チェックして!職場で嫌われる人の特徴&嫌われてしまった時の対処方法

職場で嫌われると仕事に支障が出る場合も

職場で自分だけが業務事項を知らされていなかったり、飲み会などに誘われていないことを知ったとき、「あれ、もしかして自分、嫌われてる?」と思ったことはないでしょうか。

もしくは、皆で集まって談笑しているときなどに、それまでは和やかな雰囲気だったのに、自分が近づいたら急に静かになってしまったり、何か言っても誰も反応してくれなかったりすると、「もしかして私、職場で嫌われてるんじゃ…」と不安になってしまいますよね。

もちろん、職場とはいえ人間同士ですから、どうしても性格の合う合わないは出てくるでしょう。通常であれば、そういった場合には必要最低限だけのやりとりにとどめて、必要以上に関わらないようにすれば、無用なトラブルは避けられますし、ある意味それが、社会人としての処世術ともいえるでしょう。

しかし、職場全体の人たちに嫌われてしまったとなると、ちょっと困ったことになりかねません。

仕事に必要な情報を自分だけ知らされなくなってしまったり、職場の懇親会などに呼んでもらえなくなってしまうなど、だんだんと業務に影響が出て来てしまう可能性があります。

もちろん、いくら問題児がいたとしても、本来はそんなことはあってはならないことです。それでも、少しでも「あれ?」と違和感を覚えるようなことが続いたら、「もしかして嫌われるようなことをしてしまったのかな?」と一度わが身を振り返ってみることも、もしかしたら必要なことかもしれません。

職場で嫌われてしまう人の特徴とは?

では次に、職場で嫌われてしまう人というものについて考えてみましょう。

職場で嫌われる人の特徴:同僚や部下に対して横柄な言動を繰り返す

たとえば、同僚や部下に対して横柄な言動を繰り返すような人は、職場で嫌われてしまう可能性ワーストワンといえるでしょう。今では、セクハラやパワハラといった言葉も浸透して、各職場でも、コンプライアンスなどが徹底されていますので、以前に比べれば、そのあたりの意識はだいぶ高まってきているといえるでしょう。

しかしそれでも、悪気無くセクハラ紛いの発言をしたり、面白いと思って、周りが眉をひそめるような暴言を平気で放つ人というのは、残念ながら今でもたまに見かけるのではないでしょうか。

女性から男性に対してもセクハラやパワハラはある

注意が必要なのは、セクハラやパワハラというと、中年のおじさまを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、同性同士や、女性から男性に対してもセクハラやパワハラというのは起こり得るのです。

たとえば初々しい新人男性社員がかわいいからといって、「彼女いないの?」とからかったり、後輩の女性社員に「だから彼氏ができないのよ」なんて軽口を飛ばしてしまう人もいるかもしれませんが、相手にとってはそれも立派なセクハラになり得るのです。うかつなことを口にしないよう、くれぐれも気をつけましょう。

職場で嫌われる人の特徴:キャリアを積んできた中堅層に多いパターン

また、キャリアを積んできた中堅層に多いパターンですが、文句ばかり言って、面倒な仕事を周りに押し付けるような人も、職場で嫌われてしまう可能性が高いでしょう。

普段は周りも、先輩だからと顔を立てて、あえて何も言わずに従っているかもしれませんが、不満が積もり積もってくると、「何なのあの人!」と陰で悪い評判が広がって、そのうち誰も相手にしてくれなくなってしまうかもしれません。

後輩や部下ができて、誰も意見を言ってくれるような人がいなくなってしまったキャリア組は、このあたりの注意が必要かもしれませんよ。

職場で嫌われる人の特徴:女性に多いタイプ

そして、女性に多いのが、噂話が大好きで、人のプライベートや恋愛沙汰に首を突っ込んで、何でもかんでもすぐに言いふらしてしまうような人も、職場で嫌われていってしまう可能性が高いといえるでしょう。

最初は話が面白いので、周りに人が集まってきても、だんだんとその口の軽さや、おせっかいっぷりに嫌気がさして、敬遠されてしまうかもしれません。

「あの人が来ると、いろいろめんどくさいから」なんて飲み会に呼ばれなくなってしまったり、ランチ仲間からも遠ざけられてしまったりすることのないように、人のうわさ話は控えめにしておくのが無難でしょう。

タイトルとURLをコピーしました