【憧れの田舎でのスローライフ】田舎暮らしのメリットとデメリットとは?

多くの現代人が憧れる「田舎でのスローライフ」

効率やスピードを重視して仕事や生活することが当たり前となっている現代社会。スローライフとは、それとは逆で、のんびりと過ごしながら人生を楽しみ、生活の質を高めようとすることです。

日本でスローライフという言葉が使用されるようになったのは2001年頃のこと。「ゆっくり、ゆったり、心豊かに」を掲げるスローライフ・ジャパンが設立され、環境問題への関心の高さもあったことから、スローフード、スローライフ、ロハスなどの言葉が広まっていきました。

スローライフを田舎に求める理由とは?

住み慣れた便利な生活環境を離れて田舎に移住する理由とはどのようなものがあるのでしょう。

スローライフは、不便さを楽しむ生活と言っても過言ではありません。子どものために空気がキレイで自然を満喫できる環境に移住したいと考える人もいれば、小さくても良いから自分の農園を作りたいと夢を描いている人もいるでしょう。また、若い頃はバリバリと働いてきたので、定年後はゆっくり、のんびり、自分の趣味と向き合いながら田舎でのスローライフを望む人もいますよね。

人によって、田舎にスローライフを求める考え方には違いがありますが、やはり一番の要因は緑豊かな自然環境でしょう。

田舎でのスローライフに挫折して都会へ戻る人も多い

田舎に対するイメージにはどのようなものがあるでしょうか?山や田んぼに囲まれているような村や、小川が流れている空気の澄んだ場所でしょうか。高層ビルなどひとつもない、周りの風景が遠くまで見渡せる広大な景色を思い浮かべる人もいるかも知れません。

田舎に対する理想が大きすぎると、現実とのギャップがあることに気が付いた時、自分が過ごしてきた生活環境とあまりにも違うことから田舎でのスローライフ生活を挫折してしまう可能性もあります。

田舎にも様々な環境がある

「田舎」と言っても、実は地域や規模によって様々な環境があるものです。

例えば、コンビニやスーパーはなく、生活用品は週に1~2回郊外に買い物に行かなければ手に入らないような地域があったり、大きな病院がない為、病気になった場合は周辺の市町村までわざわざ出向かわなければならない地域もあります。

海の近くの漁村や、牧場などのある地域、また、夏は涼しくて過ごしやすい反面、冬になると積雪量が多すぎて自宅を出るだけでも大変な地域もあります。

他にも、生活には全く困らない中規模都市の田舎もあるので、スローライフを求めて田舎に行きたいのなら、どのような環境なのかを良く調べたほうが良いでしょう。

田舎でのスローライフの失敗談

憧れていた田舎でのスローライフを始めてはみたものの、理想と現実のギャップに耐え切れなくて都会に戻ってしまった人や、田舎暮らしを軽く考えすぎていたことに後悔している人のケースをご紹介しましょう。

➀大分県に移住したAさん 60代

以前から憧れていた古民家を購入。しかし隙間風が多く、思っていた以上に暖房費用がかかり、改修工事の必要性を改めて実感します。

また、腰痛持ちのAさんは以前から興味を持っていた農作業をして持病が悪化。整骨院に通いたいのに家の近くにはないので、遠くの町まで車で行かなければならないのが悩みの種に。

②長野県に移住したBさん 20代

テレビで紹介されていたスローライフに憧れて田舎暮らしをスタートしましたが、すぐに見つかると思っていた仕事がなかなか見つからず、しかも給料の安さに驚くことに。近くにハローワークもないので、しばらくは貯金を崩して生活費にするはめになりました。

タイトルとURLをコピーしました