【夢占い】結婚する夢を見たときの暗示・意味とは?

スポンサーリンク

夢占いにおける「結婚」の基本的な意味

結婚する夢は、一般的には「結婚に対する憧れ」をあらわしていることが多いです。結婚願望を持っていたり、現在恋人がいる場合などによく見る夢と言えるでしょう。しかし、結婚の夢は独身の人だけが見るとは限りません。

既婚者がこのような夢を見た場合は、現実の生活に不満を持っていたり、新しい展開を期待していることを意味する場合もあります。また、結婚する相手が誰なのか、どんな状況だったのかによっても夢占いの意味が異なってきます。

あなたの性格や立場、あるいは現在自分が関わっている人や悩み事などと照らし合わせながら、結婚の夢占いを解釈していきましょう。

結婚の夢を見るときの心理傾向

結婚の夢を見たことがある人とない人では、どのような違いがあるのでしょうか。ここでは、結婚の夢を見る時の心理傾向についてお話ししましょう。

  1. 結婚に対する憧れ・願望が強い
    結婚を人生の節目と考えている人は意外と多いものですが、それによって今までよりも人生が素敵なものになる、豊かになるだろうと考えている場合に結婚の夢を見る傾向にあります。恋人がいる場合は、好きな人と一緒に生活できる楽しみを思い浮かべることもあるでしょう。結婚に対する期待と憧れが強いほど見る夢だと考えられます。
  2. 結婚が決まったものの、不安な気持ちを持っている時
    好きな人との結婚が決まって嬉しいはずなのに、今までの生活や環境が変化してしまう事への不安も出てきてしまった…。いわゆる「マリッジブルー」に陥っている時にも結婚の夢を見る傾向にあります。
  3. 不満を持っていたり、新しい展開を期待している
    現在恋人がいても、「自分には、まだ出会っていない本当に分かり合える人がいるのでは?」「この人と一緒にこれからもやっていけるのだろうか」などと、今の状況に疑問や不安を抱いている場合にも結婚の夢を見る心理傾向があります。既婚者の場合も似たような意味を持ち合わせていて、「離婚したい」と考えている時にも見やすい夢と考えられます。

【状況・シチュエーション別】結婚の夢占いの意味

結婚の夢占いの意味を、状況・シチュエーション別にご紹介します!

結婚の夢占いの意味①結婚する夢

独身の人が結婚する夢を見た場合、夢占いでは結婚に対する憧れの強さをあらわしていると考えられます。もし、現在お付き合いしている人と結婚する話が進行中であれば、あなたの結婚に対する心の準備が整っている証拠です。

愛している人の花嫁(花婿)姿を見る夢

あなた自身ではなく、愛している人の花嫁(花婿)姿を夢の中で見たのなら、夢占いでは結婚願望が強くなっていることをあらわします。しかし、その姿が幸せそうでない場合は、2人の仲はこれ以上発展しない可能性があります。

自分が花嫁(花婿)になって登場する夢

あなた自身が花嫁(花婿)姿になって登場する夢は、夢占いでは「周囲に自分の存在を認めてもらいたい」という思いが強いことを意味しています。もし、衣装が汚れていたら、人間関係がこじれるかも知れない暗示なので注意が必要です。

結婚の夢占いの意味②結婚して後悔する夢

幸せいっぱいの結婚をしたはずなのに、すぐに後悔してしまう夢。「なぜ結婚してしまったのだろう」と、悔やんでいる夢は、夢占いでは「周囲の誰かから迷惑をかけられる」ことを意味しています。「後悔する夢」というのは、あなたが将来への不安をもっていることや、自分に自信が無いことをあらわしているのです。結婚することに対して不安を抱え込んではいませんか?あまり考えこまずに新しい生活を受け入れる準備をしていきましょう。

結婚は、本人同士ばかりではなく、両方の親や兄弟、親せきなど人との繋がりが増えていきます。お互いの友人・知人も含めて今後はお付き合いしていくことになります。夢占いで「誰かから迷惑をかけられる」という暗示が出ていますが、これは周囲の人たちを良く知るチャンスだと捉えましょう。人それぞれ、性格も考え方も違うもの。それを把握したうえでお付き合いしていけば、迷惑をかけられそうなときでも、うまく克服していけるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました