職場の女性同士の交換に♪おすすめバレンタインチョコ8選

最近は、女性から男性にバレンタインチョコを渡すだけじゃなくて、女性同士でバレンタインチョコやギフトを交換することも増えています。女性同士で交換する場合、可愛いものを選ぶことが多いので、選ぶ側も楽しいものです。自分へのご褒美の延長のように職場の女性へのチョコレートやギフトを選んでみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

バレンタインチョコはどこで買う?

https://pixabay.com/

お正月が終わると、デパートやスーパーマーケットだけじゃなくてオンラインショップにもバレンタインコーナーができますよね。

外に出ることなく、あれこれ見比べて買い物ができるのはネットのメリットですが、実物を見ることができないというデメリットがあります。

なので、一度自分が食べておいしかったチョコレートや、相手の好きなチョコレートなどを確実に買いたい場合はネットで買うのがいいですね。

実物を見ながら買いたい場合は、実店舗へ行って選ぶのがおすすめです。

デパートやショッピングモールのバレンタインコーナーにはたくさんのショップのチョコレートが並びますので、後輩の分も先輩の分も一度に買うことができるので便利です。

バレンタインのウキウキした雰囲気を感じながらチョコレートを選ぶのもとても楽しいものです。交換する相手の顔を思い浮かべながら、選んでみましょう。

職場の女性同士の交換の平均予算は?

https://pixabay.com/

女性同士で交換するときの予算は、一人分1,000~3,000円ぐらいが一番多いと言われています。

実際にネットやショップでチョコレートを見ても、1,000円台でおしゃれなチョコレートを買うことができます。

なので、女性同士で個別に交換する場合はチョコレートで1,000~1,500円、それに1,000~1,500円ぐらいのちょっとしたギフトを付けて2,000~3,000円ぐらいになることが多いようです。

特にお世話になった先輩に対しては3,000~5,000円台に上がることもありますが、チョコレートとギフトを合わせて3,000円を超えるとけっこうリッチなプレゼントを準備することができますよ。

たくさんの人と分ける場合も、20個以上入って3,000円以内で買えるものもあります。

女性がたくさんいる職場では、たくさんのチョコレートが個包装されているタイプのものを選ぶのもおすすめです。

職場の女性同士の交換におすすめバレンタインチョコ

では、実際に女性同士で交換するときの、おすすめチョコレートを5つご紹介します。

個包装されていて、分けられるチョコレート

・〈オンラインショップ限定〉リンツ リンドールテイスティングセット(23個入り)

https://www.lindt.jp/c/collection/9700304

日本でもなじみが深くなってきたリンドールは、スイスのチョコレートブランドです。濃厚でなめらかなリンドールのファンはたくさんいますので、きっと喜ばれますよ。

リンドールのチョコレートは外国産のチョコレートに抵抗がある人でも食べやすいので、たくさんの人と個包装のチョコレートを交換するときに最適です。

こちらのテイスティングセットは、プレーンなチョコレートだけじゃなくて、キャラメルやストロベリーなどたくさんのフレーバーがあります。

また、ミルクオレンジやマンゴー&クリーム、ストラッチアテラ、ファッジスワールなど、どんな味か食べてみたいフレーバーも入っていて、とても気になります。

たくさんの人と味を選びながら交換するのも楽しそうですね。

購入はこちら
https://www.lindt.jp/c/collection/9700304

・ガレー バレンタイン限定パッケージ ミニバー24個入り

http://www.galler.jp/shopdetail/000000000205/gift/page1/order/

ガレーは、ベルギー王室御用達の認定を受けているジャン・ガレー氏が手がけるチョコレートです。

こちらのチョコレートは、みんなで一緒にボックスを開けるのがおすすめです。ボックスを開けると、コスメのような鮮やかなパッケージが目に飛び込んできて、それだけでまず盛り上がりそうですよね!

ガレーのチョコレートは、パッケージだけじゃなくて味もおいしくてとても人気が高いブランドです。

そんなガレーのミニバーセットに入っているのは、ピスタチオフィリング入りのホワイトチョコレートや、ナッツ入りのチョコレート、ミルクチョコレートやダークチョコレートなど、全部で11種類。

たくさんのフレーバーが入っているので、どんなタイプの人にも喜んでもらえますよ。

購入はこちら
http://www.galler.jp/shopdetail/000000000205/gift/page1/order/

・BABBI トレジャーボックス

http://babbi-store.com/?pid=139156069

イタリアで約60年前に創業されたBABBI。イタリアの職人が丁寧に作り続けてきたウエハースは、とても懐かしい味わいです。

トレジャーボックスは、BABBIで人気の高いアイテムを詰め合わせたギフトボックスです。まさにトレジャーボックスのような形の缶がかわいいので、みんなが集まる場所に蓋を開けて置いて、自由につまんでもらうのもいいですね。

サクサクのウエハースや、チョコがけのウエハースなど、丁寧に作られた4種類11個のスイーツが入っています。

少人数の女性同士で交換するのにピッタリなサイズ感ですね。

購入はこちら
http://babbi-store.com/?pid=139156069

個別に贈るチョコレート

・ラデュレ ショコラ・マカロン・ジャポネ

https://www.laduree.jp/view/item/000000000154

1862年にパリで創業されたラデュレは、マカロンを生みだしたスイーツブランドです。

ラデュレは、伝統があり格調高いショップですが、新しくて洗練されたスイーツを作り続けていてとても人気の高いんですよ。

マカロン好きの女性と交換するときは、こちらのマカロンがおすすめです。マカロンとガナッシュを重ねてチョコレートでコーティングしたマカロンで、フレーバーはフランボワーズ、ピスタチオ、キャラメル、ローズの4種類。

パッケージだけじゃなくて、マカロンにポイントがあしらわれていてテンションが上がりそうですね。

購入はこちら
https://www.laduree.jp/view/item/000000000154

・DEMEL(デメル) キャラメルショコラーデ

https://demel.co.jp/product/652/

ウィーンで生まれたデメル。

こちらはウィーンのお菓子職人の想いがそのまま引き継がれているデメル・ジャパンのチョコレートです。

アンティークのジュエリーボックスのようなレトロで素敵なパッケージを開けると、美しい模様が描かれたチョコレートに心が躍ります。

ラズベリー、プレーン、ライチ、アプリコットの4種類のキャラメルソースとサブレ生地をチョコレートでコーティングしています。

口に入れると、とろりとしたソースとサブレのサクサク感を同時に楽しむことができますよ。

購入はこちら

キャラメルショコラーデ

番外編・甘いものが苦手な人へ

https://pixabay.com/

甘いものが苦手な女性には、チョコレート以外のギフトを贈りましょう。

チョコレート以外におすすめのバレンタインギフトをご紹介します。

・甘くないお菓子

https://www.photo-ac.com/

甘いお菓子が苦手な方には甘くないお菓子を贈りましょう。

たとえば、おせんべいでもハート型のおせんべいや、バレンタイン特別パッケージのおせんべいなどがありますので、充分にバレンタイン気分を交換することができます。

ハート型のおせんべいは、手のひらサイズのものや小さな袋にたくさん入った小さなおかきタイプのものなど、たくさんの種類があります。

また、野菜をたっぷり使ったケーキやクッキーなどのベジスイーツも甘すぎない自然の甘さを味わえるのでおすすめです。

・ちょっと特別なグルメ系ギフト

https://pixabay.com/

ご飯のお供になるような瓶詰や、朝食のトーストにぴったりな特別なバター、パスタと和えるだけのパスタソースなど、ちょっと特別感の出るものもおすすめです。

お酒が好きな女性には、色鮮やかなテリーヌセットやミックスナッツの詰め合わせなど、おしゃれでおいしいフードもバレンタインのスペシャルギフトとして最適です。

・おもしろギフト

https://pixabay.com/images/id-400574/

プレゼントしたときに思わず笑顔になったり、「えっ!?」となるようなものもおすすめです。

花束のように折られてラッピングされたタオルセットや、スイーツをかたどった入浴剤やコスメなど、見た目と実際が違うものは意外性があっておもしろいですよ。

特にチョコレートをかたどったものだと、甘いものが苦手でバレンタインデーに乗り切れていない女性でもバレンタインに参加できそうですね。

丁度良いプレゼントを用意して楽しいバレンタインを過ごしましょう♪

https://pixabay.com/

職場の女性同士でバレンタインギフトを交換するときは、相手の味や持ち物の好みを知っていることも多いため、選びやすいかもしれませんね。

また、女性同士なので、「自分がもらったらうれしいもの」を基準にしても外れることが少ないというのも気楽に選べるポイントです。

みんなでチョコレートをシェアするときも、どんなものが喜ばれそうかイメージできるため、選ぶ側もワクワクしますよね。

形として残るものではなく、おいしく楽しく食べられるチョコレートやお菓子などで日頃の感謝の気持ちを伝えるのもとても素敵なことだなと思います。

 

関連記事