000円を超えるとけっこうリッチなプレゼントを準備することができますよ。

たくさんの人と分ける場合も、20個以上入って3,000円以内で買えるものもあります。

女性がたくさんいる職場では、たくさんのチョコレートが個包装されているタイプのものを選ぶのもおすすめです。

職場の女性同士の交換におすすめバレンタインチョコ

では、実際に女性同士で交換するときの、おすすめチョコレートを5つご紹介します。

個包装されていて、分けられるチョコレート

・〈オンラインショップ限定〉リンツ リンドールテイスティングセット(23個入り)

https://www.lindt.jp/c/collection/9700304

日本でもなじみが深くなってきたリンドールは、スイスのチョコレートブランドです。濃厚でなめらかなリンドールのファンはたくさんいますので、きっと喜ばれますよ。

リンドールのチョコレートは外国産のチョコレートに抵抗がある人でも食べやすいので、たくさんの人と個包装のチョコレートを交換するときに最適です。

こちらのテイスティングセットは、プレーンなチョコレートだけじゃなくて、キャラメルやストロベリーなどたくさんのフレーバーがあります。

また、ミルクオレンジやマンゴー&クリーム、ストラッチアテラ、ファッジスワールなど、どんな味か食べてみたいフレーバーも入っていて、とても気になります。

たくさんの人と味を選びながら交換するのも楽しそうですね。

関連記事