憧れの田舎でのスローライフ。田舎暮らしのメリットとデメリットとは?

都会で毎日忙しく働く人にとって、田舎でのスローライフはとても憧れの生活ですよね。毎日豊かな自然や温かい人々に囲まれて、仕事に追われることもなくのんびりと暮らす…そんな夢のような生活をイメージする方が多いかと思います。しかし、実際の田舎での生活はそんなに甘くないことも多々あるんです。そこで今回は、田舎でのスローライフの理想と現実についてご紹介します。

公開日:    最終更新日:

多くの現代人が憧れる「田舎でのスローライフ」


https://www.instagram.com/p/BkUgboOl2GY/

そもそもスローライフとは?

効率やスピードを重視して仕事や生活することが当たり前となっている現代社会。スローライフとは、それとは逆で、のんびりと過ごしながら人生を楽しみ、生活の質を高めようとすることです。

日本でスローライフという言葉が使用されるようになったのは2001年頃のこと。「ゆっくり、ゆったり、心豊かに」を掲げるスローライフ・ジャパンが設立され、環境問題への関心の高さもあったことから、スローフード、スローライフ、ロハスなどの言葉が広まっていきました。

スローライフを田舎に求める理由とは?

住み慣れた便利な生活環境を離れて田舎に移住する理由とはどのようなものがあるのでしょう。スローライフは、不便さを楽しむ生活と言っても過言ではありません。

子どものために空気がキレイで自然を満喫できる環境に移住したいと考える人もいれば、小さくても良いから自分の農園を作りたいと夢を描いている人もいるでしょう。

また、若い頃はバリバリと働いてきたので、定年後はゆっくり、のんびり、自分の趣味と向き合いながら田舎でのスローライフを望む人もいますよね。

人によって、田舎にスローライフを求める考え方には違いがありますが、やはり一番の要因は緑豊かな自然環境でしょう。


田舎でのスローライフに挫折して都会へ戻る人も多い…


https://www.pakutaso.com/20150729204post-5789.html

田舎に対するイメージにはどのようなものがあるでしょうか?山や田んぼに囲まれているような村や、小川が流れている空気の澄んだ場所でしょうか。高層ビルなどひとつもない、周りの風景が遠くまで見渡せる広大な景色を思い浮かべる人もいるかも知れません。

田舎に対する理想が大きすぎると、現実とのギャップがあることに気が付いた時、自分が過ごしてきた生活環境とあまりにも違うことから田舎でのスローライフ生活を挫折してしまう可能性もあります。

田舎にも様々な環境がある

「田舎」と言っても、実は地域や規模によって様々な環境があるものです。例えば、コンビニやスーパーはなく、生活用品は週に1~2回郊外に買い物に行かなければ手に入らないような地域があったり、大きな病院がない為、病気になった場合は周辺の市町村までわざわざ出向かわなければならない地域もあります。

海の近くの漁村や、牧場などのある地域、また、夏は涼しくて過ごしやすい反面、冬になると積雪量が多すぎて自宅を出るだけでも大変な地域もあります。

他にも、生活には全く困らない中規模都市の田舎もあるので、スローライフを求めて田舎に行きたいのなら、どのような環境なのかを良く調べたほうが良いでしょう。

田舎でのスローライフの失敗談


https://www.pakutaso.com/20170638153post-11868.html

憧れていた田舎でのスローライフを始めてはみたものの、理想と現実のギャップに耐え切れなくて都会に戻ってしまった人や、田舎暮らしを軽く考えすぎていたことに後悔している人のケースをご紹介しましょう。

➀大分県に移住したAさん 60代
以前から憧れていた古民家を購入。しかし隙間風が多く、思っていた以上に暖房費用がかかり、改修工事の必要性を改めて実感します。

また、腰痛持ちのAさんは以前から興味を持っていた農作業をして持病が悪化。整骨院に通いたいのに家の近くにはないので、遠くの町まで車で行かなければならないのが悩みの種に。

②長野県に移住したBさん 20代
テレビで紹介されていたスローライフに憧れて田舎暮らしをスタートしましたが、すぐに見つかると思っていた仕事がなかなか見つからず、しかも給料の安さに驚くことに。近くにハローワークもないので、しばらくは貯金を崩して生活費にするはめになりました。

③岐阜県に移住したCさん 70代
都内で自営業をしていたCさんは、奥さんに先立たれたことをきっかけに生まれ故郷である岐阜県への移住を決めます。しかし、10代の頃に東京へ出てきたCさんは、想像以上に地域に溶け込むことが出来ません。

外へ飲みに行くのが好きなCさんですが、田舎では自宅で飲む人の方が多く、外に出ても人が少なくて面白くないことを実感します。結局は、1年半で購入した一戸建てを売り払い、東京に戻ることに。

知っておきたい、田舎でのスローライフの現実とは


https://www.pakutaso.com/20170244051post-10371.html

田舎でのメリットは後ほどお話しするので、まずはデメリットについてお話しておきましょう。憧れの田舎でのスローライフを目指すのなら、デメリットを知ったうえで移住を考えたほうが良いですよ。

➀交通機関が不便

田舎に住むのなら、車は必需品です。1人1台マイカーを所有しているのが普通です。車が運転できなければ、どこにも出かけられないと思ったほうが良いでしょう。もちろん、近くに行くだけなら自転車に乗る事が出来ます。

しかし、バスや電車などの公共の交通機関となると話は別です。1時間に1本あれば良い方で、自分の行きたい場所まで直行で行ってくれるとは限りません。しかも、自宅からバス停や駅までの距離も遠い場合が多いのです。

都会のように常に道路にタクシーが流れてはいないので、タクシーに乗りたい場合は電話をかけて自分のいる場所まで来てもらわなければいけないことも頭に入れておきましょう。

②動物に注意が必要


https://www.instagram.com/p/Bo4NhqJHtG_/

田舎の道路標識に「クマに注意」「鹿に注意」などがあるのですが、見たことはあるでしょうか。場所によっては、猿であったり、イノシシの場合もあります。他にもヤマネコや馬、カニなど地域によって生き物の種類も異なってきます。

道路に飛び出してくる危険性もさることながら、畑などを荒らされたりする被害も実際に起きています。また、ヘビやもぐらなど、都会では考えられないような生き物を見かけることもあるでしょう。

③娯楽が少ない

田舎でのスローライフ生活を望む人にとって、娯楽施設はいらないという意見が多いかも知れません。しかし、映画館もなければ、マクドナルドなどのファストフード店もない地域もあり、自動販売機ですらない場所さえあるのです。

もし、現在住んでいる場所が便利な生活環境であるのなら、そのような田舎での生活が最初の1週間くらいは新鮮さを味わうことが出来たとしても、次第に不便さの方が気になってくる可能性もあることを頭に入れておいたほうが良いでしょう。

関連記事