【妊婦さん必見】妊娠中に海外旅行に行っても大丈夫?リスクや注意点などをご紹介

出産前の最後の思い出作りとして、海外旅行へ行こうと思っている妊婦さんもいらっしゃるのではないでしょうか。妊娠初期などには悪阻などの症状も出にくい人が多いため、「大丈夫だろう」と思ってしまいがちです。しかし、本当に妊娠中の海外旅行は問題ないのでしょうか?そこで今回は、妊娠中の海外旅行のリスクや注意点などについて詳しくご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

妊娠中でも海外旅行はできる?

https://www.pakutaso.com/

妊娠は病気ではないのだから、海外旅行に行っても大丈夫だろう。特に出産経験のない女性ならばそう考えても不思議ではないと思います。

しかし、妊娠をすると女性の体はどんどん変化していきます。さまざまなトラブルやリスクを抱え、やっと出産に至る妊婦さんもたくさんいらっしゃいます。

まずは自分の体としっかり向き合って、本当に海外旅行に行って大丈夫なのか、またどんなリスクや注意点があるのかをしっかり把握し、ベストなチョイスをしましょう。

妊娠中の海外旅行はリスクもある!

今までの海外旅行では何のトラブルもなかったし、妊娠していたとしても大丈夫かなと思う方もいるかもしれません。また出産後は大変そうだから今のうち海外旅行に行きたい!と思う方がいても不思議ではありません。それならば早めに計画を立ててみましょう。必ず実現できるかどうかは分からないけれども、早めに準備するに超したことはありません。

ただ、そのうちに多くの妊婦さんにつらいつわりがくると思います。そして妊娠中は不正出血、切迫早産など予想外のさまざまなリスクも潜んでいます。海外旅行を実現させるために妊娠判明後からおおよそ妊娠4ヶ月目のうちに考えておかなければならないリスクや注意点をまとめました。

【大前提】主治医に相談を

https://pixabay.com/ja/

朝から気分が悪くて起き上がれない、食欲がない、毎日吐き気がする。つわりのつらい方も大勢いらっしゃるでしょう。

ただ海外旅行に行くためには、この時期に主治医と相談されることを強くオススメします。後にやってくる妊娠5ヶ月から6ヶ月まで、一般的に安定期と呼ばれるころがおそらく旅行に適した時期かと思います。

そのため早めに計画を立てておく必要があります。特にベテラン先生ならば、海外旅行を経験している妊婦さんがいたのでは。ぜひ情報収集したいところです。ただし先生は忙しいので海外旅行のリスクや注意点について、要点をまとめて手短に質問をしましょう。

しっかりと計画を

長く続くつわりを乗り越えるために楽しいことを考えたい。自分へのご褒美としてつわりが終わったら海外旅行に行きたい。そう願う妊婦さんもいらっしゃるでしょう。いつ、どこへ行くのか。おそらく外出もままならないこの時期に具体的に計画を立てておくことで海外旅行に行けるチャンスが大きくなります。

旦那さんの目線で考えるリスクや注意点なども参考にしながら、無理のない計画を一緒に立てられるといいですね。

家族の理解を

https://www.pakutaso.com/

旦那さんが海外旅行に賛成していることは大前提ですが、自分や夫の両親の了解は得られたでしょうか。

妊婦でなければ両親の理解は必要ないものでしょうが、自分の娘や嫁が妊娠しているとなれば話はがらりと変わってくると思います。

「もう貴女一人だけの体じゃないのよ」昔からよく聞く台詞ですが、本当にその通りです。母親が健康な体でなければ、赤ちゃんは正常に育ちません。赤ちゃんの誕生を貴女と同じように、両親をはじめ家族の方々は心から楽しみにされています。

もし反対されている方がいればじっくりと話をし、理解してもらう努力が必要です。子供が産まれたらどちらの両親にも助けてもらわなければならないときが必ず出てきます。今後のためにも良好な関係を保つことが大切です。

関連記事