仕事に支障が出ることも!職場で嫉妬されやすい人の特徴&嫉妬された時の対処方法

いくら職場と言えど、そこに集まるのは感情のある人間。時にはその中で嫉妬が生まれてしまい、それが原因で仕事に支障が出ることも…。では、職場で嫉妬をされてしまう人の特徴や、嫉妬をされる原因とは何なのでしょうか。また、嫉妬をされた時のベストな対応方法とはどのようなものでしょうか。詳しくご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

職場では嫉妬によるトラブルが起きてしまいがち

https://pixabay.com/

職場で起きるトラブルにはさまざまありますが、その中でも厄介なのが嫉妬によるトラブルです。職場で嫉妬されやすい人は、自分では気が付かない理由で嫉妬をされていることが多いと言えます。

職場ではさまざまな人間関係があり感情が複雑に絡み合っているため、いつ何時嫉妬をされてしまうかわかりません。嫉妬は些細なことから起こるものであるため、いつから嫉妬をされ始めたかといったことにも気付かないことがよくあります。

自分ではわからないことでトラブルが起きているのですから、いったいなぜこんなことが起こっているのかと理解ができないことも多々あるでしょう。

また、嫉妬されていると気付いても、対処のしようがないと感じる方もいると思います。しかしどのような人が嫉妬されるのかや嫉妬されたときの対処法などを知れば、働きにくい環境が変わるかもしれません。

職場で嫉妬されやすい人の特徴とは

職場で嫉妬されやすい人には特徴があります。どのような人が狙われるのか、それぞれ見ていきましょう。

仕事ができる

https://pixabay.com/

バリバリ仕事をしている人は、そうではない人から嫉妬をされやすいと言えます。日頃自分の仕事に対して不甲斐ない思いを抱いている人は、自分が出来ないことを他人がしていると羨ましくなるものです。

そんな中、あなたが仕事で活躍している様子を見ると「自分だってこうありたいのに」という思いから嫉妬が生まれます。

また、自分が狙っていた仕事をあなたが担当することになったという場合、あなたに対し怒りも含んだ感情を抱くでしょう。

あなたからすれば完全に八つ当たりですが、相手からすれば真剣なのです。真剣であるがゆえに、厄介なタイプの嫉妬であり、長引いてしまいがちだと言えます。

プロジェクトに選ばれたときなど目立ってしまうときは、周りから反感を買わないように注意するなどの対処が必要です。

恋人がいる

https://pixabay.com/

職場では仕事のことだけしか関係ないと思う人もいるかもしれませんが、プライベートのことにまで介入してくる人は意外と多いものです。

その中でも、自分は恋人がいないという人が、恋人がいる人に対して「いつから付き合っているのか」「どのような人と付き合っているのか」「結婚の予定はあるのか」などしつこく聞いた挙句、羨ましくなり嫉妬に発展するといったケースもあります。

また、付き合っている人がルックスのいい方、年収が高い方などの場合も嫉妬されやすいですので、どのような人と付き合っているのかはなるべく職場に知られない方が無難だと言えます。

片思いされている

https://pixabay.com/

職場の誰かと話しているとき、特に異性と話しているときに辛く当たられたり、嫌味を言われたり、じっと見られたりされる場合には、その相手から片思いをされているのかもしれません。

ただそっと思いを寄せているだけであればよいのですが、中には好きなあまりになあからさまな嫉妬をしてしまう人もいます。

相手がいつ反応をしてくるのかじっくり観察してみてください。あなたが特定の相手と話しているときに嫉妬されるときは、あなたとその相手の仲を疑っているかもしれません。その場合、疑われてしまっている人と相談し、あまり親密な様子を見せないようにするなどの対処をしましょう。

職場で嫉妬されないようにするための予防策は?

職場で嫉妬されないように、あらかじめ対処をしておくことは重要です。どのような予防策があるのかご紹介します。

謙虚になる

https://pixabay.com/ja/

多くの場合、嫉妬されてもあなたに非はありません。しかし、傲慢な態度をとってしまったり、反感を買うような答え方をしてしまったりして、あなた自身に問題があるケースも考えられます。

また、あなたには非がなくとも、なるべく相手から誤解されないように気をつけた方がよいでしょう。そのためには、日頃から謙虚であることを意識して対処しましょう。

自分を必要以上に否定することはないですが、褒められたときに「そうですね」などと答えてしまうとよくありません。

意識していないときに話しかけられて、とっさに慌てて答えてしまったがために嫌な印象を与えてしまうことも考えられます。日頃から話し方や答え方についてよく考えておいた方がいいでしょう。

自分の話はあまりしない

個人的な話をして、自分がどのような人物か職場の人たちに詳しく知られてしまうこともよくはありません。どの部分に嫉妬されるかわからないからです。

家族の話、出身高校・大学の話、恋人の話など、個人的な話を職場でベラベラ話してしまうことは避けた方がよいでしょう。

もし職場で誰かからそのようなプライベートな話を振られてしまったら、相手に質問返しをしたり話をすり替えたりして、自分の話をしないで済むように持っていきましょう。

職場で嫉妬をされた時の上手な対処方法とは

職場で嫉妬をされてしまったら、どのように対処すればよいのでしょうか。

対処方法1:職場の人たちに相談する

https://pixabay.com/

嫉妬から嫌がらせをされたら、まずは上司、先輩、同僚など職場の人たちに相談しましょう。周りが気付いていない可能性があるため、まずは職場内であなたがトラブルに巻き込まれていることを知ってもらうことが大切です。

上司であれば、嫉妬をやめるようにと単刀直入に相手に対して忠告してくれるはずです。また、先輩や同僚の場合は、相手と世間話をする中でそれとなくどのようなことで嫉妬しているのかを聞いてもらい、嫉妬をやめるようにやんわりと止めてもらえるよう、協力を依頼しましょう。

一人で抱えるのではなく、職場全体の問題として周りに助けを求めることが大切です。

対処方法2:謙遜する

嫉妬をしてくる人から何か言われたら、その場で謙遜をするようにしましょう。

例えば「今度のプロジェクト抜擢されて○○さんはすごいね」などと言われたら「私なんかが選ばれて大丈夫かちょっと不安です」など自虐的に謙遜をすることによって、相手の自尊心を守ってあげることは効果的です。

また、恋人がいることに嫉妬をされている場合は、嫉妬されるような相手ではないと強調してみましょう。例えば「○○さんの彼氏はいい会社に勤めていて羨ましい」と言われたら、「でもちょっとだらしないところがあって困ってるんですよ」などと、恋人を下げてみるのです。

謙遜をすると心苦しいこともあるかもしれませんが、トラブル回避のためですので試してみましょう。

対処方法3:気にしない

https://pixabay.com/ja/

職場で嫉妬をされるということは、あなたに魅力があったり、他の人にはない特典を持っていたりするからだということを意識し、むしろ嫉妬されることは嬉しいことだと考え方を変えることも対処法の一つです。

嫉妬を真に受けて反応し精神的に参っている様子を見せてしまうと、相手によっては自分の嫉妬が相手にダメージを与えていることが喜びとなり、攻撃的になっていく人もいます。

そうならないためにも、笑って受け流したり気付いていないフリをしたりして相手に対して反応をしないようにし、自分の仕事に専念しましょう。相手の嫉妬にはダメージを受けていないと相手に対して伝えることが大切です。

あまりに酷い場合には休職・転職も視野に

https://pixabay.com/ja/

パワハラやいじめのレベルになってしまったら、まずは上司に相談して配置換えや部署異動をしてもらいましょう。

しかし、一度ターゲットにすると、気が済むまで攻撃をやめない人もいます。配置換えや部署異動をあなたの能力が認められた結果だと勘違いをして、さらに嫉妬をしてくる可能性もあります。

それが出来なかったり、対処した上でもまだ相手からの嫉妬が止まらないという場合には、休職や転職も視野に入れた方がよいかもしれません。

また、嫉妬をされ続けてしまうことで、精神的に参ってしまい、体調不良になってしまうこともあります。

そのような場合、まずは休職して身も心も休めることが大切です。働きやすい環境で自らの能力を活かすためには、休職や転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

悪いのは嫉妬をしてくる方ではありますが、どうにも対処のしようがない場合には、環境を変えることも対処法の一つです。まずは体調を最優先し、仕事は二番目に考えて自分自身を大切にするようにしてください。

 

関連記事